svg
ベラルーシ国旗 

1: トラースキック(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 23:56:52.39 ID:Z5XWJXdK0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
IT大国ベラルーシ 最も人気の外国語は英語で2番目は日本語

みずから主催する経営者の勉強会「向研会」の研修旅行にバルト3国を訪れていた大前研一氏。続いて訪れた、美女の国としても知られるベラルーシのIT大国ぶりについて大前氏が報告する。

 * * *
北西にリトアニアとラトビア、東にロシア、南にウクライナ、西にポーランドと国境を接するベラルーシは、国土面積が約20万7600平方キロ(日本の半分強)、人口が約941万人(神奈川県より30万人ほど多い)で、民族構成はベラルーシ人が84%、ロシア人8%、ポーランド人3%、ウクライナ人2%など。


バルト3国と同じく旧ソ連から1991年に独立したが、EUとNATO(北大西洋条約機構)に加盟したバルト3国と異なり、ロシアやウクライナなどとCIS(独立国家共同体)を結成した。


この国は、日本人にとっては「最も遠い国」の一つだろう。なぜなら情報が少なくて馴染みがなく、ビザ(査証)の取得も非常に難しいからである。

ベラルーシの旅行会社が発行した請願書や招待状とベラルーシ保険団体の保険加入が必要なうえ、駐日ベラルーシ大使館にパスポートを1週間ほど預けなければならないのだ。

また、ビザがあっても車で国境を越える場合は入国審査に2時間ほどかかる。

(中略)

ただし、若い人たちは息苦しくて生活が苦しい自国の将来に見切りをつけ、さっさと海外に逃れたいと思っている。

そのためのパスポートは二つ。一つは「IT」、もう一つは「語学」だ。

語学の一番人気は、もちろん英語である。だからベラルーシの若者は英語が非常にうまくなっている。

二番人気は、なんと日本語だ。アニメなどから日本に関心を持って日本語を勉強している若者が多いのである。

私たちはベラルーシ国立大学で日本人の先生に日本語を学んでいる女子学生たちとも懇談したが、太宰治を研究していて『人間失格』をテーマに議論を始める学生もいて驚かされた。

※週刊ポスト2014年11月21日号
http://www.news-postseven.com/archives/20141115_286357.html

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
ベラルーシ
東ヨーロッパに位置する共和制国家。首都はミンスク。ソビエト連邦から独立した。国際連合にはウクライナと共に、ソ連時代からソ連とは別枠で加盟していた。

国名の由来
ルーシの人々は13世紀から16世紀にかけてモンゴルの支配を受けた。

その際、モンゴル人が中国から学んだ文化である「方角を色で呼ぶ方法(五行思想)」をルーシに持ち込んだため、赤ルーシ(南部ルーシすなわち現在のウクライナ西部)、白ルーシ(西部ルーシすなわち現在のベラルーシ)、黒ルーシ(北部ルーシすなわち現在のモスクワ周辺)という名称が生まれ、そのうちの白ルーシ(ベラルーシ)が国名として残った

wikipedia

【ベラルーシでは、日本語を学ぶ若者が英語の次に多いらしい】の続きを読む