誰得なニュースですが、個人的にツボだったので紹介。
カザフスタンの田舎では、最近、自分達の土地を守るために番犬ならぬ番狼を飼うのが流行っているそうです。

33



 

・お値段、5万円程で子オオカミが買えるらしい
現地のハンターたちによると「しっかりと育てれば、野生動物も飼いならすことは可能だ」と言い張っているようです。

3年程前にオオカミを買った男性によると、今では彼の番狼は家の庭を楽しそうに走り回っているとのこと。



・「めったに鎖につないだりはしない」
彼は、オオカミを飼うにあたって、噛まないようにするための口輪はつけたこともなく、また鎖につなぐこともめったにないのだと言います。

そして、オオカミをつれて村を散歩するのが毎日の日課のようです。

「十分な餌を与えて、飼いならされている犬は人を攻撃することはないよ。ただ、犬より食べる量が多いけどね。

しっかりと飼いならしているから、散歩に連れて行っても家族や近所の人たちも全く怖がっていないよ」
と彼は主張しています。

45




・ただ、動画を見る限り全く飼いならせていないような・・・。

▼40秒らへんから


めっちゃ飛びかかろうとしているように見えるのは気のせいなのでしょうか・・・。

犬の場合でも、飼い主が「うちの犬は人を噛んだこと一度もないよ」って言ってるくせに噛むケースとかありまくりですからね。

カメラの撮影に驚いているのかも分かりませんが、このオオカミ、全然落ち着きがないですよね。



ちなみにオオカミの専門家によると、この流行はいつか命に関わる危険な事故を引き起こす可能性が高いとし、非難しているようです。
(まあ、専門家に言われなくても、皆わかってるとおもうけど)


via BBCYou tube