svg

1: 2 投稿日:2011/05/09(月) 05:53:32.06
領土は広いし資源は豊富だ
なんで?

3: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/09(月) 09:11:56.69
熱帯だから

4: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/09(月) 09:14:43.26
外国の介入が多すぎたから

5: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/09(月) 09:20:14.54
熱帯諸国の人口は過去半世紀で3~10倍に増えた
食糧生産と医療の改善によるところがおおきい。

ついでに、エアコンが発明されたので熱帯でも大型機械を連続稼動させることが容易になった
それでもやはり故障率は高い

7: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/09(月) 09:59:47.79
実際は先住民の方がたぶん賢い
元文明人

10: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/09(月) 12:05:44.99
確かに向こうの原住民の顔は日本人と似てるな

14: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/09(月) 16:43:36.54
>>10
フィリピン人と似てるんだよ。
両方ともスペイン人に支配されたけど、 スペイン人が区別できなかったらしい。

12: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/09(月) 12:37:35.98
決定的なのはテキサスやカリフォルニアを北米にぶん取られたこと

それまでは中米圏のほうが北米南部を経済圏に取り込んでた

32: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/13(金) 08:36:25.70
>>12
米墨戦争で、メキシコはアメリカにカリフォルニア州からニューメキシコ州にかけての一帯を割譲することになったが、その面積は当時の国土の52%にも達するものだったからな。

ちなみに米墨戦争末期にメキシコシティのチャプルテペック城で米軍部隊を決死の覚悟で迎え撃った士官学校の生徒たちは、

ニーニョス・エロエス(英雄少年) として現在でもメキシコ・ナショナリズムのシンボルの一つに数えられており、旧5000ペソ札の図案にも描かれていた。

34: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/15(日) 19:46:24.90
>>32
> 米墨戦争で、メキシコはアメリカにカリフォルニア州からニューメキシコ州に
> かけての一帯を割譲することになったが、その面積は当時の国土の52%にも
> 達するものだったからな。

取られる以前のメキシコの統治はどうだったんだろう。
殖民もせず放置していたイメ-ジしかないんだけど。

35: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2011/05/15(日) 20:16:05.38
>>34
>殖民もせず放置していたイメ-ジしかないんだけど。、

実際にそうだったよ。そもそも当時のメキシコはかなり不安定な、 政治情勢で中央の権力が地方にまでちゃんと及ばなかったしね。

ルカス・アラマンとかが中央集権化を図ろうとしたけど失敗したし。
だから、アメリカ人の入植を防ぐことが出来なかった訳だからね。

36: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/15(日) 20:52:24.80
>>34
町やなんかの名前みてみろよ。

San-Francisco、Los-Angeles、San-Jose、Santa-Fe、San-Juan、Rio-Grande、Socorro Sacramento、Las-Vegas、Esmeralda
スペイン語の地名がドッサリあるだろ。

37: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2011/05/15(日) 21:59:19.31
>>36
まぁ、そりゃ長い間スペイン領(及びメキシコ領)だったんだから、 スペイン語の地名が多いのは当たり前だね。

ただ、中央政府の、支配があまり及んでなかったのも事実だよ。

アパッチ族による、襲撃なんかもあったから、北部の開発はあまり進んでなかった。

メキシコ人があまり入植しなかったからこそアメリカ人の移住を、当初メキシコ政府は許可した訳だしね。

39: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/16(月) 03:20:03.80
>>37
相変わらず、短慮だねぇ。メキシコが支配できてないから、アメリカに勝手を許す、というわけではないんだよ。

人に対して資源の余っている状態、もっと人があればモノも沢山生産できて支配も安定するというような状況、新しい領土を開拓するためには、古今東西、投入する人の出自はあまり問わないものだよ。

今はスペイン語が解らなくても、畑耕したり牛やら羊やら飼うたりできて且つ(広義の)ヨーロッパ的な価値・道徳がに身に付いてメキシコに従うというなら、スペイン系だのメキシコ生まれでだのでなくても、誰でも良い訳。

アメリカだって渡ってきた人の数でみると、島よりも大陸、その中のドイツの範囲から来た人に限ってもの方が多かった。

帝政ロシアも人が足りなくて資源の余っているボルガ以東を開拓するために人の余っているところからドイツ人をどっさり呼んで入植させている。

日本だって、白村江での敗戦の際、なだれ込んできた任那や百済の難民を、これ幸いとばかりに、当時の新しい領土で未開地だった関東方面の開拓に投入した。

従って且つ耕してくれれば人の出自やなんかは二の次というようなことは、他にも例は沢山あるし。

40: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2011/05/16(月) 05:58:36.70
僕は>>37でそういうことを述べたんだけど。

つまりメキシコの支配がちゃんと、及ばず尚且つメキシコ人がなかなか入植したがらなかったからアメリカ人の、入植を認めた。

つまり、北部を開発してくれるならメキシコ人じゃなくても別に、誰でも良かった、

出自は特に気にしなかったっていうことでしょ。

まぁ、確かに、メキシコ政府の支配云々というよりメキシコ人の入植があまり進んでなかった、 つまり、あなたの言う「人に対して資源の余っている状態」だからという理由の、ほうが大きいかな。出自を気にしないで入植を進めるのは良くある事なのかな。

17: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/09(月) 23:59:37.73
地図だけでいえば、

アメリカ東部は平地が多い。
メキシコは全体的に山が多い。

21: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/10(火) 16:05:18.59
メキシコがアメリカに勝てるのはサッカーだけだ。

23: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/10(火) 19:07:26.99
>>21
サンフランシスコで米墨のサッカー試合したら、客がメキシコ人ばっかで
ハンティントンがビビったらしいねw

29: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/12(木) 08:16:18.86
>>21

食文化も圧倒的にメヒコ
というかアメリカがメヒコの劣化コピーみたいなもんだし。

30: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/12(木) 16:21:54.92
食文化でアメリカに負ける国というのはそれほど多くないと思うんだがw

25: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/11(水) 08:22:55.48
メキシコシティといえば、人口や産業の一極集中と大気汚染が有名だな。

あそこは山に囲まれた盆地なので、汚れた空気が外へ逃げていかない。

とくに冬場は、雨が降らないので空気中の汚れが洗い流されることもないし、逆転層ができて盆地に蓋までされてしまう。

しかもその中に精油所や火力発電所まであるのだからたまらない。

27: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/11(水) 21:56:18.77
世界三大渋滞といえばメキシコシティ、バンコク、ジャカルタ。

メキシコシティは、地下鉄、市バス、トロリーバス、路面電車など公共交通機関がかなり整備されている。

しかし地下鉄やバスは貧乏人が乗るもの、という考え方が根強い。

だから人々は、少しお金ができるとすぐ自家用車に乗り換える。

さらに市の標高はおよそ2300m。空気も薄い。従ってガソリンがエンジンの中で不完全燃焼を起こし、汚染に輪をかけているという。

28: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2011/05/12(木) 00:01:24.47
>>25-27
僕が前にメキシコ市に行った時の記憶だと確かに空気は悪かったかな。

ただそんなに気になるほどでもなかったよ。重慶には行ったことないので、どっちが空気悪いかは知らないけど。

後、メキシコ市は>>27の言うように、渋滞が確かに多かった。

旅行者がメキシコ市を回るんだったら地下鉄を、利用するのが一番いいと思う。

メキシコに行ったのはかなり小さい頃なので、記憶があやふやなうえ、現在もそうなのかは確かでないけど。少なくとも、僕が行った時はそうだった気がする。

45: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/16(月) 12:13:16.45
既に住めるところは資源(土地・水)いっぱいに人が居たし、血統云々を言うのは、アステカの支配構造をそのまま取りこんで上にかぶさる形での支配だったため。

条件の良いところはアメリカに取られてしまい、取られたところの人はそのまま向こうの人になってしまった。

47: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/17(火) 20:57:39.17
マヤ文明の頂点が見たかった。

マヤが滅びなければ、一体、どんな文明や文化が華開いたのだろうか?
ただ言える事は、確実に人類の進歩に貢献したでしょうね。

48: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2011/05/17(火) 21:11:49.00
>>47
マヤ文明に限らずアステカやタラスコやトルテカなどメソアメリカの文明は、結構高度な文明だったからね。

このような先スペイン時代の高度な文明は、現在のメキシコ人のナショナリズムの源にもなってるし。(まぁ、最近は少し、変わってきたらしいけど)

49: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/17(火) 21:16:59.38
>>48
何を以って高度とするの?
繁栄した土地の海抜か?

51: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2011/05/17(火) 21:25:17.00
>>49
いや、まぁ高度かどうかなんて正直主観だからはっきりとは決められないけど、文字を持ってたし天文学なんかは現在から見てもかなり進んでらしいし他にも、建築や数学とかも発達してた。

アメリカ大陸のインディオ文明の中では高度な、ほうなのは間違いないでしょ。これと並ぶのはアンデス文明ぐらいだろうからね。

52: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/17(火) 22:24:01.50
>>51
石組なら、旧世界でも、5000年前には100メートルを越すような建造物を作ってますよ。

53: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2011/05/17(火) 22:32:00.23
>>52
まぁそうなんだよね。何だかんだ言っても同時代の旧世界の文明と比べれば、アメリカ大陸の文明はどうしても見劣りしてしまう。

僕もあくまでアメリカ大陸の、インディオ文明の中では高度なほうと言ったに過ぎないし。ただ天文学などの、一部の分野では旧世界に負けず劣らず発展してたみたいだけど。

62: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/19(木) 04:19:10.50
アルゼンチンの方がアメリカになりそうな時期もあったと思う

63: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2011/05/19(木) 05:48:51.30
>>62
アルゼンチンはかつてヨーロッパから移民を大量に受け入れラテンアメリカの、中でもかなり先進的だったからね。

まぁメキシコもラテンアメリカの中じゃ結構、先進的なほうなんだけどね。

50: 世界@名無史さん 投稿日:2011/05/17(火) 21:22:19.92
鉄、車輪、大型家畜。 

これらがマヤアステカに備わってれば完璧だったのにな。 
なおかつ人を生贄にささげる風習がなければ。

75: 世界@名無史さん 投稿日:2011/06/17(金) 02:15:01.45
仮にアステカ文明に鉄器や大型の家畜や車輪があり、 伝染病の流行も体験済みで、白人に充分対応できる文化形態だとする。

だとすれば生贄の儀式が20世紀初頭あたりまで残されていたのかな?

国際社会から激しく非難され、ようやく自発的に儀式をやめるとか。

76: 世界@名無史さん 投稿日:2011/06/17(金) 07:48:04.62
>>75
石油が出て、ユダヤ様、アメリカ様とうまいこと付き合うことが出来たら残っていたのではないかな

サウジ王家なんか、生贄こそないけどまさにその形だろう

78: 世界@名無史さん 投稿日:2011/06/17(金) 15:19:22.08
>>75
逆に世界制覇に乗り出して、生贄が文明的ということになってたんじゃないの?

議会でも国連総会でも開会式でまず生贄。

79: 世界@名無史さん 投稿日:2011/06/17(金) 20:53:25.02
その調子でいくとサッカーのワールドカップなんかもすごいことになりそうだな。

80: 世界@名無史さん 投稿日:2011/06/17(金) 21:18:32.46
>>79
開会でまず1人、各試合の前にも1人、優勝したらまた1人。
もちろん本戦だけでなく予選も。

101: 世界@名無史さん 投稿日:2011/12/13(火) 09:53:31.88
アメリカみたいに先住民を駆逐しなかったから

102: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2011/12/13(火) 10:24:40.15
>>101
バスコンセロスなどはむしろそこを誇りに思ってたらしく、メキシコはアメリカみたいに、インディオを国家から疎外せずに国民国家の枠組みに統合すべきだと主張してたね。

それがメキシコにおける経済的発展の遅れの原因だったのかまでは分からないけど。

104: 世界@名無史さん 投稿日:2011/12/26(月) 22:48:52.11
ラテン系民族だから。

もし逆にアメリカにスペイン人がメインに入植しメキシコにブリティッシュ系がメインに入植してたら
メキシコ大発展だったかもね。

106: 世界@名無史さん 投稿日:2012/01/26(木) 19:41:32.31
「100年予測」って本読んだけど
その本だとメキシコは米塁戦争で負けるまでアメリカよりも先進的な国だったそうな

それと北米において100年後に現在のアメリカに匹敵する大国は何処になるかというとメキシコって書かれている

下手するとカリフォルニアやテキサスのメキシコ系住民の多い地域 メキシコ系が多数派を占めたアリゾナ州やニューメキシコ州をメキシコが併合する可能性も指摘されている

107: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2012/01/26(木) 20:18:09.67
>>106
まぁ、米墨戦争まではメキシコのほうが確かに大国だったかもね。

米墨戦争はアメリカ合衆国にとっては後の西部開拓の遠因となった事件であり、メキシコにとっては後に保守主義派と自由主義派の対立が激化する一因となった。

この差こそがその後の両国の歩みの違いを作ったとも言えなくはないね。

111: 世界@名無史さん 投稿日:2012/01/27(金) 12:11:19.54
>>106
その本って中露が2020年代に崩壊して、 アジアに覇を唱える日本とイスラム圏・東欧に勢力を広げるトルコが組んでアメリカに仕掛けてくるって電波本でしょ?

113: 世界@名無史さん 投稿日:2012/01/27(金) 20:11:03.42
>>111
その本は俺も読んだな
確か2050年代に日本とトルコが組んで欧米と戦争するんだろ
で負けて日本もトルコも解体されるって言う

100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
ジョージ フリードマン George Friedman
早川書房
売り上げランキング: 134,678


131: 世界@名無史さん 投稿日:2012/07/27(金) 00:01:08.11
>>1
アメリカが隣にあるから。

メキシコの資本家は、
メキシコに工場を作って、製品に関税がかかってアメリカに売るより、
アメリカに工場を作って、アメリカ市場に売る方がお得。

132: 世界@名無史さん 投稿日:2012/08/09(木) 23:50:44.06
何十年か前からアメリカに増えまくっているメキシコ系住民だけど

このままメキシコ系住民が増えるとアメリカの南西部で英語ではなくスペイン語が支配的な言語になって アメリカのベルギー化をもたらすって意見があるけど実際どうなるんだろうね。

しかもヒスパニックはアメリカまたは住んでいる州に対して スペイン語を公用語にするよう要求しているけど

移民が昔住んでいる場所の公用語を移住先の国に対して要求する例って世界史ではヒスパニックが初めてじゃないのかな?

フランスも移民でどんな問題が起ころうと 移民が先祖の現地語を要求する例は聞いたことがないし在日コリアンも韓国語を公用語化の要求は少数派

133: 世界@名無史さん 投稿日:2012/08/10(金) 14:44:56.41
>>132
カリフォルニアやテキサスは元々メキシコ領でスペイン語圏だっただろ。

ヒスパニックからしてみれば英語圏に対するレコンキスタの格好になるんだよ。

143: オツガイ ◆EAbyJft1LY 投稿日:2012/08/31(金) 14:59:06.03
>>132
他の人も言ってるようにカリフォルニアやテキサスはかつてメキシコ領だったからね。

これらの地域にヒスパニックが多いのにはそのような背景も一面としてあると思う。

とは言え、メキシコ領時代はそんなにメキシコ人が多く住んでた訳でもないらしいけどね。

だからこそ、19世紀前半テキサスなどにアメリカ人が多く入植したんだし。

それにしても、アメリカの本屋に行くとスペイン語書籍のコーナーがある場合が結構多い。

アメリカにおける最近のヒスパニックの進出を表す良い例だね。

141: 世界@名無史さん 投稿日:2012/08/25(土) 10:57:35.26
メキシコ帝国領やグランコロンビアがそのままだったら
アメリカの超大国化もなく中南米の存在感は今よりずっと大きかったろうに

142: 世界@名無史さん 投稿日:2012/08/25(土) 11:54:32.01
>>141
それを言い出したらスペインからナポレオンのどさくさにまぎれて中南米諸国が独立しなかったらという話になる。

145: 世界@名無史さん 投稿日:2012/11/15(木) 20:08:31.49
>>141
大コロンビアはチト勿体無かったね。

赤道直下にあるから戦略的に重要な国になったかも知れないし ブラジルレベルかアルヘンクラスの国にはなれただろうに

136: 世界@名無史さん 投稿日:2012/08/22(水) 08:38:32.49
結局この言葉に尽きる

"Pobre Mexico, tan lejos de Dios y tan cerca de los Estados Unidos."
(哀れなメキシコ、かくも神から遠く、かくもアメリカに近い)

引用元: ・なぜメキシコはアメリカになれなかったか