前回:今度はアルジェリア航空機がアフリカで消息を絶つ

■アルジェリア不明機、マリで残骸発見
04
記事によると
消息を絶っていたアルジェリア航空機の残骸がブルキナファソ国境に近いマリで発見されたと、ブルキナファソの首都ワガドゥグ(Ouagadougou)で軍の調整官が発表した。

「現時点では乗客(の安否)に関する情報は入ってきていないが、軍の捜索班が懸命な活動を行っている」と述べ、墜落の原因については言及しなかった。

アルジェリア航空の関係者と当局者は、当時激しい嵐が報告されていたと伝えている。


全文をソースで読む!



~Twitterでの反応~