Be_ookpCYAA5dj8
via twitter


アイルランドのアイベラ半島は“世界で最も綺麗な星空”の見える場所として認定されています。

世界の綺麗な星空を保護していくという活動をしている国際ダークスカイ協会という団体が金賞を与えました。

これは空の透明度や周りに光源がないかによってランク付けされるもので、2014年現在、金賞を受賞しているのは、ニュージーランド・テカポ湖『アオラキ・マッケンジー』、ナミビア・ナミブ砂漠『ナミブランド自然保護区』とここの3つのみです。

肉眼で見える星の数はなんと4000個にもなると言われ、まるで宇宙空間にいるかのような気分を味わえるそうです。
 
  【国際ダークスカイ協会が金賞に認定!世界一美しい星空を見ることができる「アイルランド・アイベラ半島」】の続きを読む