たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    オカルト

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ブルガリア政府、2015年のヴァンガの予言を公表

    記事によると
    ・ 先日の選挙で勝利したGERB党のボイコ・ボリソフ党首は、ブルガリア新政府はヴァンガの予言を全面公開すると発表。

    ・著名な預言者ヴァンガは生前数千の予言をなし、晩年はブルガリア国家安全保障委員会と緊密に協力し、全ての予言が「極秘」指定を受けていた。 

    ・ヴァンガの予言によれば、来年、米大統領が退任する。政治家を引退するだけでなく、あらゆる特典を失い、訴追を受ける可能性もある。

    ・ロシア大統領も任を解かれるという。「ロシアは斬頭される」とヴァンガ。しかしそれは悲劇ではなく、社会も混乱しない。むしろ、ロシアはいよいよ飛躍のときを迎える。 

    ・病気の蔓延(おそらくエボラのことであろう)は克服されない。世界中で蔓延が起き、シベリアと豪州以外は病原菌で汚染される。 

    詳しくはソースを読んでね!
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_23/280396992/ 

    1002: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ババ・ヴァンガ(1911年1月31日- 1996年8月11日)
    Vanga

    ブルガリアの盲目の女性の予言者。
    竜巻に襲われたことにより失明をし、その後予言をはじめた。

    彼女は、ソビエト連邦の崩壊、チェルノブイリの原発事故、エリツィン元ロシア大統領の勝利、スターリンの死亡日、ロシアの原子力潜水艦クルスクの沈没、アメリカでの9.11テロや世界チェス競技大会でのTapalovの勝利等を予言したと言われている。
    (彼女の周囲にいた人々は、このような予言はインターネットで脚色されたもので彼女の名誉や偉業を傷つけるとも主張しているが)
    wikipedia

    【ブルガリア政府、極秘指定されていた「ヴァンガの予言」を公表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 11:46:53.89 ID:???0.net
    地球の磁極は現代人の一生の間に変わる可能性がある。

    科学者の国 際グループがこうした声明を表し、センセーションを呼んでいる。

    この帰結がなされた基盤にはローマの東、アペニン山脈の中心部にある干上がった湖の底の研究がある。

    科学者らが湖底で発見したものは、古代の磁極が現在のものと異なることを示す証拠だった。

    研究グループの科学者のひとり、カリフォルニア大学のポール・ レン教授によると、磁極の転換は迅速に起きており、100年に満たなかった。

    古代磁力学者らは、磁極の転換はほぼ定期的に100万年に3~8回の頻度で起きている。

    このため、現在、磁極の変化のない時期がすでに80万年に達していることに学者らは警鐘を鳴らしている。

    ロシア科学アカデミー地磁気学イオン層電波拡散研究所の副所長で、物理数学修士のヴァレーリー・ペトロフ氏は、磁極転換の時期の接近を示す兆候はすでにある。

    たとえば過去400年で地球の磁場の圧力が減少したこと。

    このほかに磁力ラインの配置が変化していることも、地球が磁極の転換を準備し始めた証拠になる。

    そうなると、どうなるのだろうか? おそらくカタストロフィーが起こる。

    磁場は宇宙からの人体に有害な放射性物質が地球に届かぬよう、保護する役割を果たしている。

    仮に地球が長期に渡って磁場という楯を失った場合、 地球は放射線で覆われてしまう危険性も除外できない。

    そのほか、磁極交換によって通信システムの崩壊が招かれるため、インターネット、人工衛星、ナビゲーション、電子システムの多くが壊れてしまいかねない。

    これに対し、ペトロフ氏は現在の知識レベルでは磁極交換が行われた事実の比較ができるだけだとの見方を示す。

    「たとえば地球の赤道のまわりに人工的な磁場を作り、巨大な超電線をつくり、それに電気を流すことはできる。」

    10月21日 ロシアの声
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_21/278993205/

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ポールシフト
    惑星など天体の自転に伴う極(自転軸や磁極など)が、何らかの要因で現在の位置から移動すること。

    実際に、地球の地磁気は過去100万年あたり1.5回程度の頻度で反転していることが地質的に明らかである。

    現在では極端な移動こそはないものの、中心核の磁性変動で磁北が1年に約64キロというスピードで東へ向かって移動しているとする研究結果が発表されている。。 

    自転軸に関しても、2004年12月26日に発生したマグニチュード9.3のスマトラ島沖地震では、最大で約2cm程度移動した(広義の"ポールシフト"、極運動が発生した)可能性があるとする予測がある。
    wikipedia 

    【【地球オワタ\(^o^)/】地球の磁極はもうすぐ入れ替わる。そうなると、どうなるのだろうか? おそらくカタストロフィーが起こる。】の続きを読む

    このページのトップヘ