前回:part1 晴明神社・北野天満宮・大将軍八神社・車折神社・野宮神社・御髪神社 等


127: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)22:52:11 ID:eVN
渡月橋で一休み。
紅葉で斑の山を見ながら食べるわらびもちはすごくおいしい(小並感)
周囲は観光客と修学旅行生でごった返していたけれど、先週はもっとひどかったそうで
渡月橋を車で渡るのに40分かかったらしい。
一人でベンチに座っていると写真の撮影係を何回も頼まれたww
no title

no title

 
128: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)22:54:13 ID:eVN
ちょっと奮発して湯葉の定食を早めのお昼で頂く。
やはりポン酢で食べる湯葉はうまい(確信)
本当は地元のご飯が食べたかったけど嵐山にもうそんな店はないそうな。
no title

130: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)22:57:16 ID:eVN
体力を回復させたら上賀茂に向かう。
道中カメラマン達が激しく場所取りをしていたところの風景を撮ってみた。
あんまり素晴らしい写真にならなかったのは腕の差かカメラの差か。
途中で福王子神社の前を通りがかったけれど時間の関係でスルー。
no title

132: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:04:37 ID:eVN
受験を控える弟のことを思い出し、北野天満宮で合格守りを買い直すアクシデントを挟みつつ今宮神社に到着。
この神社には玉の輿に乗れるという変わったご利益があるそうだ。
まだ少し紅葉が残ってる。
本殿の奥では神前式の最中だったため参拝は自重。
no title

no title

no title

no title

133: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:08:51 ID:eVN
こんな絵馬があったけどここって聖地だったりするのかね。
広めの境内には小さい神社が何個も。
摂社である疫社には疫病を鎮めるために素戔嗚命(すさのをのみこと)が祀られています。
no title

no title

134: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:11:24 ID:eVN
上賀茂に向かう途中で小さな神社を発見。
航空交通安全と御利益が面白かったので寄ってみた。
八咫烏(やたがらす)を祀っている久我神社でした。
no title

no title

135: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:13:56 ID:eVN
やっと嵐山から上賀茂神社に到着。
さすが紅葉がきれいです。
no title

no title

136: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:16:39 ID:eVN
庭にある陰陽石は龍の棲む池から出土したもので、陰の気と陽の気が混ざり合っているらしい。
陰の部分と陽の部分を両手で触ってお参り。触る場所合ってんのかな。
no title

水面ともみじ、イイネ!
no title

137: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:18:34 ID:eVN
いよいよ上賀茂神社の正面へ。
上賀茂神社は通称であり、正式名称は賀茂別雷神社(かもわけいかずちじんじゃ)と言って
賀茂別雷大神(かもわけいかずちのおおかみ)を祀っている。
雷神であり、天津神と人のハーフであったが天に上ったと伝わっている。
そもそも神話に出てくる貴族も神みたいなものだからハーフって表現もあれだけど。
no title

138: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:19:24 ID:eVN
雷の力により厄除け方角守護の御利益がある。
天皇家とも縁があり、伊勢神宮の1年遅れの21年ごとに式年遷宮を行っている。
入ってすぐには有名な立砂(たてすな)があり、これは天に上った賀茂別雷大神が再び地上に降りてくる時に
目印とした神山(こうやま)をかたどっていて、降臨の依代として働くのだそうだ。
左の山が陽、右が陰を表していて、頂点にはこうやまの頂上に生えていた松の大樹を模して松葉が刺されている。
no title

139: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:20:37 ID:eVN
そういえば晴明神社の日月柱も左が日で右が月だったね。
ちなみに清められた砂は500円で販売してる。
小さいころそれで泥団子作ろうとしたなぁ。

140: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:22:04 ID:eVN
式年遷宮に当たって特別参拝ができるそうだ。
修復中の屋根を工事の足場から見ることができるらしい(500円)
せっかくなので行ってきた。
少し待たされた後神主さんからお祓いをうけて神域へ。
先客で老夫婦が待っていたのだけれど、あまりに待たされると言って帰ってしまったため神主さんとマンツーマン
で説明を受ける。
上賀茂神社は屋根が後ろより前が長い流造の代表として国宝に指定されているため取り壊して建て直せない。
そのため本殿の横に全く作りが同じ権殿を建てて、そっちに神様を移してから本殿を修復している。
本殿の屋根は桧皮葺(ひわだぶき)であり非常に曲線がきれいなのだが40年でダメになるので修復が必要なんだそうだ。
no title

141: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:22:40 ID:eVN
こんな風に苔で朽ちてくる。
他にもいろいろ説明してもらったけど長くなるので割愛。
境内には他にもさまざまなご利益の摂社がありました。
no title

143: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:26:07 ID:eVN
次にやってきたのは下賀茂神社。
こちらの下賀茂神社というのも通称で、正式には賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)と言います。
奈良時代以前から盛大な祭りが行われていたようで皇室からも信仰を受け、今は世界遺産に登録されている。
賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)と玉依媛命(たまよりひめのみこと)が祀られていて
玉依媛命は上賀茂神社の賀茂別雷神の母親である。
賀茂建角身命は古代京都を作った山神様で、八咫烏の化身と言われている。
no title

no title

145: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:28:59 ID:eVN
境内には君が代に謳われるさざれ石なんかも。
no title

他にも縁結びで有名な相生社などがあり、その横には連理の賢木(れんりのさかき)が祀られている。
この木は元々別の2本の木だったものが1本になっていることから縁結びの神木と言われている。
下賀茂神社のある糺の森ではこんな木が代をまたいで生まれるらしい。
no title

146: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:31:14 ID:eVN
こんな屋根が流造。
no title

苔がきれいだね。
no title

147: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:33:34 ID:eVN
朱塗りの門と紅葉も美しいです。
糺の森のもみじは自生していた種類のため、紅葉が他の地域よりだいぶ遅いのだそうだ。
no title

紅葉の赤もいいけど南天の赤もいいね。
no title

148: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:36:25 ID:eVN
下賀茂神社でも何やら式年遷宮に合わせて特別展示が(0円)
no title

入ってみると干支ごとの摂社でした。
no title

149: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:39:30 ID:eVN
休憩所で縁結びぜんざいをいただいた。
良縁がありますように。そして相席したカップルは2人でこれを半分こするのをやめろ。
no title

150: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:42:46 ID:eVN
糺の森を散策しつつ紅葉を撮影。
グラデーションもきれいだね。
no title

no title

151: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:45:05 ID:eVN
小川と紅葉のありきたりな構図だけど撮りたくなっちゃう。
no title

no title

152: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:48:15 ID:eVN
糺の森の下の方にある河合神社へ。
そこそこの神社だけれど下賀茂神社の摂社に当たり、祀られている玉依媛命は女性の守護神である。
女性のパワースポットとして有名なんだそうで、美人祈願の参拝客が後を絶たない。
ここの絵馬はちょっと変わっていて、手鏡の形をした絵馬に自分の化粧品で化粧を施して願いを書く。
no title

no title

153: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:48:51 ID:eVN
境内にある六社。
こんな風にいっしょくたに祀られても神様は怒らないのかね。
no title

154: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:51:45 ID:eVN
続いて上御霊神社へ。
正式名は御霊神社なのだが、下御霊神社のせいで上をつけて呼ばれることが多い。
崇道天皇等を主に祀っていて、疫病が流行した際にその祟りを起こしている御霊を鎮めるために
建てられたのがこの神社であり、ご利益は厄除けである。
no title

no title

155: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:54:59 ID:eVN
次にその名前に惹かれて幸神社(さいのかみのやしろ)へ。
小さな神社だけれど縁結びのパワースポットらしい。
この神社は御所の鬼門猿が辻にあり、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)を祀っている。
no title

no title

156: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)23:58:36 ID:eVN
日もだいぶ傾いてきたけど吉田神社に到着。
導き厄除け開運の御利益があり、都の鬼門にあるため節分のお祭りで有名。
ここにも日月柱があるけどここは月が左で日が右だね。
小さな山に社が点在しているのがこの神社の特徴なんだけれど、時間が無いので本宮を参拝しておしまい。
no title

no title

紅葉はいいね。
no title

157: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:01:11 ID:KEL
次に向かったのは岡崎神社。
ここに祀られているのは有名な速素盞鳴尊(すさのをのみこと)奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
であり、以前この地域にたくさん生息していたウサギが神使として境内の至る所にあるのが特徴である。
no title

no title

158: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:03:12 ID:KEL
狛兎。目が怖いよ。
ウサギは子だくさんなことから安産・子授けの御利益を求めて参拝する人が多い。
no title

no title

159: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:06:44 ID:KEL

続いて熊野神社。
ここに来る途中辰巳稲荷神社を見かけたけど泣く泣くスルー。
権現さんの名で親しまれる熊野神社は京都十六社の一つであり、夫婦神である伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀っていることから、縁結び・安産の御利益がある。
変わったところではサッカーお守りなんかも売ってたりする。
no title

no title

160: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:07:30 ID:KEL
小さな境内にはいくつかの摂社が。
no title

162: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:10:18 ID:KEL
さあついに初日のトリ、言わずと知れた平安神宮です。
日没前に来たかったけれど参拝できたのでセーフ。
境内がほんとでかい。
平安神宮は100年と少し前に遷都後の平安京を再現するために作られた比較的新しいもの。
桓武・孝明天皇が祀られている。
no title

no title

163: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:12:21 ID:KEL
境内には日本自生種の蜜柑である橘の木が植わっている。
no title

165: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:14:52 ID:KEL
これで1日目に回る神社は終了!の予定だったんですが、宿に荷物を置いて先斗町に出かけるまでに時間があったため
少し足を延ばして四条通に沿って伸びる錦市場の突き当りにある錦天満宮へ。
ちなみに宿はバックパッカーが主に利用するゲストハウス。
宿泊客は9割が外国の方だった。

166: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:17:05 ID:KEL
錦天満宮はもともと菅原道真の生家に作られた道真公を祀る神社だったのだが、寺に名前を改めたのち
再び天満宮になり豊臣秀吉により寺の跡地に移されるというなんともな歴史を持っている。
アーケードのど真ん中に煌々と提灯がともっているのは不思議な光景で、この神社の中から見える夜空は
そこだけ昔の風景が残っているような感じだった。
no title

no title

167: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:20:08 ID:KEL
そして夜の先斗町へ。
狭い道の左右の店は全て料亭やら居酒屋やら。
道には様々な国籍の観光客から地元の学生まで、おいしいつまみと酒を求める幅広い層の人々で賑わっています。
no title

168: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:21:02 ID:KEL
1件目は宿の人に勧められたお寿司屋さんへ。
今日の一押しだというはまちがめちゃくちゃおいしかったです。
no title

no title

172: ポンコツ針金おかわりだ◆PONPONqAns 2014/12/12(金)00:27:31 ID:WwX
>>168
すしてつか(´・ω・`)くるなら言ってくれよ
おごられに行ったのに(´・ω・`)

174: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:31:17 ID:KEL
>>172
よく分かったな
あそこ一貫百円だしうまかったわ
おごらんけどww

177: ポンコツ針金おかわりだ◆PONPONqAns 2014/12/12(金)00:33:25 ID:WwX
>>174
ちえ(´・ω・`)
西、南の方は行ってないのかお(´・ω・`)?

181: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:40:31 ID:KEL
>>177
二日間の弾丸ツアーだったから神社の少ない西と南は行く余裕なかったんだ

169: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)00:23:12 ID:KEL
続いてこれまた宿の人に勧められた木屋町通りにある焼き鳥屋さんへ。
焼き鳥も手羽のから揚げもうまかった。
no title

そんな感じで宿に帰ってシャワーを浴びて1日目は終了。
次:恵比須神社・京都霊山護国神社・東福寺・伏見稲荷 等

引用元: ・京都の神社を30社以上巡ってきたから写真うp