1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:46:53.89 ID:???0.net
地球の磁極は現代人の一生の間に変わる可能性がある。

科学者の国 際グループがこうした声明を表し、センセーションを呼んでいる。

この帰結がなされた基盤にはローマの東、アペニン山脈の中心部にある干上がった湖の底の研究がある。

科学者らが湖底で発見したものは、古代の磁極が現在のものと異なることを示す証拠だった。

研究グループの科学者のひとり、カリフォルニア大学のポール・ レン教授によると、磁極の転換は迅速に起きており、100年に満たなかった。

古代磁力学者らは、磁極の転換はほぼ定期的に100万年に3~8回の頻度で起きている。

このため、現在、磁極の変化のない時期がすでに80万年に達していることに学者らは警鐘を鳴らしている。

ロシア科学アカデミー地磁気学イオン層電波拡散研究所の副所長で、物理数学修士のヴァレーリー・ペトロフ氏は、磁極転換の時期の接近を示す兆候はすでにある。

たとえば過去400年で地球の磁場の圧力が減少したこと。

このほかに磁力ラインの配置が変化していることも、地球が磁極の転換を準備し始めた証拠になる。

そうなると、どうなるのだろうか? おそらくカタストロフィーが起こる。

磁場は宇宙からの人体に有害な放射性物質が地球に届かぬよう、保護する役割を果たしている。

仮に地球が長期に渡って磁場という楯を失った場合、 地球は放射線で覆われてしまう危険性も除外できない。

そのほか、磁極交換によって通信システムの崩壊が招かれるため、インターネット、人工衛星、ナビゲーション、電子システムの多くが壊れてしまいかねない。

これに対し、ペトロフ氏は現在の知識レベルでは磁極交換が行われた事実の比較ができるだけだとの見方を示す。

「たとえば地球の赤道のまわりに人工的な磁場を作り、巨大な超電線をつくり、それに電気を流すことはできる。」

10月21日 ロシアの声
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_21/278993205/

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
ポールシフト
惑星など天体の自転に伴う極(自転軸や磁極など)が、何らかの要因で現在の位置から移動すること。

実際に、地球の地磁気は過去100万年あたり1.5回程度の頻度で反転していることが地質的に明らかである。

現在では極端な移動こそはないものの、中心核の磁性変動で磁北が1年に約64キロというスピードで東へ向かって移動しているとする研究結果が発表されている。。 

自転軸に関しても、2004年12月26日に発生したマグニチュード9.3のスマトラ島沖地震では、最大で約2cm程度移動した(広義の"ポールシフト"、極運動が発生した)可能性があるとする予測がある。
wikipedia 

12: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:51:03.53 ID:vftlnGV/0.net
>>1 
AA_141395656891872800

389: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 13:58:36.27 ID:WXMMwsZN0.net
ポールシフトってやつか
MMRで見た。>>12

3: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:48:44.66 ID:XVX1lXbG0.net
AA_141395660813020500


13: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:51:13.54 ID:ElXZyrEQ0.net
>>3
これを見に来た

7: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:49:58.89 ID:BorbD3qw0.net
もっとすごいのは地球の地軸が駒のように今でも揺れてること

123: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:21:54.19 ID:AaO52PEfi.net
>>7
揺れているのは
これから回転が早くなる
これから回転が遅くなる

可能性は?
重力が無いから無いか

11: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:50:57.28 ID:tD59o6QL0.net
少し想像しただけでも
カーナビの表示はどうなるのか
棒磁石の色はどう塗ればいいのか
など大変なことになりそうだ

17: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:51:49.05 ID:1gMkMc1BO.net
SNがジンワリ地表移動するんやろか
いきなり反転するんやろか
短くなっていって、逆に伸びていくんやろか

70: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:05:40.95 ID:+HOsXGMq0.net
>>17
一旦地磁気が弱まって、消えて、気が付いたら反対の地磁気が強まるんじゃないかな。
ただ、それも100年単位かも知れん。

ちなみに、いま、太陽磁場も反転中らしい。まあ11年に1度の頻度らしいが。

で、今回はSNが入れ替わるに際して、両極がN極で赤道付近がS極の4重極構造という 珍しい状態を経由しそうだという事みたいだけど、去年の頭に予想が出た以後の情報がないので、今どうなっているのかはわからん。

20: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:53:10.93 ID:rsU64YgY0.net
自分が死んだ瞬間よりも後の話なら、地球が割れようが宇宙が破裂しようがどうだっていいや

22: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:53:13.52 ID:/XJ8Zq/x0.net
予防にピップエレキバン貼っとけ

23: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:53:29.53 ID:58V+h7Sm0.net
ノアの箱船の再現が……

24: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:53:51.15 ID:tci8xkn40.net
磁気記録方式のHDDは全部吹っ飛ぶのかな

32: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:55:38.20 ID:EfK3x4Hy0.net
放射線が降り注ぐと、まず農産物に深刻な被害が出るだろうな。

食料輸出国の立場がめちゃくちゃ強くなる。
輸入国は穀物を求めて、軍事行動も辞さなくなるだろう。

46: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:59:45.17 ID:KdQJLJjg0.net
磁極が動くのはいつものことだが、
回転軸がずれはじめるとやばそうだな。

47: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:59:48.06 ID:n1hWDk4t0.net
> 磁極の転換はほぼ定期的に100万年に3~8回の頻度で起きている

> 現在、磁極の変化のない時期がすでに80万年に達している

どっちか間違ってるのでは?
それより、どうやって調べるのかな… そっちが気になる

99: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:14:00.01 ID:EfK3x4Hy0.net
>>47
古い年代は磁性を持つ鉱物、新しい年代は同様の生物化石の状態を見るんじゃなかったかな。
綺麗な逆転が見られるらしい。

111: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:17:43.33 ID:+HOsXGMq0.net
>>47
太平洋の真ん中に中央海嶺ってのがあって、そこではマントルが上昇して新しく地底が形成される。

新しい地底ができると、順次海底がベルトコンベアのように移動して、日本海溝のような沈み込み帯
まで運ばれる。

天皇海山列からハワイ諸島まで、海山が連なっているけど、これは地下のホットスポットから生じた
海底火山。

ホットスポットは移動しないが、海底自体が移動するので海底火山の残骸は移動していく。
これを説明するのがプレートテクトニクス理論。

中央海嶺で新しく形成された地底の岩石は、冷えて固まる時に、地磁気の影響を受けて磁化される。

その磁力を中央海嶺から順番に見ていくと、北極方向がN極の地域とS極の地域が帯状に入れ替わるように続いていて、それは海底の岩石が形成された時代の地磁気を保存していると考えられている。

で、プレートの移動速度は大体わかっているので、中央海嶺から遠ざかるにつれて古い時代に形成された
と考えて逆算していくと、地磁気の反転の状況が見えてくる。

同じことが、ほかのプレートでも起きているので、磁場の反転という地球規模の現象によるものだと考えるのが妥当とされている。

184: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:41:22.86 ID:n1hWDk4t0.net
>>111
詳しい説明ありがとう
しかし、過去最低33万年程度毎に起こっていた事象が80万年起こって無いならなんか間違ってるんじゃないか?と思ってしまう

今度は80万年起こっていない理由が気になるw

51: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:00:50.37 ID:U2T9b7oM0.net
北千住が南千住で
南千住が北千住で
千住大橋が千住小橋か

208: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:49:23.83 ID:ab09XlQ30.net
>>51
浦和は大混乱だな
北浦和、南浦和、東浦和、西浦和

52: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:00:52.73 ID:F7OvFheH0.net
スマホが無きゃ死んじゃうような奴らは一掃されるな
いいことじゃないか

94: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:11:25.84 ID:dLxVWxfl0.net
これまではオカルト的な扱いだったが、真面目な事として出てきたのかな。

暫くは一日の大半を食料確保に費やすようになるってさ。
体力付けとけよw
生き残ったら大変だ象w

97: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:12:10.02 ID:sT1keoCo0.net
これってどの位の時間かかって変わるの?
砂時計をひっくり返すようにスパッとN極S極が逆になるの?
方向は南極北極でいいの?あらぬ方向に磁力線軸ができる?

110: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:17:10.62 ID:EfK3x4Hy0.net
>>97
記事に100年ぐらいと書いてあるがなw
切り替わっちまえば磁針の向きが逆転するぐらいだけど、切り替わりの最中は
磁場を失って宇宙線や粒子に曝されることになる。

101: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:14:20.71 ID:DLldT70g0.net
どうせ起きる時には生きて無いのでどうでもいいが 100万年どころか、億年単位前から地球上には生命が存在するわけだがNS反転による地球生命えの影響は実際過去あったの?

なかったもしくは軽微だったようならどっちみち大した問題じゃない

106: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:16:37.33 ID:gS+CBdqA0.net
ポールシフトはよく地球崩壊論の1つで使われてるけど、100年以内に起こる確率は1%以下

118: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:20:28.92 ID:I6m/nfDQ0.net
>>106
惑星や恒星規模の出来事って
「もうすぐ起きる」の「もうすぐ」が数万年単位なのが普通だから
対策に困るんだよな。

134: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:23:48.79 ID:YrkS9gTk0.net
地球の歴史上何度も何度も起ってるけど何もかわらん。
この世で一番タチの悪いのは学者のあおり。

140: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:24:53.82 ID:scoz95sw0.net
すべてがオーストラリア基準になる日は近い

197: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:44:56.03 ID:7+oyOuzSO.net
そういえば数年前か十年前くらいからか2015年か2016年にポールシフトするかもって言われていたのを思い出した

198: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:45:16.31 ID:KnBSfdYR0.net
前にどっかの星が爆発して地球の夜が何日間かなくなるとか聞いた気がするんだけどあれどうなった?

224: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:54:24.31 ID:YzW1bUpo0.net
>>198
ベテルギウスちゃんは明日爆発するかもしれないし、10万年後かもしれないし、
そこらへんのオーダーなので、気にしても仕方ない。

233: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 12:56:40.93 ID:3I8/aNbr0.net
>>224
明日爆発しても地球で観測できるのは642.5光年先の話やで

246: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 13:00:44.38 ID:EfK3x4Hy0.net
>>233
642年前に爆発してるかもしれないけどな~

333: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 13:32:59.39 ID:rcEF5gJO0.net
スケールがでかくてわかんねえ

引用元: ・地球の磁極はもうすぐ入れ替わる。そうなると、どうなるのだろうか? おそらくカタストロフィーが起こる。