たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    エボラ出血熱

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    冗談で「エボラ」、乗客逮捕=航空機ごと隔離-アイルランド
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014110300131
     
    記事によると
    ・10月30日、アイルランド航空に乗っていたイタリア人男性(56)が、使い捨てのコーヒーカップのふたに「エボラ熱注意」と落書きし、それを見つけた客室係が当局に通報

    ・男性は逮捕され、翌日の裁判で「娘が頼んだコーヒーに口を付けてしまった。パパが先に飲んだと潔癖症の娘に伝えようと書き込んだだけだった」と弁明

    ・判決は「悪趣味な冗談だ」と批判し、ダブリンでホームレスを支援するカトリック系団体に2500ユーロ(約35万円)を寄付するよう命じた 

    【冗談でカップのふたに「エボラ注意」→逮捕、航空機ごと緊急隔離の大騒ぎになる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    640px-Flag_of_North_Korea


    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    北朝鮮、エボラ熱懸念で外国人観光客の入国を禁止

    記事によると
    ・西アフリカを中心に1万人近い感染者が出ているエボラウイルスを懸念して、北朝鮮が24日から外国人観光客の入国を禁止すると、複数の旅行代理店が23日、発表した。

    ・渡航禁止がビジネス関係者や政府当局者にも適用されるのかどうかは分かっていない。

    ・中国・北京を拠点とするコーリョー・ツアーズによると「つい先ほど平壌(Pyongyang)のパートナーから、北朝鮮がエボラウイルスの感染拡大の脅威のために明日から外国人観光客の受け入れを中止し、実質的に国境を閉鎖するとのニュースを受け取った」と語った。
     
    詳細はソースで読んでね
    http://www.afpbb.com/articles/-/3029776 

    【北朝鮮「エボラが怖いので観光客は入国禁止」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/10/16(木) 21:32:19.46 ID:???0.net
    おそらく史上最悪のハロウィン衣装でしょう。
    米国企業はハロウィン向け衣装として、「エボラ防護服セット」の販売を開始しました。

    エボラウイルスはすでに4,500人もの人名を奪っています。
    そしてこのメーカーはその「流行」をお金に換えています。

    悪趣味すぎる衣装は「今年最もウィルスである(スラングで拡散)ことを約束します。」と説明されています。

    価格は79.99ドルだとのこと。

    no title


    http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/ebola-contamination-suit-halloween-costume-4443529

    【【画像】まさに史上最悪のハロウィン衣装…アメリカで仮装用「エボラ防護服セット」が販売される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/08/05(火) 18:50:17.01 ID:???0.net
    致死率が極めて高い感染症・エボラ出血熱、今、西アフリカでの犠牲者の数が過去最悪になっています。
    医療関係者にも死者が出る中で、日本人の看護師が現地で治療に当たっていました。

    吉田照美さんは、国際医療NGO「国境なき医師団」から、今年6月から7月にかけて西アフリカのシエラレオネに派遣されました。
    患者の血液などから感染するエボラ出血熱にはワクチンや治療法がなく、対処療法をするしかありません。

    「治療法がないので、最初は『大丈夫ですよ』とか『私たちが治療する』とか言えないので、
    すごくつらいなと思っていた」(国境なき医師団 吉田照美さん)

    今年2月、ギニアで発生が確認されて以降、感染者は周辺国に拡大。これまでに、1603人が感染、
    もしくは感染の疑いがあり、うち半数以上の887人が死亡する過去最悪の規模になっています。

    吉田さんは、現地で治療を行う困難さを次のように語ります。
    「(防護服)で大量の汗をかいているので頭がぼーっとして疲労困ぱいしている状況。
    亡くなった方の体を洗い清め埋葬するという現地の伝統文化があり、それによって遺体に触れ、
    感染するということも多く報告されていた」(国境なき医師団 吉田照美さん)

    シエラレオネで先頭に立って治療にあたり、「国民の英雄」と称賛されていたカーン医師。
    「人々が私たちの忠告を聞きさえすれば、感染の連鎖を断ち切れるんです」(シーク・ウマル・カーン医師)
    カーン氏自らも感染。先月29日、亡くなりました。

    リベリアでも、アメリカの慈善団体から派遣されていた医師の感染が確認され、本国に送られました。

    「医療者自身が(感染を恐れ) 逃げてしまうことが(起きている)」(国境なき医師団 吉田照美さん)

    感染拡大を受けて、アメリカ政府は感染者が出た国への渡航控えるよう勧告。
    アフリカ進出が目覚ましく人の往来も多い中国も、警戒レベルを引き上げるなど、
    影響はアフリカ以外にも広がりつつあります。(05日17:24)

    ※引用元記事に動画あり
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2267244.html

    【エボラ出血熱、日本人看護師が語る最前線 「防護服で大量の汗をかき頭がぼーっとして疲労困ぱい」】の続きを読む

    このページのトップヘ