東京都文京区にある日本サッカー協会のビル(通称JFAハウス)の1階と地下は日本サッカーミュージアムとして展示施設となっているのはご存知でしょうか。
噂には聞いてはいたのですが、なかなか行く機会がなかったので、この度、仕事が休みだったので行ってきました。



東京メトロ湯島駅より5分程歩くと・・・



そろそろ、左折すると目的の「日本サッカーミュージアム」のある通りになると思いきや、ダイレクトな名前の通りでした。
IMG_0769



サッカー通りとは言うものの、いたって普通の道路です。
IMG_0766




一応、日本代表のフラッグ的なものが飾ってあるため、サッカー要素はあると言えばありますが・・・。
(ちなみに、このフラッグ、ブラジルW杯での日本代表と思いきや、駒野選手、高橋選手、細貝選手のものもあり、結構適当ぽかった)

IMG_0773


3分程、サッカー通りを歩くと到着です。
IMG_0763


展示施設は1階とB1階、有料フロアのB2階とのことですが、見所はやはり有料のB2階。

ちなみに展示物の写真撮影はOKだけれども動画コンテンツを撮影するのは禁止とのこと。


有料フロアへのチケット。大人は500円。
98年のフランスW杯のチケットのデザインでした。なかなかおしゃれ。

IMG_0775



有料フロアに突入すると、2002年日韓W杯の出場国の紹介とユニフォームが。
IMG_0738


日本代表の円陣を体験できるコーナー。ぼっちで行くと、こういう展示に参加しきれないところがつらいですなw
IMG_0761


めげずに突入。
わりと顔のクオリティが高くて笑いました。

IMG_0740


そして唐突に現れるオリバー・カーンの(たぶん実物大)模型。
写真ではまったく伝わらないと思うけど、マジででかかったです。188cmって思ってる以上にでかいんだなあ。
IMG_0741


次のコーナーは、日本が優勝したアジア杯での決勝戦のビデオが見れるコーナー。
勝った試合は何度見ても良い気分ですね。


さらに進むと、選手の更衣室を再現したコーナーに。

IMG_0743


最初に現れるのはザッケローニ監督の蝋人形。今にも動き出しそうなクオリティで一瞬本物かと思いました。
IMG_0744


IMG_0745


ロッカールーム体験コーナーもあるけど、やはりぼっちだとノリきれないぞ・・・。
IMG_0746



日本サッカー界の歴史を振り返る展示品がつづく。
興味深い話もあったけど、自分の生まれる前の話だから、そこまで入り込めず、軽く見る程度にしましたw

IMG_0752



2011年女子W杯の優勝トロフィーも展示されていました。
IMG_0753


お決まりだけれども、W杯のレプリカを触ってきました。
IMG_0754



日本代表のW杯の軌跡のコーナーではブラジル大会のボールやユニフォームも既に展示されていました。
IMG_0758



「アメリカまであと90分」
94年アメリカ大会アジア最終予選対イラク戦(通称ドーハの悲劇)の時、ロッカールームで使用された戦術確認のシート。

IMG_0756

 

あまり期待はしてなかったのに、ガッツリ楽しんでました


あまり大きくはない博物館と聞いていたので、そこまで期待していなかったのですが、個人的には結構楽しめました。
特に最初の2002年ワールドカップのコーナーなんかは、当時の空気感を思い出しとても懐かしかったです。有料とはいえ500円なら、マジでありですよ!

あと今日は雨が降っていて、あまり混んでないだろうと予想をしていたのですが、親子連れやカップル、女子集団等、幅広いお客さんが来ていて、わりとびっくりしました。
日本のサッカーの人気ってすごいんだね。

女の子たちは「うっちー、うっちー」言ってますた。うっちー格好良いもんね。気持ち分かるよ。

日本サッカーミュージアム
アクセス:JR、東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅から徒歩6分
チケット:大人500円、小中学生300円。幼稚園児以下は無料
公式サイト: http://www.jfa.jp/football_museum/


管理人おすすめ度
★★★☆☆(星3つ)
 
チケットの料金も安く、コストパフォーマンスも良いです。ただ展示品の説明が不足している気がする部分もあったため星3つ。
サッカー(というより日本代表)が好きならかなり楽しめると思います。