たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    いきもの

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    「ごんぎつね 」や「手袋を買いに」等の国語の教科書に載るような文学、「かいけつゾロリ」や「NARUTOの九尾の狐」等々、キツネをモチーフにしたキャラクターって結構あると思うのですが本物を見る機会ってあまりありませんよね。

    管理人的にはキツネってあまり可愛いというイメージが無かったのですが、犬と猫のツートップに迫る勢いのあるポテンシャルがあるようなので今回紹介していきたいと思います!


    1、フェネック


    5964400251_8dd37a206a_z
    photo credit

    北アフリカやアラビア半島で見られる大きな耳介を持った小さなキツネ。
    イヌ科最小の動物で1.5kg以下しかありません。

    体毛は砂色となっていて、砂漠での保護色となっています。


    5258821282_4ca1858c24_z
    photo credit
     
    9163009503_e805437ab6_z
    photo credit  【キツネってすごく可愛いんだぜ!世界の美しいキツネ6種類をご紹介】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)12:47:10 ID:GPw
    だいたい2、3枚ずつ貼っていく

    【神戸花鳥園(神戸どうぶつ王国)で撮った写真を放出する】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    中国で発見された巨大ニシキエビが1130万円で売却!→一攫千金を求める猟師が急増
     
    記事によると
    ・浙江省に住む猟師が体長約1m、重量3kgの大きさのニシキエビの捕獲に成功

    ・売買交渉が持ちかけられ、60万元(約1130万円)もの驚くべき高値で売却されたという

    ・ほかにもこのような巨大エビが潜んでいるかもしれないと考えた現地住民の中には一攫千金を求めて海に繰り出す人が出始めているとのこと


    07cx7p

     詳細はソースで読んでね!
     http://news.aol.jp/2014/11/11/ebi/

    1002: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ニシキエビ
    イセエビ科に分類されるエビの1種。イセエビ属の最大種で、食用や観賞用として重要な種類である。

    成体の体長は50cmほどだが、体長60cm・体重5kgに達する個体も稀に漁獲される。

    アフリカ東岸からポリネシアまで、西太平洋とインド洋の熱帯域に広く分布する。日本でも神奈川県、長崎県以南の各地で記録されているが、九州以北の採集記録は稀で、南西諸島や伊豆諸島、小笠原諸島でも個体数が少ない。
    wikipedia 

    【中国で体長約1mの巨大ニシキエビが捕獲→1130万円で売却】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ELL86_mosyamosyakapipara20131224500

      【バナナに紛れ込んでいるクモは安全?→調べてみた結果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    HIRA85_kamibukurokaraderesou500

    1: ラリホー ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2014/11/07(金) 11:51:08.65 ID:???0.net
    ■ 1.アルコール、炭酸飲料、コーヒー、ミルク(大人の猫)
    人間だって、毎日摂取している飲み物の大半は飲まない方が良いものがあるのだから、ペットだって同様だ。

    ■ 2.アボカド
    アボカドには、小動物が摂取すると、嘔吐や下痢、心臓のうっ血を引き起こすペルシンという毒素が含まれている。

    ■ 3.たまねぎ、ニンニク
    特に猫にとっては、貧血や赤血球の損傷を引き起こす場合があるという。

    ■ 4.ブドウ
    ブドウは犬にとっては良くない食べ物とされている。ブ

    ■ 5.マカダミアナッツ
    そこまで神経質になるほどではないが、継続的に長期間与えていると犬の健康に影響を与えることがある。

    ■ 6.調理した骨や脂
     犬と骨は切ってもきれない関係にあるが、人間が食べた後のスペアリブなんかの骨にのこった脂は、
    熱が通っていない可能性があり、殺菌されていないので、犬に膵臓炎をひき起こす場合がある。

    ■ 7.軸つきトウモロコシ
    トウモロコシが悪いというわけではなく軸つきのものが良くないという。
    この部分は消化しにくいため、ペットの短い腸の中に留まって、腸閉塞を引き起こす可能性があるという。

    ■ 8.チョコレート
    これは犬にとっては危険な食べ物である。
    カフェインは犬の健康には決して良くないし、チョコレートにはテオブロミンという毒素が含まれていて、
    嘔吐や下痢、心臓や神経系に致命的なダメージを与えることが知られている。ダークチョコレートになるほど有害度が増す。

    http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52176986.html

    【飼い犬、飼い猫の健康に良くないとされる8つの人間の食べ物】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    U473P4T8D6747372F107DT20141103194540

    【ペンギンロボットがペンギンの群れに紛れこむことに成功!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6201369599_261da5ef34_z

    1: 依頼@白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/11/03(月) 00:49:33.69 ID:???.net
    米ニューヨーク市で新種のカエル発見、大都市での生息に驚き
    2014.11.01 Sat posted at 16:52 JST

    (CNN)
    米ラトガース大学の調査研究チームは1日までに、米ニューヨーク市のスタテン島の湿地帯で新種の「大西洋岸ヒョウガエル」を発見したと報告した。

    人口が密集する大都市ニューヨークに隠れ住んでいた事実に驚いている。

    調査結果は科学研究の関連誌「PLOS One」に発表された。

    今回の発見は1937年に、スタテン島の動物園責任者のカール・カウフェルド氏が論文で示した主張を追認するもの。

    カウフェルド氏の新説は当時、証拠が足りないなどとして退けられていた。


    同大の調査チームは6年前、カウフェルド氏の主張の真偽を調べる作業を開始。

    最新技術を使って遺伝的特徴や交尾期の鳴き声などを分析し、新たに見付かったカエルはコネティカット州からノースカロライナ州までの米北東部に生息する、種類が極めて近似した2種とは別であることを突き止めた。

    新種が見付かった湿地帯は、ニューヨーク港に近く、「自由の女神」像からも遠くないという。

    今回の調査報告書の作成を主導した研究者は新種発見について、カウフェルド氏の時代にはなかった遺伝学的な検査方法や生体音解析の方法の恩恵が大きいと指摘。

    体などは他の2種と似ているが、全く別種の個体であることが判明したと説明した。


    調査チームは、カウフェルド氏の業績を尊重し、新種の学名を同氏の名前にちなみ、「Rana Kauffeldi」と命名した。

    ニューヨークと言えば摩天楼が代名詞のようになっているが、実際は多種多様な動物が生息する側面もある。

    例えば、広さ約3.4平方キロのセントラルパークにはアライグマ、有袋類、様々な渡り鳥やムカデの珍種まで住み着いている。

    __________

    ▽記事引用元
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35056006.html
    CNN.co.jp(http://www.cnn.co.jp/)2014.11.01 Sat posted at 16:52 JST

    ▽関連リンク
    PLOS One
    Cryptic Diversity in Metropolis: Confirmation of a New Leopard Frog Species (Anura: Ranidae) from New York City and Surrounding Atlantic Coast Regions
    http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0108213

    【米ニューヨーク市の大都会で新種カエルが発見される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    640px-Yellow-bellied_Slider

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    アカミミガメ大量繁殖に一石 カメ肉カレー考案 
    http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201410/0007463559.shtml

    記事によると
    ・「明石市ミシシッピアカミミガメ対策協議会」に加入するNPO法人ぴ~す(兵庫県明石市)が、カメの肉を活用したカレーを考案

    ・ 外来種のアカミミガメ(ミドリガメ)は同市内の河川やため池で大量繁殖し、在来の動植物に深刻な影響を与えているため、殺処分以外の駆除について模索している中で考案された

    ・試食会では、専門家の指導を受け、捕獲したカメを肉だけの状態にして冷凍し、ボイルした後、味付けにニンニクパウダーとカレーパウダーをまぶして油で炒めた。

    ・赤米の入ったご飯とカレーの上に載せ、親子連れら約30人に食べてもらったところ、「少し硬い鶏肉か牛のハラミみたい」「カメ肉と聞かなければ分からない。臭みもない」などの感想が寄せられた。

    ・同法人の緒方信也理事長は「意外に好評なので驚いたが、手間がかかり過ぎて高級食材並みのコストがかかるので実用的ではない」と分析する。
    【兵庫県でカメ肉カレー考案が考案される・・・「少し硬い鶏肉か牛のハラミみたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/10/29(水) 20:03:13.51 ID:???0.net
    [ワシントン 28日 ロイター]
    米科学誌プロスワンに掲載された調査結果によると、ガラパゴス諸島エスパニョラ島のゾウガメが、絶滅の危機を脱した。

    約50年前にはわずか15頭に減少していたが、現在は約1000頭にまで増え、人が手を貸さなくても自力で存続が可能となったという。

    調査を率いたニューヨーク州立大学環境科学・森林学部のジェームズ・ギブズ教授は、エスパニョラ島に人間が到達する前は、5000─1万頭いたとみられると述べた。

    カメの個体数は、1960年代にエスパニョラ島で発見された14頭を捕獲し、米カリフォルニア州サンディエゴの動物園にいた1頭とともに、繁殖プログラムを通じて回復させた。カメはその後島に戻された。

    一方、ピンタ島で発見された近縁種のカメは繁殖がうまくいかず、2012年にこの種で最後の個体となった「ロンサム・ジョージ」が死んでいる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9411112/ 
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ガラパゴスゾウガメ
    640px-Galapagos_Geochelone_nigra_porteri
    エクアドル(ガラパゴス諸島)固有種。

    なお、「ガラパゴス諸島」の名は、当初発見されたゾウガメの甲羅が馬の鞍に似ていたことから、スペイン語で馬の鞍を意味する galápago に由来する。 

    他のガラパゴス諸島の生物と同様に天敵が存在しなかったことから人間を警戒せず、捕鯨船の食用や燃料の油として大量に捕獲され、また家畜の移入で草木が減り生息地が破壊され、一時絶滅の危機に瀕した。
    wikipedia

    【絶滅危機だったガラパゴスのゾウガメ、15頭→1000頭に増加。自力で存続が可能に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    640px-Salmon_(breeding_color)

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    サケが小さいのは飢えた古代人のせい?

    記事によると
    ・スペイン北部の洞窟で発掘された先史時代の魚料理から、タイセイヨウサケやブラウントラウトがこの2万年で大幅に小さくなっていることがわかった。両者を平均すると、最大2.2キロから約0.4キロまで変化している。

    ・石器時代の漁師たちは大きな魚ばかりを狙っていたのではないかと、研究チームは推測している。

    ・漁師たちが大きい魚を選んで捕まえた結果、小さい魚ばかりが生き残って繁殖し、その遺伝子が受け継がれ、サケやマスが小型化したと考えられる。 

    詳しくはソースで読んでね!
     http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141023004&expand

    【サケが小さいのは飢えた古代人のせい? この2万年で大幅に小さくなったことが判明】の続きを読む

    このページのトップヘ