Paget_holmes
ワトソン博士とホームズ(シドニー・パジェット画)

1: 世界@名無史さん 2013/09/14(土) 01:44:03.24 0.net
世界史学的な視点観点・興味からシャーロック・ホームズ全般について語るスレ

15: 世界@名無史さん 2013/09/30(月) 12:59:53.44 0.net
ホームズってモデルがいるんだよなぁ

26: 世界@名無史さん 2014/03/24(月) 20:28:54.45 0.net
>>15
ホームズのモデルはベル教授である、というのは定説と言っていいかもしれないが、

シャーロッキアン的には、衒学的なベル教授だけでなく、コナン・ドイル自身の熱い正義感気質もまた、ホームズ自身であると考える人も多い。

16: 世界@名無史さん 2013/10/01(火) 21:56:37.05 0.net
アルセーヌ・ルパンのほうはモデルいるの?

17: 世界@名無史さん 2013/10/02(水) 00:52:16.77 0.net
ルパンは…人物としてこれと言ったモデルは、少なくともルブラン自身はあげていなかったかと。

ただ、よく読者の間でイメージされるのはフランソワ・ヴィドック。

名前の方のモデルなら、確か当時の議員かなんかでロパンという人物がいて、それを作者のルブランがもじってルパンとした。

これはルブラン自身が言った事だから間違いない。
蛇足だがルパンよりリュパンのほうが発音的には正しいとか。

20: 世界@名無史さん 2013/10/02(水) 19:22:39.57 0.net
そろそろ歴史版的な話をしようか。
ホームズの時代はみんな大好き19世紀末。

貴族がその力を失い始め、ブルジョワジーが台頭し、それまでの身分制度が混乱し始める。

我らがホームズはその中にあって、身分的には中の上、ジェントリと呼ばれる地主階級の息子で、パブリック・スクールを出て大学へ、その過程でとある事件によって探偵の才能を見出されたわけだが。

ついでにその頃からすでに変わり者と認知されていた。

21: 世界@名無史さん 2013/12/01(日) 07:45:08.92 i.net
結局バリツとは何なのか。

バリツ (baritsu)
イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルの推理小説「空き家の冒険」(1903年)で「シャーロック・ホームズシリーズ」に初めて登場した架空の日本武術。 

「柔道を指す」という解釈が一般的だが、「武術(bujitsu)」説、「バーティツ(bartitsu)」説などの異論もある。
wikipedia 

23: 世界@名無史さん 2014/01/21(火) 14:16:52.17 0.net
>>21
腸詰まんない解釈だと武術か何かの読み間違い

27: 世界@名無史さん 2014/03/25(火) 11:50:49.47 0.net
 
蒸気機関車がトンネルの中を通る、というのは、ホームズの時代の少し前だっけ?

28: 世界@名無史さん 2014/03/25(火) 12:54:04.24 0.net
ホームズの時代、ロンドンには地下鉄があった
もちろん蒸気機関車だ

34: 世界@名無史さん 2014/03/27(木) 21:49:25.85 O.net
実際、マイクロフトの方が賢いわけ?

マイクロフト・ホームズ
シャーロック・ホームズの兄で、7歳違い。 

いくつかの官庁で会計検査の仕事をしており、表面上は下級役人だが、実際にはその卓越した頭脳で政府の政策全般を調整する重要なポストにある。

シャーロックはマイクロフトを政府そのものだというほどで、「活動的でさえあれば私より優れた探偵になれたであろう」と評している。 
wikipedia 

35: 世界@名無史さん 2014/03/28(金) 18:11:31.31 0.net
マイクロフトって初出のときは、しがない下級官吏の設定だったはずなのに、いつのまにか国家の機密に関わるような設定になってるな。

ディオゲネスクラブとは何だったのか・・・

36: 世界@名無史さん 2014/03/28(金) 19:18:31.43 0.net
>>35
忘れるな、常に物語はワトスンの視点で描かれている。

ワトスンがホームズに「しがない下級官吏」であるかのように説明されて、そう書いたなら、
「いつのまにか」というのはホームズの説明の問題。

と、まっとうなシャーロッキアンなら考えるはず。w

37: 世界@名無史さん 2014/03/29(土) 12:47:51.70 0.net
よく考えれば、ジェントリ層の出身のマイクロフトが下級官吏のはずはないんだよな。
ワトスン視点での原作の中でも、ホームズは、
・田舎の地主の出身。
・パブリックスクールや大学を卒業。
・名門貴族と学生時代からの友人。
なのだから、ホームズ家がジェントリ層なのは確実で、この階層は上級官吏の供給源なのだから。

38: 世界@名無史さん 2014/03/29(土) 14:52:27.66 0.net
別に下級官吏って書かれているわけでもないが 初出はギリシャ語通訳で「政府のある省の会計簿の検査を引き受けてる」と説明されているだけ

まあ、後に明らかにされるマイクロフトの立場から考えると実際の役職が表に出るのがまずいので、

マイクロフト本人、もしくはホームズ、ワトソンの何れかの段階で、役職をあやふやにして誤魔化していたってところじゃね?

39: 世界@名無史さん 2014/03/29(土) 17:33:32.56 0.net
となると、あとでなぜマイクロフトの正体をバラしたのか、ってことが問題になるよなぁ。

バラしても差し支えない状況になったのか、とかのちのシャーロッキアンは説明に悩むことになる。w

40: 世界@名無史さん 2014/03/30(日) 09:23:05.93 0.net
原典の描写に従えば、マイクロフトは英国官僚層や閣僚のオールマイティな相談役、情報源、情報分析担当のような存在らしい。

つまり、「生きる検索エンジン」って言ったらいいのかも。


シャーロッキアンなどがのちに、マイクロフトやスパイマスターのように考えたり、ディオゲネス・クラブを諜報機関のように解釈したりしており、これはこれで面白いのだけれど、ちょっと飛躍しているかも。

まあ、ホームズ譚のパロディ、パスティーシュの世界だから、あまりに荒唐無稽でない限り、なにをしてもいいんだけどね。(笑)

45: 世界@名無史さん 2014/04/05(土) 08:46:23.06 0.net
ホームズってけっこう収入いいのに、ハドソン夫人の家にずっと住んでたな。

最終的には田舎に引っ込んで養蜂業やってる設定らしいけど。

アニメの犬のホームズのイメージが強かったから、ハドソン夫人が婆だったのは軽くショックだった。

52: 世界@名無史さん 2014/04/05(土) 16:54:06.92 0.net
>>45
最初の頃は下宿代を折半してたくらいだから、あまり儲かってない時期もあったんだろう

「緋色の研究」だと最初の一週間誰も訪ねてこなくて、その後の来客はみすぼらしい感じのユダヤ行商人、だらしない服装の中年女、駅のポーター、レストレードなどで、金持ってそうな客は流行の服を着た若い女性くらいだから

「緋色の研究」にしても依頼人はレストレードたちってことになるんだろうけど、彼らが大した報酬払ったようには思えんしなw

47: 世界@名無史さん 2014/04/05(土) 10:03:08.97 0.net
ハドソンさんの下宿は、居心地がよかったんだろうね。

変な召使いを使う気ぜわしさもなく、気楽に暮らせたのだから。

ホームズの所得については諸説あるが、「プライオリ・スクール事件」で一万二千ポンド、邦貨にして、これも換算率については諸説あるが、二億四千万円の報酬を得ているね。

ただし、これも諸説あるが、「プライオリ・スクール」は1900年代になって、つまりホームズの探偵としてのキャリアの中で、かなりあとの方の事件だ。

最初の頃のホームズが収入がよかったのかどうかは、なんともいえないな。

ちなみに、ハドスン夫人は物語の最初でおそらく40代半ばから50代前半くらいのはず。婆よばわりは困るぜ。(笑)

48: 名無しさん 2014/04/05(土) 14:34:26.18 0.net
当然、年収1000万相当以上はあると思うけど1億円あるとすると疑問符が付く。

それぐらいになれば自前の馬車とか持ってるんじゃないかと。必要ないけどね。

ワトソン氏が元軍医で恩給生活に診療所も時々開いてることも考え

その交友につりあう収入としても3000万円相当の収入とういう感じじゃないかな。日本の国会議員相当ね。

49: 世界@名無史さん 2014/04/05(土) 15:08:20.29 0.net
あの時代、階層としての格差と貧富の差は現代の日本人の感覚をはるかに超えている。

単純に現代人のレベルに置き換えるのは難しいね。

たとえば、明らかに下層階級ではない、貧乏ではあるが高い教養を持った女性であるヴァイオレット・ハンター嬢は、中流以上貴族未満の家庭の子女の家庭教師を行う報酬として、年に48ポンドの収入を得て、それが普通だったらしい。

1ポンド≒2万円という換算で言うと、年収200万円以下。


これに対して王侯貴族になると、とあるボヘミア王は手紙に使う紙として一束半クラウン(2500円)も使い、とりあえずの手付金として1000ポンド(二千万円)をぽんと出している。

貴族から見れば年収三千万程度では、郷士の収入としてもたいしたものではない。

まぁホームズは上流階層におもねず下層階級を踏みつけない中流の上のスタンスで活躍した人だけどね。

50: 名無しさん 2014/04/05(土) 15:37:43.04 0.net
ボヘミア王って、そのままとれば、ハプスブルク家の人ってことでしょうw
それはいくらなんでも頂点過ぎますよw

兄マイクロフトもいることだし、長子相続がどれほど尊重されたのかは想像できないけど、親の財産を2人が相続しているんだからシャーロックだけでは郷士の平均レベルに達しないとしてまあ、3千万相当だと思いますよ。

マイ・フェア・レディのヒギンズ教授が1億円レベルと言うなら、それは納得しますが。

彼よりはシャーロックのほうが収入はともかく生活レベルは低いですからね。

51: 世界@名無史さん 2014/04/05(土) 16:50:40.40 0.net
ええ? 当時のボヘミアはハプスブルク領だっけ?

仮にハプスブルク領だとしても、ハプスブルク家の一員かな?

まあ、シャーロッキアンたちの研究によると、この「ボヘミア王」ってのは正確には誰なのか、意見が分かれているけどね。

当時のプリンス・オブ・ウェールズ、のちの英国王エドワードだという説もあるし、ビスマルクの息子だという説さえある。

歴史板のオタクたちにとっても、いいネタになるかも。w

53: 名無しさん 2014/04/05(土) 17:09:51.94 0.net
いや、直接ボヘミヤ王=ハプスブルク家じゃあないけど

当時のヴィクトリア女王のハノーバー朝、その夫のアルバート公がザクセン=コーブルク=ゴータ公国出身からして当時の「高貴な王族」という意味で使ってるでしょう。

かの花売り娘イライザ・ドウリトルもハンガリアの王女とか噂されてるように。

ところでまだらの紐では1100ポンドで少将未亡人家族が4人で十分暮らせる収入

唇の曲がった男では年700ポンドで中流よりいい稼ぎと言うことだから

ホームズさんの収入は1000ポンドしかないことはないかもしれないけど2000ポンド行くかな。

56: 世界@名無史さん 2014/04/06(日) 09:43:54.05 0.net
>>50
>兄マイクロフトもいることだし、長子相続がどれほど尊重されたのかは想像できないけど、

当時は相続権は明確に規定されていました。正式な遺言状で特に指定されない限り(つまり禁治産者その他を排除する明確な理由がない限り)、財産は分割されず、長子あるいは最近親者がすべて相続するものです。

仮にホームズ家にそこそこの財産があったのなら、すべてマイクロフトが手にして、シャーロックはマイクロフトから送金される立場と言う事になりますね。

そこで考えられるのは、マイクロフトはおそらく郷士であった父が死んだのち、

その田舎にあったであろう財産をすべて売り払ってロンドンに居をかまえ、

上流の下程度の生活レベルを得られる収入を得られるようにしたのだろうということ。株か、債券の形で。


もうひとつ考えられるのは、ベアリング=グールドが提唱したように、彼らの兄弟にはさらに兄がいて、地方の郷士としてささやかな地主として生を全うした、という説。

弟たちはそのエキセントリックな才能をもてあまして田舎を飛びだし、兄には援助を求めなかった、ということ。

いろいろ考えられて、面白いですよ。
だから、シャーロッキアンはやめられない。w

57: 名無しさん 2014/04/06(日) 10:06:14.07 0.net
>財産は分割されず、長子あるいは最近親者がすべて相続するものです。

まあそれはそうなんでしょうけど
モリアティと最終決戦をする前にシャーロックは財産を処分したと言っているので(37歳)

この若さで、何らかの不動産は所有していると思われ

また、まだらの紐の2姉妹も持参金代わりとはいえ

母の遺産の3分の1を父と2姉妹で分割相続になるわけだから
長子相続が原則だが、現実そうはなっていないようですけど。

59: 世界@名無史さん 2014/04/06(日) 20:44:57.09 0.net
>>57
まあ貴族の場合、分割相続はありないよね。

複数爵位を持っていた場合に、その一つを次男三男に分けてやった事例は歴史上あるけど。

ウェリントン公爵なんて、ウェルズリー侯爵家の末弟で、「オナラブル」以外の称号は何も受け継がず、実力で公爵位を得たし。

プライオリ・スクール事件のホルダーネス公爵家では、庶子であるジェイムズ・ワイルダーには事情もあったにしても、名乗り出ても一切財産分与はない。

準男爵家を相続したサー・ヘンリー・バスカヴィルの場合だって、親族であるステイプルトンは名乗り
出たとしても相続権は何もない。

ストーナー家はなぁ。郷士でもない中流の財産家で、資産の利潤・年金などで暮らしを立てている家系
だったから、分割もできるんでしょうな。

58: 世界@名無史さん 2014/04/06(日) 17:42:08.50 0.net
最後の事件で言われていた財産は、ホームズが探偵業で稼いだものと思われ

時系列ははっきりしないが、ボヘミアの醜聞やプライオリスクールを読めば、超高額の報酬をもらっている機会もあるわけだし、最後の事件でもフランス政府から依頼の話(当然、報酬は高額?)も書かれていた

そもそも緋色の研究の頃はかなり切り詰めた生活をしていたから、それ程高額な財産を継いでいるという可能性は少ないのでは?

54: 世界@名無史さん 2014/04/05(土) 18:38:59.33 0.net
ホームズとワトソンが最初に出会ったときって、まだ20代だったっけ?

確か、そのころのホームズは大学の研究室に出入りしてたんだよね。

55: 世界@名無史さん 2014/04/05(土) 19:31:11.59 0.net
>>54
ベアリング=グールドの研究書・伝記「シャーロック・ホームズ ガス灯に浮かぶその生涯」
の記録からすると

ジョン・ヘイミッシュ・ワトスン  1852/8/7誕生
ウィリアム・シャーロック・スコット・ホームズ  1854/1/6誕生

二人が出会ったのは 1881/1初旬

よって、その時 ワトスン28歳 ホームズ27歳 という事になる。(ワトスンは誕生日前だから)

まァこれも諸説あるけどね。

62: 名無しさん 2014/04/07(月) 07:48:35.01 0.net
ホームズさんの家は郷士だから
貴族の例を延々と出して、収入や相続の推測しても的外れでしょ。

>ホームズってけっこう収入いいのに、ハドソン夫人の家にずっと住んでたな。

というある人の疑問から話が進んでるんだから。

63: 世界@名無史さん 2014/04/08(火) 20:15:39.31 0.net
そもそも郷士だというのも、推論なんだけどね。(笑)

67: 世界@名無史さん 2014/04/10(木) 19:51:21.88 0.net
>>63
推論とはいえ。
・地方の地主の子

・パブリックスールで名門貴族と同窓生

・大学教育を受けており、ワトソンと出あった頃も大学の研究室に出入り

・兄が国家機密に関わるほどの、政府の枢要な地位にある官僚

・兄が紳士クラブ(普通の紳士クラブより特殊ではあるが)のメンバー

といった原作から読み取れる諸条件を総合したら、やはりジェントリ層(郷紳・郷士)の出としか考えられない。

19世紀のイギリスでパブリックスクール、大学で教育を受け、官僚・陸海軍士官・聖職者・大学教授・弁護士・内科医という職業につくのは、ジェントリ層出身者の典型。

ホームズ本人が上記の教育を受け、兄のマイクロフトが官僚であることから、どう考えてもホームズ家はジェントリだったと考えられる。

中流といっても、貴族と交際できるアッパーミドル(中流上層階級)に属している。

66: 世界@名無史さん 2014/04/09(水) 19:03:00.69 0.net
当時の英国では、郷士とか地方の地主(まぁオーバーラップするんだがw)ってのは、中流なのかな。
ホームズは中流と言う言葉をよく聞くんだけどね。

68: 世界@名無史さん 2014/04/11(金) 07:00:49.11 0.net
原作執筆当時の英国の読者なら、何の説明も入らずわかったんだろうね。

年月が経ったし文化圏も違うから、我々はいろいろ考えないと理解できないんだが。 

69: 世界@名無史さん 2014/04/11(金) 19:00:09.25 0.net
イギリスのジェントリ(郷紳)というのも、上は准貴族である世襲のバロネット(准男爵)から、スクワイア(郷士?)、称号なしの単なるジェントルマンと、いろいろと複雑でややこしい。

70: 世界@名無史さん 2014/04/11(金) 19:36:32.33 0.net
ジェントルマンの定義は何だろう?
これこそ、当時の人なら何の説明も入らない簡単なことなんだろうな。

74: 世界@名無史さん 2014/04/12(土) 11:07:13.08 0.net
じゃあ、ジェントリの話にするか。

ジェントリは基本、長男が家督や地所を相続して、治安判事や議員などの名誉職につく。

次男以下は財産をもらえないから、教育をつけてもらったら、独立して知的専門職につく。

職業軍人、植民地官僚、聖職者、大学教授、法廷弁護士、内科医などだが、元軍医(軍人で医師)だったワトソンは、まちがいなくジェントリの一員だと言える。

だが、ワトソンって外科医だったから、内科医ではないのでちょっと微妙かな。

77: 世界@名無史さん 2014/04/12(土) 23:46:58.50 0.net
ホームズの時代にロンドンを訪れた有名人

カール・マルクス
アルチュール・ランボー
夏目漱石

78: 世界@名無史さん 2014/04/12(土) 23:51:57.06 0.net
同じくロンドンに住んでた有名人

オスカー・ワイルド
ジョージ・バーナード・ショウ

79: 世界@名無史さん 2014/04/13(日) 08:03:35.72 0.net
ホームズと漱石がベイカー街で幾度もすれ違っていた頃ランボーは詩を捨てロンドンから遠く離れてアフリカで商人に身をやつしていた。

80: 世界@名無史さん 2014/04/13(日) 10:30:29.94 0.net
夏目漱石(金之助)がぶつくさロンドン留学していた頃って、東洋から来たうさんくさい
変な奴、と思われていたんだろうなぁ。

はたから見て、紳士とは見られなかったのかもしれないね。

81: 世界@名無史さん 2014/04/13(日) 10:57:24.42 0.net
作者は医者を開業したが、お客があまり来ないで生活に困窮し、
仕方なく文筆活動を始めた。

83: 世界@名無史さん 2014/04/13(日) 14:05:12.52 0.net
大英博物館でマルクスと若き日のホームズが出会ってたんだっけか

87: 世界@名無史さん 2014/04/14(月) 06:57:31.23 0.net
>>83
そうだっだのかも知れない、そうだったら面白いね、きっとそうだったに違いない
・・・という後世のシャーロッキアンの「説」

フロイトと会ったとか、H・G・ウェルズと会ったとか、夢はそれなりに面白いけれど
「原典」にその記述はないよ。

85: 世界@名無史さん 2014/04/13(日) 20:02:14.24 0.net
天下のロンドンだからね

当時生きてた大物は一度ぐらいはロンドンに行ったことがありそうだし

ありとあらゆる有名人と遭遇させることができそう、

102: 世界@名無史さん 2014/04/23(水) 18:27:55.25 0.net
モリアーティ教授って何で数学教授なのに宇宙の論文書いたんだろ?

103: 世界@名無史さん 2014/04/23(水) 23:16:16.70 0.net
モリアーティ教授の論文は「小惑星の力学」だ。

これはつまり、宇宙ではあるが天文学と言うより力学、つまり基本は数学だね。

当時は、科学の各分野が完全に別れていなかったから、数学者が数学的に
太陽系の惑星の運行などを計算する方程式を研究したりしていたんだね。

104: 世界@名無史さん 2014/04/24(木) 00:32:03.50 0.net
現代でも数理天文学って分野はあるしな

106: 世界@名無史さん 2014/04/25(金) 19:59:54.12 0.net
ワトソンの射撃って
軍医も戦うの?

109: 世界@名無史さん 2014/04/26(土) 17:45:38.41 0.net
>>106
ホームズの時代だと1864年の第一次赤十字条約に参加してたのはその殆どが欧州諸国で例外はアメリカとオスマントルコくらい

アフガニスタンは加盟してない=条約を守る必要がない→相手が守らないので自衛せざるを得ない

第一次赤十字条約第一条も野戦病院が武装している場合は中立とみなされない、だけで武装そのものまで禁じているわけではないしな

もっと後年になると条約内容も加盟国もどんどん変わってくるけど

107: 世界@名無史さん 2014/04/26(土) 06:23:23.44 0.net
軍医は軍人兼医師だから、最低限の訓練は受けてる。射撃くらいできる。

ていうか、ジェントリ層の人間は銃くらい持ってるし、狩猟もやるから射撃できて当然。

113: 世界@名無史さん 2014/04/26(土) 22:32:25.09 0.net
>>106
軍医ならまぁ訓練くらい受けるんだけど、そもそも軍隊でピストルは殆どやらない。(だって自分の頭を撃つか部下を撃つくらいしか使わねぇもん)

なんで
「ワトソンの現地での趣味がピストル射撃だったんじゃないか」
という説が唱えられてる。

108: 世界@名無史さん 2014/04/26(土) 08:34:05.07 0.net
まぁあの時代、軍医に組織的に射撃を訓練する制度があったかどうかはわからないが、ワトスンが個人的に射撃の名手だったのは事実。

現場では間違いなくホームズよりも優れた射撃術を見せている。

室内で射撃用のピストルを撃って「V.R.」の跡を残しているホームズを見て、ワトスンは内心では笑っていたんじゃないかな。

110: 世界@名無史さん 2014/04/26(土) 19:01:39.53 0.net
あの時代のあの戦争だからね。
英国の立場から見れば文明国と野蛮国の戦い。

相手に赤十字とか協定とか、そういう西欧の紳士協定から始まるルールは、期待しても望んでもいなかったはず。

ボーア戦争ですらそういう惨状を呈したのだから、歴史的な前後はあるにしても、軍医が武装するかどうかなどと言う話はそもそもなかったでしょうな。

戦争で、後方の軍医なら自らが武装する必要はない、という紳士の発想もあったろうし、戦場に行くなら紳士たるもの当然自衛の武器を持つべき、と言う発想もまたあったでしょうな。

軍医は戦場で戦うのか、という質問なら明らかにノーだけれど、自衛の武器を持っているかどうかは本人の心がけ次第ではないかな。

むろん、武器も持たずに戦争に行くような愚か者がいるとは思わないけどね。

112: 世界@名無史さん 2014/04/26(土) 19:41:38.14 0.net
ワトソンって、一般には間抜けな助手のイメージが強いけど、
原作準拠なら、けっこう武闘派で役に立つ相棒なんだよな。

116: 世界@名無史さん 2014/04/28(月) 07:30:51.54 0.net
当時の拳銃とは、戦国時代の刀のようなものじゃないかな。

武士(紳士)の権威として持っているのだけれど、戦場での実戦ではほとんど使う機会がない武器。

だから、むろん練習はしただろうし、使いこなすのは常識のうちだろう。

でも、刀と同じように拳銃も、天分を持った人と練習しても上達しない人もいただろうな。

117: 世界@名無史さん 2014/04/30(水) 19:41:33.65 0.net
権威の象徴はステッキでしょう

119: 世界@名無史さん 2014/05/01(木) 10:36:54.32 0.net
拳銃なんて戦場で使う武器としては使い物にならない
士官にとってはわざわざそんな実用性の薄い武器を携帯することが権威の誇示になるんだろうね

一般兵は戦場で必要な実用武器しか持たない

120: 世界@名無史さん 2014/05/01(木) 20:26:49.73 0.net
小銃は支給されるが、拳銃は自腹だったんだろうね。

拳銃は高価だから、ある程度以上の階層でないと買えなかったんだろう。

当時行われた「切り裂きジャック」の事件でも、銃器は一切使われていない。刃物だけだ。

しかし、だからといって当時の上流階層の犯罪の多くが拳銃で行われた、という
わけじゃないけどさ。

あ、空気銃で殺された事件があったな。(笑)

122: 世界@名無史さん 2014/05/02(金) 11:38:14.60 0.net
>>120
犯罪者は高級品?ではあったけど、ピストルや空気銃なんかを持ってたらしく向こうの警察で展示されてたりする

121: 世界@名無史さん 2014/05/01(木) 20:32:39.19 0.net
拳銃は敵と戦うための武器ではなくて
部下を服従させるための武器なんだよ
もし命令に服従しない部下が居たら拳銃を突きつけて服従させると

124: 世界@名無史さん 2014/05/02(金) 18:45:02.03 0.net
>>121
英国軍でも腐った士官はいたが、階級を利用した軍法による脅しをかけた例は多いけれど、拳銃で脅して服従させるなどと言う馬鹿は聞いたことがありませんな。

平時にそんなことをしたら明確な軍法違反だし、戦時にそれをしたら後から撃たれますぜ。

階級が上ならば銃など必要ありませんよ。(笑)

128: 世界@名無史さん 2014/05/16(金) 18:43:56.54 0.net
ホームズとハイジとアンとラスカルって、時代的に同時代人?

129: 世界@名無史さん 2014/05/16(金) 21:08:23.83 0.net
ラスカルは人じゃないと思う

130: 世界@名無史さん 2014/05/16(金) 21:17:17.98 0.net
ラスカルはちょっと後っぽい気もするなあ「美しき自転車乗り」より進歩した自転車
に乗っていたような

131: 世界@名無史さん 2014/05/16(金) 21:32:11.29 0.net
ちょっと調べてみたところ、ハイジが時代的に一番早いが、ハイジ、ホームズ、アンは大体同じぐらいの時代

ラスカルだけは時代が遅く、1914年以降ぐらいの話らしい

ラスカルは主人公の親父とか、近所の人とか自動車に乗っていたしな

それと大草原の小さな家も、ホームズやアンと同じぐらいの時代設定

159: 世界@名無史さん 2014/09/03(水) 22:07:47.95 0.net
BSのどこかの番組で、リアルにホームズシリーズから、科学的捜査法が発達してきたってのがあって
びっくらこいた。

凄い影響なんだなあ。

引用元: ・歴史版的にシャーロック・ホームズを語るスレ