part1 オランダ アムステルダム 編
part2 ハンガリー ブダペスト&トカイ 編
part3 チェコ プラハ 編


60: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)01:09:14 ID:g6EqmVABW
プラハからの夜行バスでようやっと一番最初に行くつもりだったパリに到着
連れの友人の家を訪ねるなり、
「新潟ですごい大きな地震が起きたらしい」
というニュースを聞く。
10/23 新潟中越沖地震でした。

71: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:00:20 ID:g6EqmVABW
さて、パリについたのはいいのですが、ここは旅行前から連れとその友人の買い物やらなんやらに付き合うと決まっていたのであまり取る暇がありませんでしたorz

荷物もちなんでカメラを持つのもままならずwww

夕方にカフェで一休みしているときにちょろっと撮ったぐらい
ポンピドゥセンターの近くだったかな
no title

no title

no title

no title



あと、ルーブル美術館沿いを歩いていたらエキセントリックな信号に遭遇した
no title

72: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:05:33 ID:g6EqmVABW
連れの友人宅にてあらかた荷物を預かってもらい、一泊二日のモン・サン・ミシェル行
正直、この旅行の最大の目的

行って納得、感動、一生に一度は行くべき場所だと思った

ツアーではなく、自力でTGVとバスを乗り継いでいったんだけど、本当に目の前まで運んでくれるから、ツアーを利用する価値はあんまないんじゃないかなと思う
no title

73: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:09:10 ID:g6EqmVABW
到着したときはちょうど潮が引ききっていたため、中には入らずに外側を時計回りにぐるっと一回りすることにした
no title

no title


真裏の岩陰でいちゃこらしているカップル発見
no title


創建者の名を冠した礼拝堂。中には入れず
no title


裏をのんびり犬と散歩するおっさん
no title

シーズンオフだけど、駐車場にはキャンピングカーの類が結構止まっていてのんびり過ごす人が多いのかなと思った

確かに日帰りなんてもったいない場所だと思う

74: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:13:20 ID:g6EqmVABW
礼拝堂の写真がもう一枚あった
no title


これが真裏から見上げたモン・サン・ミシェル
no title


そのままのんびり回っていきます。足元は泥なのでいい靴でいってはいけません

ゆっくり歩いても30分かからない。島の大きさ自体は大して大きいものではなかったです
no title

no title

no title

75: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:17:12 ID:g6EqmVABW
中に入ってムール貝とステーキ食った後、しばらくビデオを回す。
なので中の写真は全然ないですw
no title

no title

no title

no title

no title

76: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:26:22 ID:g6EqmVABW
で、夕方潮が満ちてくるころあいを見計らって移動開始

だんだん島から離れていきます

当時は写真のとおり、本土から島まで堆積した土でつながっていてこんな風景ですが

地続きはまずいだろうということで300億円くらいかけて今年の7月に橋が完成したそうです

これからこれまでつかっていた道路の撤去が始まるそうで、眺めも結構変わったかもしれません
no title

no title

no title

77: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:27:09 ID:g6EqmVABW
いったん潮が満ち始めると、あっという間に周囲が海におおわれました

感覚的には30分もかからずに風景が一変しました
すばらしい夕焼けに恵まれて大満足な一日でした
no title

no title

no title

no title

78: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:28:13 ID:g6EqmVABW
反面?ライトアップはメンテナンス中でちょっと期待はずれでした
no title

79: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:31:22 ID:g6EqmVABW
翌朝の朝焼けは見事なもので、正直、何で俺は今日パリに戻るんだろう?

と思わずにはいられないものでした
no title

no title

80: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:39:37 ID:g6EqmVABW
教訓
モン・サン・ミシェルには日帰りではなく最低でも一泊二日をおすすめします

でないと、干潮と満潮の両方を見るのが時間的にとても難しいです

あの朝焼けにはそれだけの価値があります

日帰りでパリに戻るくらいなら、こっちの方が宿代は安いし、魚介類も新鮮で安くてうまいし

酒好きならこの地方特産のリンゴ酒シードルやカルヴァドスを堪能するのもアリかと

個人的にはパリのどんよりした空気をすってストレスためるより、よっぽど充実した旅行になるんじゃないかと思います

パリでの買い物や美術館めぐりをなんとか一日削ってください

81: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:41:39 ID:g6EqmVABW
サクレクールの地下にあった寺院の縁起となった聖人の像
リアルでみると本当に不気味この上ない
no title

82: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:46:35 ID:g6EqmVABW
シャンゼリゼで買い物三昧な連れから時間をもらって凱旋門にいく途中でみかけた改装中のルイ・ヴィトン
no title

センス悪すぎ。と後で連れに話したら、何でも日本人のデザイナーが手がけていたらしい

この手の場ちがい感は日本人ならではのような気がして妙に納得

83: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:52:50 ID:g6EqmVABW
2次大戦時の海軍部隊が慰霊式?をやっていた。許可をもらって撮影
no title

no title

no title

no title


夕暮れ時で光量が足りなかったのが非常に惜しまれる

仏海軍は暁の水平線に勝利を刻めなかったんだっけか?

とにもかくにも、パリ滞在で初めてフランス人を見たような気になる

だっていくとこいくとこ中国人観光客やアルジェリア系移民ばっかりなんだもの

それが現在のパリの姿、といわれればそれまでなんだけど、街中を歩いていても

たとえばブダペストやプラハをあるいていたようなテンションにはどうしてもなれなかったです

84: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)22:56:09 ID:g6EqmVABW
パリが好きな方には申し訳ないのだけど、もう一度歩いてみたいとは今でも思えないでいます
だって物価高いし

食べ物も奮発すればうまいもの食べられるけど、それ以外は???というレベル

特に魚介がまずいのがどうしようもなかった
例外として、ツール・ド・フランス最終日のパリだけは行ってみたいw

85: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:01:43 ID:g6EqmVABW

日帰りでシャルトル大聖堂を見に行くことにする

中は三脚禁止のためビデオがメイン
ステンドグラスは何とか三脚なしでいけそうだったので、わかりやすい黄道12宮をメインに撮ってみた
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


黄道12宮にリンクして農作業の姿がステンドグラスになっているあたり、

86: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:02:00 ID:g6EqmVABW
黄道12宮にリンクして農作業の姿がステンドグラスになっているあたり、往時は農民への説教の際にそのまま使っていたんじゃないかなと想像してみる

87: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:03:29 ID:sQPSEASSd
すごいきれいだね

90: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:08:42 ID:g6EqmVABW
>>87

シャルトルはパリからほど近いので都会の風景にあきたら足を伸ばしてみることをお勧めします

写真にするとどうしても四角に切り取らざるを得ないので、スケール感がいまいち伝わらないのが残念です

とにかくでかくてきれいで圧倒されます
プラハも良かったけど、こっちも負けず劣らずすばらしかったです

88: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:04:00 ID:g6EqmVABW
この日は10/30で、聖堂を出て街中を歩いていたらハロウィンなガキんちょに遭遇した
面白いのでしばらく追跡
no title

no title

no title

no title

no title

91: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:10:04 ID:g6EqmVABW
なお、シーズンオフで外壁が改修中orz
no title

かろうじて改修中の箇所が隠れるアングル
no title

92: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:11:37 ID:g6EqmVABW

店番いぬいぬ
どこの街でも見かける日常風景
no title

no title
次:part5 イギリス ロンドン 編

引用元: ・10年前のヨーロッパの写真って需要ある?