たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    アート

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    miniature-art-ali-alamedy-1

    新しい作品を世に生み出そうという情熱を持っている芸術家は、たとえ材料が不足していても止まることはありません。

    イラク人ミニチュアアーティストのアラメディ氏がミニチュアを作り始めた時もまさにそういった状況でした。
      【本物にしか見えない!イラク人ミニチュアアーティストの作品のクオリティがすごいと話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    GAK_arupakapunpun500


    モスクワ在住の写真家Anton CharushinさんがInstagramに投稿した写真のシリーズが面白かったので紹介します。

    旅先で記念撮影を撮る場合、多くの人は美しい景色を背景に自分を写すという形で撮るかと思います。
    しかし、段々と普通に記念写真を撮るというのも飽きてくるというのも人の常。

    Antonさんも例外ではなく、一般的な写真はつまらないと感じ、新たな試みを行ってみたようです。

    それはなんと、ありとあらゆる旅先で、「一点倒立」の写真を撮影をするという境地に辿りついた模様。
    正直、意味不明だけれども、すごい気がするので、以下、その画像の一部をご覧ください。
      【ロシア人「旅先での普通に記念撮影を撮るのはつまらない」→その結果が斜め上すぎるwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    アメリカの芸術家 Ra Paulette さんは10年にわたり毎日ニューメキシコ州の砂漠の中へ歩いて通っています。
    その目的は、砂質の岩石でできた台地を掘り洞窟を作るためです。


    carved-cave-101


    Pauletteさんは、自然と人間の精神の関係性を考えながら洞窟を掘っているといいます。

    森を一人で歩くという行為は、単なる普段の散歩よりも、自分を振り返ったりすることができ、内面的な巡礼のような効果があると彼は考えています。そして、この巨大な彼の作品の目的も、「精神的な再発見や自己啓発」の場を作ることです。

    洞窟の中は、ユニークなデザインですが、単なるおもしろ建築というわけではなく、どこか神聖な雰囲気が漂っています。

    洞窟が完成したら、芸術のイベントや自己発見の場として提供するつもりだそうです。
     
     
    【アメリカの芸術家が10年間掘り続けている洞窟が神殿のように神々しい件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    パリで史上最大規模の「北斎展」 700点以上展示 

    ・パリ中心部のフランス国立グランパレ美術館で史上最大規模の「葛飾北斎展」が10月1日から開催

     ・作品数は北斎の全生涯にわたる700点以上

    ・同美術館は「これだけの規模の北斎展は少なくとも日本以外ではこれが最後になるだろう」としている

    ・19世紀半ばに日本から輸出された陶器の梱包で詰め物に使われていた「北斎漫画」を当時の画家フェリックス・ブラックモンが偶然見たことからジャポニスムの火付け役となり、やがてモネら印象派へとつながっていった。

    ソース
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG2904R_Q4A930C1CR0000/ 

    1002: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    葛飾 北斎
    (宝暦10年9月23日(1760年10月31日)? - 嘉永2年4月18日(1849年5月10日))
    江戸時代後期の浮世絵師。化政文化を代表する一人。

    森羅万象を描き、生涯に3万点を超える作品を発表した。

    若い時から意欲的であり、版画のほか、肉筆浮世絵にも傑出していた。

    しかし、北斎の絵師としての地位は「富嶽三十六景」の発表により、不動のものとなっただけでなく、風景画にも新生面を開いた。

    北斎の業績は、浮世絵の中でまさに巨大な高峰であったが、達者な描写力、速筆は『北斎漫画』の中にも見ることが可能である。

    さらに、読本(よみほん)・挿絵芸術に新機軸を見出したことや、『北斎漫画』を始めとする絵本を多数発表したこと、毛筆による形態描出に敏腕を奮ったことなどは、絵画技術の普及や庶民教育にも益するところ大であった。

    葛飾派の祖となり、後には、フィンセント・ファン・ゴッホなどの印象派画壇の芸術家を始め、工芸家や音楽家にも影響を与えている

    シーボルト事件では摘発されそうになったが、川原慶賀が身代わりとなり、難を逃れている。

    ありとあらゆるものを描き尽くそうとした北斎は、晩年、銅版画やガラス絵も研究、試みたようである。また、油絵に対しても関心が強かったが、長いその生涯においても、遂に果たせなかった。

    1999年には、アメリカ合衆国の雑誌『ライフ』の企画「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で、日本人として唯一86位にランクインした。

    門人の数は極めて多く、孫弟子も含めて200人に近いといわれる。 

    640px-The_Great_Wave_off_Kanagawa
    『冨嶽三十六景』「神奈川沖浪裏」

    wikipedia 

    【パリのグランパレ美術館で史上最大規模の「葛飾北斎展」 700点以上展示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    322px-Mona_Lisa,_by_Leonardo_da_Vinci,_from_C2RMF_retouched

    1: わたしはダリ?名無しさん? 2011/11/01(火) 16:43:44.39 .net
    学芸員じゃないよ。

    【美術館で仕事してるけど質問ある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ■レオナルド・ダビンチ:「白貂を抱く貴婦人」2度大幅描きかえ 仏研究者、透過度の異なる光で解明
    50

    この記事によると
    ・レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「白貂(しろてん)を抱く貴婦人」が2度にわたりダビンチ自身の手で大幅に描きかえられ、当初はテンのいない女性だけの肖像画だった可能性が高いことことがフランスの光学研究者の研究で分かった。

    ・絵の上塗りを層ごとに分析する特殊なカメラを用いることにより、作品の制作過程が明らかに。

    ・表面に描かれたテンの下の層からやや小ぶりで写実的な別のテンの姿が浮かび上がった。

    ・さらにその下の層からは、貴婦人の右手がテンを抱かずに左手首に置かれている絵も見つかった。
     
    詳細や画像はソースで見てね!
    http://mainichi.jp/shimen/news/20140913ddm001030151000c.html?inb=ra

    1002: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    白貂を抱く貴婦人
    ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが1489年から1490年ごろにかけて描いた、ポーランドのクラクフのチャルトリスキ美術館所蔵の絵画。

    描かれている女性はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾だったチェチーリア・ガッレラーニであるといわれている。

    ダ・ヴィンチの作品で、一人の女性を描いた肖像画はわずかに4作品しか現存していない。

    パリのルーブル美術館所蔵の『モナ・リザ』、『ミラノの貴婦人の肖像 』、ワシントンのナショナル・ギャラリー所蔵の『ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像 (en:Ginevra de' Benci)』、そしてこの『白貂を抱く貴婦人』である。

     
    The_Lady_with_an_Ermine
    wikipedia
    以下、このニュースに対する2chの反応 【レオナルド・ダビンチ「白貂を抱く貴婦人」は貂を抱いてなかった!? 2度の大幅な描きかえが行われていたことが判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    The_Scream2
    ムンクの「叫び」
    photo credit 

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 16:10:24.01 ID:quVobS+ii
    価値が曖昧だから?

    【金持ちがやたら絵画を売買するのってなんで?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    パブロ・ピカソ(Pablo Picasso, 1881年10月25日 - 1973年4月8日)
    Pablo_picasso_1

    スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。

    ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られる。生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されている。 
     wikipedia


    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 04:16:01.07 ID:bmLjDiE80
    なんで高価なの?あんなの誰でも描けるよね?

    【ピカソの絵のどこがすごいの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/24(土)03:51:45 ID:9CrksI3wO
    興味がある奴がいればだけど。
    よく、こんなんゴミだろww俺でも描けるはwww的な話になる現代美術だけど、1がわかる範囲で説明したい。

    引用元: ・現代美術の価値についてちょっと語る

    【現代美術の価値についてちょっと語る】の続きを読む

    このページのトップヘ