320px-Fire_in_Yazd_Zoroastrian_temple
ヤズド(イラン)のゾロアスター神殿における拝火壇
photo credit 

1: 世界@名無史さん 02/06/15 23:12
ササン朝ペルシアで国教とされたゾロアスター教。
別名拝火教と呼ばれ火を神聖視し、埋葬方法は鳥葬。
最高神はアフラ=マズダ。

ゾロアスター教
古代ペルシアを起源の地とする善悪二元論的な宗教である。『アヴェスター』を根本経典とする。

ゾロアスター教の教義は、善と悪の二元論を特徴とするが、善の勝利と優位が確定されている宗教である。

一般に「世界最古の一神教」と評されることもあるが、これは正確ではなく、その教義のなかではアムシャ・スプンタなど多くの神々が登場する。
 
ゾロアスター教は光(善)の象徴としての純粋な「火」(アータル、アヴェスター語: ātar‎)を尊ぶため、拝火教(はいかきょう)とも呼ばれる。

ゾロアスター教の全寺院には、ザラスシュトラが点火したといわれる火が絶えることなく燃え続けており、寺院内には偶像はなく、信者は炎に向かって礼拝する

インド亜大陸では「ペルシア」を意味する「パーシー」の語を用いて、パーシー教ないしパールシー教とも称される。
wikipedia

6: 世界@名無史さん 02/06/15 23:28
火マンセー教だろ?

9: 総督 02/06/15 23:44
ササン朝が滅んだあとのゾロアスター教はどうやって保持されていたんだろ?
イスラム勢力は保護していたの?それとも隠れて崇拝?

48: トラメメ 02/06/29 23:49
>>9
イランのムスリムはゾロアスター教徒を大切に扱っていた。
現代になっても、ゾロアスター教徒は固まって暮らしてる。
と、紀行文にそんなことが書いてあった。
互いに融和はしないけど、共存はしてるみたいだね。

49: 世界@名無史さん 02/06/30 00:25
ゾロアスター教徒の家族の中で、一人でもイスラムに改宗すると、財産の相続権はその改宗者にのみあるとされたから、固まらざるを得なかった。

インドのパールシーが英領インドの時代に財産を蓄え、イギリスの圧力でイラン国内のゾ教徒の待遇を改善させた、というから大切とまではいかなかったと思う。



50: 世界@名無史さん 02/06/30 03:14
ホメイニのイスラム革命でどさくさにまぎれて水かけられて消された"火"もあったと聞くが。

54: トラメメ 02/06/30 19:51
>>49 >>50
結構ひどい扱いみたいだねぇ。
ありがとう、勉強になりました。

他の地域はどうなんだろう・・?

10: 山野野衾 02/06/15 23:48
そういえば滅亡後にササン朝の王子らが唐まで亡命したそうですね。そこそこ優遇されたとか。

19: 世界@名無史さん 02/06/16 00:29
インドあたりに今もゾロアスター教徒がいたと思うんだけど。

20: 世界@名無史さん 02/06/16 00:30
年々減ってるらしいです
宗教の勧誘の人には、ゾロアスター教徒だからと断ればいいらしい

27: ふにゃぽん 02/06/24 13:29
それと、「ゾロアスター」って、「モーゼ」や「ムハマンド」と同じく、
人名だと聞いているけど、そういう名の人が歴史上にいたわけ?

28: 7資産 02/06/24 13:40
>>27
ニーチェの本で「ツァラトゥストラはかく語りき」って本があるんだけど、そのツァラトゥストラがゾロアスターのことだよ。
そういう人がいたんだよ。

29: ふにゃぽん 02/06/24 13:51
>>28
レスはありがたいんだけど、いくら私でも、それくらいは知ってるよ(w

その「ツァラトゥストラ」がどんな人だったのかってこと聞いてるんです。

33: 世界@名無史さん 02/06/24 15:51
>>29=ふにゃぽんさん
ゾロアスターは宗教的な伝説では、紀元前630年頃に生まれたとされています。

が、歴史学的には、ゾロアスターの活動時期は、紀元前1500~1000年の間、紀元前1200年頃、紀元前8世紀頃などの諸説があるようです。

この辺の事を考えると、ゾロアスターの歴史的実在解明は、現状ではモーセのそれよりは確実で、イエスのそれよりは不確実性がある、といったところではないでしょうか?

専門にやってる人にはいろいろ言われるかもしれませんが、資料本を読んでいるとそんなあたりかなぁ、と思えます。

34: ふにゃぽん 02/06/24 16:17
>>33
ありがとうございました。

「彼」は、事実上、「ゾロアスター教」の教組だったんですかね?

35: =33 02/06/25 18:35
>>34
>「彼」は、事実上、「ゾロアスター教」の教組だったんですかね?

えーと、門外漢の感想ですが、ゾロアスター伝承古層に記されたゾロアスターのイメージ、
イラン高原のアイルヤ人の間にあった土俗的信仰に対する批判者、または改革者、という線では歴史的研究者の間でも大筋では一致しているようです。

そういう意味で「ゾロアスター教の教祖」と認められてるのだと思います。


ゾロアスター教は長い歴史を持っていますので、「教祖」と言っても、今伝わっているような教義内容や
あるいはササン朝の頃の教義内容の宗教を唱えたという意味ではないようです。

人によってはアケメネス朝の頃の教義内容もゾロアスターの頃から変質してるとも言うし、この辺は、門外漢には判断つけられないですよね(w


ゾロアスターが批判したのはイランの土俗宗教だけでなく、当時のミトラ信仰も批判したとかしないとか、ゾロアスアターの頃の教義はどちらかと言えば一元的だったとか、いや当初から二元的だったとか、
ほかにもいろいろ門外漢には判断をつけづらい話題も多いようです。

※これらの面倒な議論は、基本的にはアベスタのテクスト解析についての異見の相違に基づくようです。

※聖書やクルアーンのテクスト解析とはまた別種の困難さがあるようですね。

52: 中華@名無史さん 02/06/30 13:15
中国の明王朝は、ある意味ゾロアスター教の国、と言えなくも無い。

53: 世界@名無史さん 02/06/30 15:53
>>52
ゾロアスター教じゃなくてマニ教

マニ教
サーサーン朝ペルシャのマニ(216年 - 276年または277年)を開祖とする二元論的な宗教である 

ユダヤ教・ゾロアスター教・キリスト教・グノーシス主義などの流れを汲んでおり、経典宗教の特徴をもつ。
かつては北アフリカ・イベリア半島から中国にかけてユーラシア大陸で広く信仰された世界宗教であった。

マニ教は、過去に興隆したものの現在ではほとんど信者のいない、消滅した宗教と見なされてきたが、今日でも、中華人民共和国の福建省においてマニ教寺院の現存が確かめられている。


唐においては694年に伝来して「摩尼教」ないし「末尼教」と音写され、また教義からは「明教」「二宗教」との訳語もあった。

明教と弥勒信仰が習合した白蓮教は、元末に紅巾の乱を起こし、その指導者の一人であった朱元璋の建てた明の国号は「明教」に由来したものだといわれている。
wikipedia 

74: 世界@名無史さん 02/07/03 19:42
世界初の創唱宗教だな。
キリスト教や仏教の救世主思想はゾロアスター教の影響。

インド人宗教家がアヴェスターを「失われた第5のヴェーダ」と評価するのを読んだことがある。
ゾロアスターは笑いながら生まれてきたという伝説がある。

75: 世界@名無史さん 02/07/03 23:51
インドの神秘思想家はなんでもござれ、だからねぇ。
パールシーの方でもヒンドゥー教との同化傾向が見られるとも読んだことある。

78: 世界@名無史さん 02/07/04 00:57
フレディ・マーキュリーはゾロアスター教だったね。
葬儀もゾロアスター教式で行われたらしい。

80: 世界@名無史さん 02/07/04 06:57
フレディ・マーキュリーも鳥葬したのか!?

99: 世界@名無史さん 02/09/28 22:16
>>80
確か、鳥葬を希望してたけど、ロンドン市当局に止められたと思います。

79: 世界@名無史さん 02/07/04 01:18
鳥葬はメディア人の習慣だったというね。
メディア人がゾ教を受け入れたときに、それがゾ教の葬式方法となったと。

151: 世界@名無史さん 03/02/08 21:42
日本にゾロアスター教徒っていますか?

ゾロアスター教研究者の山本由美子女史が戦前は結構インドのパールシーが来日していたが、今では数えるくらいだと言ってましたが。

155: 世界@名無史さん 03/02/13 13:52
>>151
今でも関西中心にけっこういるよ。ただ貿易業者が多いので、日本の景気が悪くなってからかなり減ったと思う。

2世3世は日本語ぺらぺらだけど英語も達者な上、高学歴なのが多いので日本に未練はないだろう。

161: 151 03/02/14 00:26
>>155
情報ありがとうございました。
会ってみたいですね。どのような容貌をしているのでしょうか。まさか、フレディ・マーキュリーみたいな濃~い顔?


162: 世界@名無史さん 03/02/19 02:06
>>161
背が高くで金髪(これは染めてるのかも)色白で目の色も薄い(茶色だったか灰色だったか)目鼻口が大きく四角い顔。で

も美人だったよ。しいていえばだけど北欧系なイメージかな?

まちがいなく思いっきり混血してる。インドのゾロアスター教徒の写真とはぜんぜんちがった。


あと在日イラン人と称しつつぱりっとしたスーツ着たかっこいいビジネスマン風の連中はほとんどゾロアスター教徒。

上野公園とかで汚いジャンバー着てたむろしてた連中はシーア派。

最近はどちらもめっきりいなくなった。不況で日本から引き上げてしまった。

170: 世界@名無史さん 03/02/27 13:12
今でも信仰されている地域にマツダの車で行くと「神の使いだ」とか言って
もてはやされるという話を聞いたことがあるよ。綴りは共にmazdaだから。

171: 世界@名無史さん 03/02/27 19:55
>>170

マツダってアフラ・マズダのスペルを意識して
matsudaじゃなくてmazudaにしたんじゃなかったけ?

189: 世界@名無史さん 03/04/27 17:38
鳥葬にしたら、最後の審判のときに困らないのでしょうか?

190: 世界@名無史さん 03/04/29 02:18
なんで困るんだよ。

191: 世界@名無史さん 03/04/29 18:10
>>190
え?死体が残ってないと最後の審判受けられないんじゃないんですか?

193: 世界@名無史さん 03/04/29 18:42
>>191
それセム系一神教の考えじゃないの?

195: 190 03/05/02 16:26
>>191
身体がなくて困ると考えたのは古代エジプト人だろうが。だからミイラを作った。
ゾ教徒は別に身体が無くても困らん。
オフルマズドにまた作ってもらえる。

鳥葬自体はメディア人の習慣だったというがな。

211: 世界@名無史さん 03/09/28 23:49
火種が見あたらないのに燃え続ける天然ガス田が拝火教の起源という説は本当ですかね?

「なぜ火か」という起源を説いたくだりはもうないのだろうけれど。

実際イランには自噴井が結構多いそうです。

213: 世界@名無史さん 03/09/29 00:09
天然ガス田はイランからみると西方のコーカサス方面に多い。

しかしゾロアスター教の起源はアフガン方面つまりイランの東方というのが最近の有力説。

「天然ガス田」は思想性とか哲学性を軽んじすぎた現代人ウケな議論であまりに『ムー』向けな議論だと思われ。

217: 世界@名無史さん 03/10/02 20:39
ゾロアスター教はイラスム侵攻後、急激に衰退した印象があるが、イランも広い国なので完全にイスラム化するまで数世紀は要したそうだ。

アラブに敗れた時、多数のペルシア人は奴隷となったが、奴隷身分から解放される道はイスラムに改宗するか身代金を払う他なかった。

本より戦に破れた者に身代金を調達できるカネなどあるはずがない。

さらに兄弟で誰かがイスラムに改宗した場合、その者だけに親の遺産を相続させる法律まで制定された。

それゆえゾロアスター教徒ばかりか、マニ、景教、仏教徒が多数インドや中国に逃れていった。

イスラムを棄教すれば生命の保証がないのは現代でも変わりない。

218: 世界@名無史さん 03/10/04 14:03
ムスリムによるゾロアスター教徒を苦しめるもう一つの方法は犬をいじめる事であった。

現代では何処でもムスリムは不潔な動物として犬に敵意を示すが、初期のイスラムにはそのような事はなかった。

これはゾロアスター教徒が並々ならず犬を敬ったために、イランで意図的に形成されたものと思われる。

おそらく犬を大事にしない事は、火に唾を吐くのと同様、外見上明らかな真の改宗のしるしであった。

この後何世紀もの間、ムスリムによりこの動物が蒙った大きな苦難は、宗教的な抗争のもたらした残酷さの哀れな例である。
(ゾロアスター教 メアリー・ボイス著より)

223: 世界@名無史さん 03/10/07 22:50
20年程前イラクを訪れたNHK取材班が、轢き殺された犬の死骸が多数道端に横たわる光景を目撃して衝撃を受けている。

西欧でも中世は魔女の使いと見なされ数多くの猫が殺されたが、現代はもちろんそんな事はしない。

マホメッドは大変猫を可愛がったが、イスラム圏で果たして猫は大事にされているのだろうか?
どうもそうは思えないが。

ゾロアスター教では、動物の虐待を禁じ、荒地を灌漑して種子を蒔く事を勧めている。

海や川を汚染し、木を枯らすのは悪魔の仕業であり、それを行なった者は地獄オチとしている。

古代宗教で動物愛護とエコロジーを説いたのは珍しい。

仏教やジャイナ教もエコロジーまでは対象としてなかった。

224: 世界@名無史さん 03/10/07 23:03
>>223
おまい、ゾロアスター教は理想的な宗教だとか思ってないか?

237: 世界@名無史さん 03/10/10 00:13
>>223 さんも指摘しているように、ゾロアスター教は農業を重視するね。

> ゾロアスター教では、・・・荒地を灌漑して種子を蒔く事を勧めている。

ゾ教以前のイランの宗教を取り入れたものとも言われているが、耕作と家畜の飼育を中心とした生活を理想としているらしい。

契約を守れとか、商取引をサポートするような教えはあるのかな?

240: 236 03/10/11 15:20
>>237
どの宗教も社会や教祖の個人的背景を無視して成立し得ない。

ゾロアスターの時代は、イラン民族の遊牧から定住化への過程とほぼ時が同じ。

遊牧から定住への生活様式の変化は当然社会的混乱を伴い、それゆえ新秩序と宗教改革が必要とされた。

ゾロアスターは祭司階級に属していた。
コーランが契約書的要素が濃いのはムハンマドが元商人だからだろう。


>契約を守れとか、商取引をサポートするような教えはあるのかな?
アヴェスタ(実に四分の三が失われている)の他に中世ペルシア語で書かれた「アルダー・ウィーラーフの書」というのがあるが、これはいわゆる冥界旅行記で地獄描写が詳細に描かれている。

この書は全百一章からなるが、その中で偽りの保証を約束した者(51)多数の誓約を破った者(52)升目をごまかして商売した者(80)などが地獄オチとなっている。

231: 世界@名無史さん 03/10/08 13:41
マニを細切れにしたのはゾ教の皇帝だが。

233: 世界@名無史さん 03/10/08 20:47
>>231
皮をはがれ、城壁に吊るされた、という説もある。

学者の言うには後世のマニ教徒が教祖の壮絶な殉教を脚色したとのこと。
やはりゾ教は一神教に近いゆえ「異端」には峻厳な態度を取ったのだろう。

イスラムのハッラージュも惨い拷問の果て、磔刑にされて、遺体は焼かれ灰は散布されたのは有名。

260: 世界@名無史さん 03/11/06 21:08
>>233
教主マーニーが殉教したのは、やはり皇帝シャーブフル1世が彼の説く教理を王権護持に反すると見なしたせいだと思われ。

サーサーン王家にとってオフルマズド神やミフル神は王権確立のイデオローグとして必要不可欠な存在で、ゾロアスター教とはサーサーン王家にとってまさしく「国家宗教」だったと見るべきな気がするのだが・・・

イブン・スィーナーとかの話しを聞く限りはイスラーム化した結構後でもゾロアスター教や仏教の伽藍が中央アジアでは点在してたんだとか。

264: 世界@名無史さん 03/11/07 23:57
>>260
サーサーン朝時代、ゾ教の祭司階級の権力は時には皇帝をしのぐほど強大だった。

それ故皇帝は祭司勢力を牽制する為にマニを利用した節もある。父の代には優遇されても息子の時代になると(息子の意思だけでなくお付の祭司の入れ知恵もある)処刑された。

イブン・スィーナーとは『医学典範』の著者?これに書いてあったのかな?

イラン本国はやはり状況は厳しかった。

ウマイヤ朝(661-750)時代、あるイラクのアラブ人総督による迫害でこのような例がある。

彼はイラン全土の火の寺院を破壊する監督係官を任命した。

この係官は指令通り行動したが、ゾ教徒たちが彼を買収する事が出来た場合には、聖なる火は全て無傷のまま残された。このようにして彼は四千万ディルハムを支払わせたといわれる。


アッパース朝時代の寛容主義者のカリフ、アル・マームーンの治世(813-33年)に「不信心者の司令官」という皮肉な称号を得ている彼でさえも実際にはイスラムが広まる事を奨励した。

ホラサーンの将軍たちにまだ信仰を受け入れていない人々を国境を越えて襲撃するよう命じた事もあった。

242: 世界@名無史さん 03/10/12 01:06
ゾロアスターは前7世紀の人間。
かつては(今でも?)前1000年以上に遡ると考える人もいたけど。

243: 世界@名無史さん 03/10/12 19:37
>>242
手持ちの本だと、ゾロアスター教の聖典アヴェスターの中でもゾロアスター自身の言葉(とされる)最も古いガーサー語の語形・文法から、言語的にゾロアスターが生きた(或いはゾロアスターの原型が出来上がった時代は紀元前1000~1200年頃で、それ以後とは考えられない。


また、紀元前1700~1500年頃構成されたインド方面のアーリア人の宗教文献リグ・ヴェーダとアヴェスターの間に言語的・形式的に明らかな近縁関係が認められるとの事なので、主にギリシア文献から来るとされる紀元前7世紀説よりも寧ろ紀元前1000年以前説の方が説得力があるように見えるのですが。


まあ、原本の研究が出来るわけでは無いので自力で真偽確認はできませんけど 現在出回ってる資料から、紀元前1000年説は「かつては」と言うような終わった説ではないように思います。

262: 世界@名無史さん 03/11/07 02:43
イラン人の民族宗教であるゾロアスター教ですがアケメネス朝時代に既に創始されパルティアを経てササン朝時代に国教とされ、経典アヴェスターが作られた。

この宗教は中国にも伝播し祆教と呼ばれました。

キリスト教、仏教、ゾロアスター教を合成させたマニ教が創始されましたが弾圧されて、他国で広まりました。

265: 世界@名無史さん 03/11/08 00:08
ゾロアスター教は教祖の教説が一番、哲学的というか神話的要素がすくなくて、中世に近づくほど神話の色合い強くなっていった。

普通の宗教と反対の歩みで面白い。

あるいはゾロアスターにも神話的要素の強いものがあったのに、失われてしまったのか。

266: 世界@名無史さん 03/11/08 00:22
>>265
仏教も同じだろ

267: 世界@名無史さん 03/11/08 16:11
初期仏教は宗教というよりも哲学思想みたいだな。

270: 世界@名無史さん 03/11/11 00:13
>>267
それは当然だろ。仏教以前は内面的思索を重視するウパニシャッド哲学が流行っていたのだから。

仏教、ジャイナ教どちらもその影響がある。

ギリシアや中国でも哲学や思想運動(諸子百家)が盛んだった。中東は何故かこの傾向が弱いね。

儒教も神仙に否定的で政治哲学を説く傾向がある。
それ故回族から「断じて宗教ではない」と否定されるのだろう。

儒教についてアメリカ知識人も「インディアンの長老の説教のようだ」と酷評した者がいた。

290: 世界@名無史さん 03/12/13 23:52
ゾロアスター教がキリスト教に影響を与えたというのは嘘でしょ?

291: 世界@名無史さん 03/12/14 00:03
>>290
ユダヤ教はゾロアスター教から最後の審判や天国や地獄、世界の終末における救世主の出現などの重要な概念を採り入れたから、キリスト教はユダヤ教を通じてゾロアスター教の影響を受けたといえる。

294: 世界@名無史さん 03/12/21 15:52
>>290
あと、間接的ながらイスラムにも影響を与えている。

メアリー・ボイス女史によれば、イスラムの一日五回の礼拝のルーツはゾロアスター教とか。

296: 世界@名無史さん 03/12/21 18:10
>>294
シーア派にはかなり直接的な影響を与えていると思うぞ。

298: 世界@名無史さん 03/12/26 00:50
>>296
救世主が現れると説く十二イマーム派など特にね。コーランには救世主の事など全く触れてないのだが。

イスラムの有名な思想家でホラーサーン出身のガザーリー(1058-1111)など人間の心を天使と悪魔の両軍が争う戦場とみなしていた。

ゾロアスター教の二元論の焼き直し。

天使論の代表で光照哲学を唱えたスフラワルディー(1155-91)もいた。
光の哲学など唱えたので異端視され36歳の若さで獄死する。

312: 世界@名無史さん 03/12/31 16:06
護摩を焚くのは拝火教の名残だと何かで読んだが、あの祈祷の出自は明らかになっているのかな?

314: 世界@名無史さん 03/12/31 17:38
>>312
火を使うのは、インド・イラン共通の先祖からでしょ。

引用元: ・ゾロアスター教について話しませんか