たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    2014年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    一人旅に最適な国はニュージーランド、米旅行誌
     
    55
    記事によると
     ・米旅行誌「トラベル+レジャー」編集部が安全性や幸福感などの要素から「一人旅に最適な国」トップ10を発表。

    ■トラベル+レジャーによる「一人旅に適した国」トップ10は以下の通り。

    1位  ニュージーランド
     8237971913_bdf483eae2_z
    ミルフォード・サウンド (photo credit)


    2位 ノルウェー
     6288098791_8a4e6350a9_z
    トロムソ (photo credit)


    3位 スイス
     3322607711_505e767b28_z
    マッターホルン (photo credit)


    4位 コスタリカ
    673029449_b72d43a153_z
    アレナル火山 (photo credit)

    5位 オーストリア
    640px-Salzburg_-_Panorama_(nachts)2
    ザルツブルク (photo credit)

    【「一人旅に最適な国ランキング」が発表される・・・日本の順位は??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 1◆dRwnnMDWyQ 2014/09/20(土)16:33:34 ID:pZlv5Jgbp
    何もかもやる気がしねーよ
    現実逃避のため、前に旅行したシンガポール・マレーシア(クアラルンプール)・ベトナム(ホーチミン、ホイアン、ダナン)で食ったメシの写真貼ってく

    始まりはトランジットの台湾から

    ゲート内でビールとワンタンメン
    麺がぐずぐずで正直あんまりうまくなかった

    no title

    no title

    【仕事やる気が全く起きないから東南アジアのメシの写真貼ってく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日)11:05:52 ID:GGER0epwR
    ので、うpしていく

    【伊豆半島一周ツーリングしてきた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
    part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
    part3  各地で生まれる地方政権
    part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
    part5  オスマン帝国のはじまり
    part6  ヨーロッパの反撃
    part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
    part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
    part9  アジアを狙う欧州諸国
    part10 ナポレオンの東方遠征
    part11 エジプトのムハンマド・アリー
    part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機
    part13 中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり
    part15 アフガーニーの説くイスラーム復興
    part16 存在感を増す新興国たち
    part17 第一次世界大戦とオスマン帝国の滅亡
    part18 イギリスの三枚舌外交
    part19 イランと石油の世紀
    part20 英領インド帝国の誕生〜インドの独立
    part21 イスラエルの独立宣言
    part22 第一次世界大戦後のエジプトと中東戦争
    part23 イラン革命とシーア派
    part24 イスラム革命後のアフガニスタンと諸国の思惑

    イラン・イラク戦争の終結


    690:  2014/09/07(日)22:41:17 ID:jJBkNqp3v
    イランとイラクの動向に話を戻してみる。

    ホメイニ率いるイラン・イスラーム共和国は、当初は東西冷戦のどちらの陣営にも与せず、イラン国内で「法学者の統治」を貫徹していくことだけを目指していたらしい。

    ホメイニによれば「アメリカ逝ってよし、ソ連も逝ってよし」とのこと。

    しかし、アメリカ大使館占拠事件やイラン・イラク戦争など、激動する政治状況のなかでイランはむしろ、積極的にイスラーム革命の理念を「輸出」していくことにした。


    ホメイニによれば、そもそもナショナリズムなんていうのは西欧の異教徒どもがイスラーム世界を分断するために捏ね上げたもので、ムスリムは国境なんぞにとらわれず、

    全イスラーム世界でイスラーム法が施行される理想の社会を実現すべきだというのである。

    要するに「万国のムスリムよ、団結せよ!」ということか。

    イラン政府は「革命委員会」なるものを組織して各国のイスラーム復興運動を煽り立てたり、諸外国の大使館を拠点にイスラーム革命の宣伝を行ったりした。


    その結果として、イラン革命から1年も経たないうちにサウジアラビアでアル・ハラム・モスク占拠事件が起こり、カディーフの町ではシーア派の大暴動が発生した。


    イラクでは第二次世界大戦以来、スンナ派に抑圧されてきたシーア派信徒がナジャフの最高位法学者バーキル・サドルのもとで「ダアワ党」として纏まりはじめていたが、

    ダアワ党とイランの結びつきを恐れたイラク大統領サダム・フセインは、バーキル・サドルを処刑し、ダアワ党を弾圧した。

    聖地ナジャフの最高位法学者が処刑されたことはイスラーム世界に激甚な衝撃を与えた。

    ダアワ党の残党はテヘランに逃れ、イラン政府に協力してイラク軍と戦うことになる。


    1981年にはペルシア湾岸の小国バーレーンでシーア派組織による政府転覆計画が発覚。

    1983年にはクウェートでダアワ党の煽動による爆破テロが頻発。

    さらに、レバノンでイスラエルの侵入に対抗して生まれたシーア派民兵組織、ヒズブラもイランの影響下に入る。


    そんな風にイランはスンナ派諸国に揺さぶりをかけるとともに、イスラーム革命を連鎖発生させようと頑張ったのだが、

    当然ながら周辺のスンナ派諸国、そして欧米諸国もイランを重大な脅威と見なして袋叩きにした。

      【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part25 【イラン・イラク戦争の終結と湾岸戦争】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    中国の恐ろしい「針穴カニ」
    no title

    記事によると
    ・重慶、青島、南通、蘇州など各地で、市民が買ったカニの多くに針穴があいているという

    ・報道によると、この「針穴カニ」は悪徳業者がカニの重量増加と鮮度を保つために、生きているカニの腹部や脚に水や興奮剤を注入したものだという

    ・"良心的な業界関係者"の情報によると、「針穴カニ」は今年に始まったものではなく、市場では「針穴カニ」ではないカニを探すほうが困難だとか
     
    画像や詳細はソースで読んでね!
    http://www.epochtimes.jp/jp/2014/09/html/d14093.html 
    以下、このニュースに対する2chの反応 【中国の食品偽装、今度は「針穴カニ」が話題になるwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    svg

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ■都心に「ソ連領」…ロシア大使館など一等地に
    39
    記事によると
    ・1991年に崩壊したソビエト連邦(ソ連)が、今も東京都心の一等地に大使館や事務所を持っている。

    ・ロシアへの所有権移転を旧ソ連2番目の大国だったウクライナが反対し続けたため

    ・多くの国は旧ソ連名義の資産のロシアへの移転を認めたが、日本は「両国の合意を待つ」姿勢

    ・東京タワーのそばにあるロシア大使館の1万325平方メートルの広大な敷地は、ソ連が1927年12月に購入し、今も登記上の所有権は「ソヴイエト社会主義共和国連邦」のまま
     
    詳しくはソースで読んでね!
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20140920-OYT1T50058.html?from=ytop_main1 
    このニュースに対する2chの反応 【東京都内にソビエト連邦の領土が未だに存在することが判明wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ■西鉄、西鉄グランドホテル45周年記念で「至高の1万円カレー」販売
    05
    記事によると
    ・西日本鉄道は西鉄グランドホテル(福岡市中央区)の開業45周年を記念し、10月31日までの限定で「至高の1万円カレー=写真」を販売。

    ・主要具材は岡山県産「千屋(ちや)牛」、30センチメートルサイズの大分県佐伯産クルマエビ、カナダ産オマールの三つから選べる。

    ・1日10食提供し、客の目の前でシェフが生から調理する。

    ・大分県佐伯のミネラルウオーター「一万年の雫」を使ってコメを炊いたり、だしを取るなど、すべての食材を吟味したとのこと。

    詳細はソースで読んでね!
     http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1120140919hmag.html
    以下、2chの反応 【1日10食限定、1万円の超高級カレーが西鉄グランドホテルで販売される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (´,,・ω・,,`)原付隊長@マグナ紳士 2014/09/19(金)22:14:55 ID:r4pEMsj6N
    (´,,・ω・,,`)三浦半島に行ってきたんだよ

    no title

    相棒のエンジンは今日もビンビンだぜ

    三浦半島
    神奈川県南東部にある半島

    640px-Miura_peninsula
    wikipedia

    【葛飾から原付で三浦半島へ行ってきた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
    part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
    part3  各地で生まれる地方政権
    part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
    part5  オスマン帝国のはじまり
    part6  ヨーロッパの反撃
    part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
    part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
    part9  アジアを狙う欧州諸国
    part10 ナポレオンの東方遠征
    part11 エジプトのムハンマド・アリー
    part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機
    part13 中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり
    part15 アフガーニーの説くイスラーム復興
    part16 存在感を増す新興国たち
    part17 第一次世界大戦とオスマン帝国の滅亡
    part18 イギリスの三枚舌外交
    part19 イランと石油の世紀
    part20 英領インド帝国の誕生〜インドの独立
    part21 イスラエルの独立宣言
    part22 第一次世界大戦後のエジプトと中東戦争
    part23 イラン革命とシーア派

    ソ連のアフガン侵攻


    658:  2014/09/04(木)22:15:48 ID:NvraU2rV4
    イラン革命をきっかけとして、にわかに始まった「第二次イスラーム復興運動」。
    これにもっとも脅えたのは意外にもソビエト連邦だった。


    なぜかというと、おおむねロマノフ朝ロシア帝国の版図を引き継いだソビエト連邦は、実は世界で最も多くのムスリムを擁する国家のひとつだったのだ。

    ロシアが19世紀に征服した中央アジア、カフカス、クリミア半島、そしてモスクワからも遠くないヴォルガ中流域。

    ロシア革命後、「宗教は人民の阿片なり」とのスローガンのもと、イスラームは徹底して貶められ抑圧され、スターリンの独裁時代にはクリミア・タタール人などの不穏分子が東方へ強制移住を強いられた。

    だが、そんな抑え込みをすればするほどに、南部や東部のムスリムたちのあいだにソビエト支配への反感が募っていることは想像に難くない。

    あるいは、あまりにイスラームを抑圧しすぎたがゆえに、かえってイスラームという宗教がソビエトに支配されるアジア系諸民族のあいだで独立の旗印として利用される恐れすらも芽生える。


    だからイラクのサダム・フセインがイランに侵攻すると、ソビエト連邦はどこよりも熱心にイラクを支援した。

    しかし、それでもまだ不安だ。
    西側だけではない。東側からもイランを封じ込めなければ。

    そこでソ連はアフガニスタンに目を向けた。

      【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part24 【イスラム革命後のアフガニスタンと諸国の思惑】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ■日本の美術館・博物館の人気1位は広島平和記念資料館、アジア・世界1位は?
    33
    記事によると
    ・旅行サイト「トリップアドバイザー」が世界中の旅行者の口コミ評価をもとに、「世界の人気観光スポット2014 ~博物館・美術館編~」を発表。

    ・ アジアの博物館・美術館では、中国・西安の「秦始皇兵馬俑博物館」が1位となった。口コミでは、「西安で必ず訪れるべき。ここは中国の長い歴史や文化を伝える重要な観光スポット」などのコメントが寄せられ、雄大な歴史に触れられる点が人気を博していることがうかがえる。

    ・世界の博物館・美術館では、広大な敷地を誇り、ゴッホ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴーギャンなど多数の有名絵画を一度に鑑賞できる、アメリカの「シカゴ美術館」が1位となった。

    詳細はソースで読んでね!
    http://news.mynavi.jp/news/2014/09/18/287/ 

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    秦始皇帝陵及び兵馬俑
    640px-Xian_museum

    秦の始皇帝は中国史初の皇帝であったが、その強大な力を利用し大きな陵墓を建てた(人形を作り埋葬したのは二代皇帝胡亥という説もある)。これが秦始皇帝陵である。

    1974年に地元の住民により発見された。

    また兵馬俑坑は、この陵を取り巻くように配置されており、その規模は2万m2余におよぶ、きわめて大きなもので、3つの俑坑には戦車が100余台、陶馬が600体、武士俑は成人男性の等身大で8000体ちかくあり、みな東を向いている。
    wikipedia

    【世界の博物館・美術館ランキングが発表!日本の人気1位は広島平和記念資料館。アジア・世界1位は・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ