part1 オランダ アムステルダム 編
part2 ハンガリー ブダペスト&トカイ 編
part3 チェコ プラハ 編
part4 フランス パリ&モンサンミッシェル&シャルトル 編
part5 イギリス ロンドン 編

103: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:36:38 ID:g6EqmVABW
ブリュッセルから夜行バスでバルセロナに移動

私はあんま乗り気じゃなかったんだけど、連れがバルセロナの先にあるダリの美術館に行きたいということで決定

夜行バスは何回のってもタダだから正直どこに行ってもかまわない旅行でした

ここまで南にくると11月でもまだまだ暖かくてTシャツ短パンで闊歩する人たちがちらほら

ヨットハーバーもまだまだ元気でした
no title

no title

104: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:42:16 ID:g6EqmVABW
お約束のサクラダファミリア
no title

no title

なお、このときは世界遺産にはなっていなくて、完成時期も「未定」だったけど

この翌年に「2026年完成」とアナウンスされて世界遺産にも一部登録された

完成したら見に行ってみたいようなどうでもいいような、ちょっとモヤモヤした気分です

105: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:43:23 ID:g6EqmVABW
で、私的には、サクラダファミリアよりも、その近くにある世界遺産サン・パウ病院のほうがよっぽど感動した

だって中に入るのタダなんだもんwww
no title

no title

no title


サクラダファミリアに先に行った関係で時間切れになったので再訪を決意する

106: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:47:53 ID:g6EqmVABW
夜はバルサホームのデポルティボ戦があったので、えらい高かったけどチケット買って行って来た。

当時はライカールト・ロナウジーニョの全盛期

それとメッシがトップ昇格したシーズンでもあった

まちがいなくひとつの黄金時代を生で見られたのは、今にして思うと幸運だったかなと思う

なお、ラーションの大ファンだったので、スリにおびえながらエトオoutラーションinの瞬間だけ撮影
no title

no title

no title


たしかエトオとシャビのゴールでバルサ勝利だったかな?

当時デポルティボにいたカタルーニャ出身のルケが途中出場したときに場内がえらい盛り上がった。

隣のおっさんがたぶん
「ヤツはカタルーニャ出身なんだぜ!」
みたいなことを身振り手振りで一生懸命教えてくれた

107: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:49:41 ID:g6EqmVABW
翌日は一路ダリ美術館へ
列車内でカメラテストがてら撮影したガキんちょ
おめめパッチリ
no title

no title

no title

108: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)23:53:17 ID:g6EqmVABW
到着
外観からしてシュール垂れ流しwww

中も撮影自由だったからバルセロナで時間が余ったらいってみてもいいかもしんないwww

連れの付き合いで行ったんだけど、うん、行く価値ありました

子供連れてったら大喜びだと思う
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


ここで残念なことに、カメラの素子面にゴミが付着してどうにも取れなくなったorz

109: 名無しさん@おーぷん 2014/10/14(火)00:01:17 ID:IbbmdLFZN
次の日にもう一度サクラダファミリア経由でサンパウ再訪
うん、一日撮影してもぜんぜん飽きない。
no title

no title

no title

no title


no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

110: 名無しさん@おーぷん 2014/10/14(火)00:06:49 ID:IbbmdLFZN
以上、バルセロナ3日間観光でした

いやいやガウディよりもカタルーニャ・モデルニスモですよみなさん!

なお、残念なことにサンパウ病院はこのあと2009年に建物老朽化のため閉鎖

現在修復中で一部観覧可能となっています

実際に病院として生きていた姿を見られて良かったとしみじみ思う
次はラスト:part7 ドイツ マインツ 編

引用元: ・10年前のヨーロッパの写真って需要ある?