たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    関東地方

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木)21:30:14 ID:pVg
    なんとなく思いついたので乗れるだけ乗ってみた

    【関東のJR特急に乗りまくってきたから写真うpする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    東京都文京区にある日本サッカー協会のビル(通称JFAハウス)の1階と地下は日本サッカーミュージアムとして展示施設となっているのはご存知でしょうか。
    噂には聞いてはいたのですが、なかなか行く機会がなかったので、この度、仕事が休みだったので行ってきました。



    東京メトロ湯島駅より5分程歩くと・・・



    そろそろ、左折すると目的の「日本サッカーミュージアム」のある通りになると思いきや、ダイレクトな名前の通りでした。
    IMG_0769



    サッカー通りとは言うものの、いたって普通の道路です。
    IMG_0766



    【日本サッカーミュージアムへ行ってきた!サッカー好きにはおすすめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4976151075_8513d669a3_z

    1: Anubis ★@\(^o^)/ 2014/11/15(土) 20:50:54.72 ID:???0.net
    アメ横センタービル地下がアジアンカオスになった経緯とは
    2014年11月15日 7時0分 NEWSポストセブン

    東京都台東区のJR御徒町駅と上野駅間の山手線高架橋沿いにのびるアメヤ横町。

    戦後、闇市として発展し、現在では海産物や乾物などの食品から衣類、雑貨、宝石店などが軒を連ねる日本有数の商店街の中心、アメ横センタービルの地下がこんなことになっているなんて、みなさんご存じでしたでしょうか?


    食品街があるのは上野駅側から商店街に入り、「上中」と書かれた上野中通り商店街と分岐するY字路に建つ「アメ横センタービル」。地下へと下る階段を見下ろすと、踊り場にはタイの水上市場の大きな写真が。

    そしていざ地下へと下りると、日本人の姿はほとんどなく、東南アジアのお客さんが大勢いるんです。

    鶏の頭や爪などのほかにもカエルの肉や羽化直前のゆで卵、強烈なにおいを放つ「臭腐乳」などの食材もありました。

    日本であることを忘れるほどのアジアンカオス。

    たくさんのお客さんが来るのも納得できます。


    アメ横センタービルがオープンしたのは1983年1月のこと。防災上の観点からバラック風の店舗では長く続けられないという意見から建設されたが、「安売りの街・アメ横に近代ビルは似合わない」という批判を浴び、客足はまばらだったとか。

    それでも、通りの店に負けない品揃えを目指し、次第に地下食品街は賑わうように。

    だが、月日が経って後継者問題に悩まされ日本人が経営する店舗は少なくなっていったんだそうです。

    そんななか、もともと上野にはアジア系の外国人が多く暮らしていたこともあり、1軒、また1軒と増えていき、数年前には現在のような状況になったのです。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9470708/

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    アメヤ横丁
    東京都台東区のJR東日本・御徒町駅 - 上野駅間の山手線の高架橋西側と高架下に沿った長に伸びる商店街。

    戦後、闇市となって様々な物品が売られ、特に飴を売り捌く店が当時200軒以上あった。

    またアメリカ進駐軍の放出物資を売る店も多かったことから「アメヤ横丁」と呼ばれ、さらに「アメ横」と略称されることが多くなった。

    現在でも、アメヤ横丁問屋街には、飴などの菓子類を売る店がある。
    wikipedia

    【上野アメ横センタービル地下が東南アジアのようなカオス感らしい件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: さすらいの∧( &◆U3Go.xWAPujn 2014/11/10(月)15:47:36 ID:Up5tjzlfz
    ぼちぼち、あげてきやす

    清川村
    神奈川県の北部に位置する県内で唯一の村である。県内の市町村では最も人口が少ない。

    隣接する厚木市は旧愛甲郡だったことから関係が深く、宮ヶ瀬ダム建設によりその大部分が水没した宮ヶ瀬地区の住民の多くは、代替地として同市が整備した宮の里地区に移住している(宮の里は、宮ヶ瀬の民の里という意味合いを込めて命名された)。
    wikiedia 

    【【画像】清川村行ってきたから写真うpしてくっ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    1: ドラゴンスープレックス(アメリカ合衆国)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 21:22:18.77 ID:Zd7j3zVs0●.net BE:365215534-2BP(2000)
    知られざる「うどんの国」、埼玉を行く

    「うどん県」と言えば、讃岐うどんで知られる香川県だが、実は埼玉県もそれに引けを取らない「うどんの国」だ。

    埼玉県によると、埼玉のうどん生産量は香川県に次ぎ、47都道府県中2位。そば・うどん店の店舗数も全国2位を誇る。知られざる「うどんの国」を探った。

    ■味噌と野菜で食べ応え

    埼玉県のほぼ中央に位置し、荒川や入間川に囲まれた川島町は、独自の「うどん文化」を持つ。

    この地域で長らく受け継がれてきたうどんが「すったて」だ。

    味噌とキュウリ、ゴマ、ミョウガ、シソなどをすり鉢ですり合わせた冷たい汁にうどんを浸して食べる。

    ごまの「すりたて」の言葉がなまり、「すったて」になったと伝えられる。

    農作業の合間に、自宅の畑の野菜を使って手軽に食べられることから農家の間で親しまれてきた。

    現在、川島町内ですったてを販売する店は十数店ある。具材や味付けは店ごとに異なるが、具材にゴマ、キュウリ、タマネギ、ミョウガ、大葉と定番を用いる正統派のうどん店「味処 川勝」を訪れた。

    (中略)

    ■山田うどんはソウルフード

    うどんチェーンも愛着の対象となる。

    埼玉県内の主要道路を車で走ると、くるくる回転する黄色い看板に描かれた赤い「かかし」をしばしば目にする。

    山田食品産業(所沢市)が運営するうどんチェーン「山田うどん」だ。埼玉を中心に関東で約170店舗を展開し、素朴な味わいで根強いファンが多い。

    「埼玉県人のソウルフード」(フリーライターの北尾トロ氏)との評もあり、最近では、山田うどんを芸能人や文化人が「勝手連」的に応援する動きも広がる。

    (中略)

     「うどんの国 埼玉」の奥深さを知ると、首都圏のベッドタウンとしての表情とは異なる魅力が見えてくる。(森川直樹、加藤晶也、須賀恭平)

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB08H5L_U4A011C1000000/

    【埼玉「香川がうどん県なら埼玉は「うどんの国」だ!うどん生産量もうどん店の店舗数も全国2位だぞ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/19(日)21:13:35 ID:Y9VHR0GfL
    よろしく

    江の島
    神奈川県藤沢市にある湘南海岸から相模湾へと突き出た陸繋島。また、同島全体を指した地名。 

    江の島の地域猫
    1980年代頃から江の島では捨て猫が急増し、現在では至る所で多数の野良猫を見かけるようになった。

    猫好きな観光客や釣り人がエサを与えるなどしたため、ほとんどの猫は人を恐れない。

    島内の至る所で猫が無防備な姿でいるため、猫好きの人間もよく訪れる。

    一部でこれらの野良猫を観光資源ととらえて新たな江の島名物とする動きがある。

    餌場を作り猫に餌を与えたりする一方で、野良猫に避妊手術を行うための募金活動を行ったり、全島に犬・猫を捨てないよう訴える看板を掲示するなど、これ以上野良猫が増えないような対策も並行的に進められている。

    いわば島民一体になって野良猫の地域猫化を進めていると言えよう。 
    wikipedia 

    【江ノ島行ってきたから猫とか神社とか適当にはってく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    39


    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    皿も使わない「手づかみレストラン」は“究極のカジュアル業態”!?

     皿もフォークも使わず、シーフード料理を豪快に手づかみで食べるレストラン「DANCING CRAB (ダンシングクラブ)」が2014年4月にシンガポールでオープンし、人気を集めている。その日本第1号店「ダンシングクラブ新宿」が早くも10月10日にオープンした。

    (中略)

    同店の手づかみスタイルは米国ルイジアナ州発祥のもの。

    ルイジアナ州では昔からエビやカニ、貝類などを手づかみで食べる文化があり、辛いスパイスを効かせたケイジャン料理も親しまれていた。

    そこにフランスからの入植者の影響を受けた多国籍風のクレオール料理文化が加わってルイジアナスタイルが誕生。

    ボストン、サンフランシスコ、カリフォルニア、ハワイなど海沿いの街や海に囲まれた地域で大流行し、シーフード料理が好まれるシンガポールでも人気を集めている。

    つまり同店のスタイルは、ルイジアナ発、シンガポール経由で東京に上陸したわけだ。

    (中略)

    紙エプロンをつけ、ワクワクしながら待っていると、女性スタッフが大きな透明のビニール袋を抱えてーブルに来た。

    そして次の瞬間、そのビニール袋の口を持って逆さにし、口を開け、テーブルの中央に中の料理を直接“ぶちまけた”。


    言葉は悪いが、まさにそうとしか言いようのない置き方なのだ。あまりのショックに、思わず笑ってしまった。

     
    こういう提供のされ方も初めてなら、レストランで料理を手づかみで食べるのも初めて。

    最初は料理に触れるのもこわごわだったが、パンチの効いたスパイシーなソースがシーフードを引き立てていて、手づかみのほうがカニやエビの殻をむきやすいことから、次から次へと手が伸びる。

    しかし、そうした印象をメモしようにも、手が汚れていてペンが持てない。写真を撮ろうにも、カメラに触れられない。とにかく、食べ始めたらひたすら食べ続けるしかないのだ。

    (以下略)

    写真や詳細はソースで見てね!
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20141014/1060812/?ST=life

    【【!?】お皿もフォークもなし、テーブルにぶちまけ手づかみで食べるレストランが新宿にオープン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)11:02:14 ID:zJR366nE4
    JiTKRxa

    【江の島に海の幸を楽しみにきたよー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆ocjdc54eJY 2014/10/04(土)11:05:13 ID:fcVojb7F0
    以前、隅田川を下ったんで
    その逆なんだかなんだか。。。

    まぁ以前行かんかったとこも通るし(笑


    そんなワケでお台場海浜公園から
    スタートぅ(´・ω・`)ノシ
    no title

    no title

    no title

    【隅田川を上ってみるよ(´・ω・`)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: タイガードライバー(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 18:25:35.10 ID:Y2FXIUEC0.net BE:586999347-PLT(15000) ポイント特典
    ひよ子は福岡県発祥だと思っていた九州っ子の中には、進学や就職、旅行で訪れた東京都内の駅構内や空港に土産物として売られている ひよ子を発見して、ショックを受けた人もいるのではないだろうか?

    なんせ最近では、東京駅限定のひよ子まで出現しているらしいので、ここらで一度、ひよ子の生誕地をはっきりさせておくのがいいだろう。


    というわけで早速問い合わせたのは、明治30年(1897)創業の菓子舗「ひよ子本舗吉野堂」。

    福岡県内では知らない人はまずいない老舗で、各地のデパートやモールにも、かなりの確率で吉野堂の店舗を確認することができる。

    同社によると、同社二代目代表の石坂茂氏がひよこをかたどった菓子「ひよ子」を考案して発売を始めたのは大正元年(1912)のこと。

    チャレンジ精神にあふれていた石坂氏は、常々、大人にも子どもにも愛されるお菓子を作りたいと願っていたというが、ある夜、なんと夢の中に「ひよ子饅頭」が現れたのだとか。

    もちろん、なんの脈絡もなく浮かんだというわけではなく、石坂氏のふるさとである福岡県飯塚市が、養鶏が盛んだったという背景も関連しているのだろう。

    それにしても、そのイメージをそのまま形にしてしまうとは恐れ入る。


    オリンピックに触発、そして東京へ

    その後、「ひよ子」は瞬く間に老若男女に愛されるお菓子に成長を遂げ、三代目の博和氏に経営をバトンタッチしたころには、現在の天神に店を構えるまでになる。

    そして、博多でも人気を博して九州名物にまで成長したひよ子を携え、ついに東京進出を果たしたのが昭和41年(1966)のこと。

    なんでも、昭和39年(1964)に開催された東京オリンピックが契機となり、東京を目指したいとの想いがむくむくと膨らみ、2年後の昭和41年に、東京駅八重洲地下街に東京1号店を出店したのだとか。

    やがて東北新幹線が開通すると、この店で売られるひよ子は「東京土産」として愛されるようになったというのだ。

    そんなこととはつゆ知らず、「ひよ子=東京土産」と認識している人も多いようで、「問い合わせも多くいただきますね」と吉野堂本舗企画課の高田桂さん。

    しかし、最近ではさまざまな媒体で紹介されていることもあり、次第に問い合わせ件数は減ってきているのだとか。
    http://news.mynavi.jp/articles/2014/10/13/hiyoko/

    【東京都民 「ひよこは東京土産でしょ」】の続きを読む

    このページのトップヘ