たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    サダム・フセイン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
    part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
    part3  各地で生まれる地方政権
    part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
    part5  オスマン帝国のはじまり
    part6  ヨーロッパの反撃
    part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
    part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
    part9  アジアを狙う欧州諸国
    part10 ナポレオンの東方遠征
    part11 エジプトのムハンマド・アリー
    part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機
    part13 中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり
    part15 アフガーニーの説くイスラーム復興
    part16 存在感を増す新興国たち
    part17 第一次世界大戦とオスマン帝国の滅亡
    part18 イギリスの三枚舌外交
    part19 イランと石油の世紀
    part20 英領インド帝国の誕生〜インドの独立
    part21 イスラエルの独立宣言
    part22 第一次世界大戦後のエジプトと中東戦争
    part23 イラン革命とシーア派
    part24 イスラム革命後のアフガニスタンと諸国の思惑
    part25 イラン・イラク戦争の終結と湾岸戦争

    アルカーイダのオサマ・ビンラディン


    700: 2014/09/08(月)22:41:54 ID:s7Du8LXJf
    さて、湾岸戦争は多国籍軍の圧勝に終わり、悪者のイラクは追い返され、クウェートは解放され、ひとまずハッピーエンドで終わったかに見えた。

    だが、そうは思わなかった者たちもいる。


    多国籍軍のイラク侵攻の際、サウジアラビア王国が米軍の国内駐留を認めた。

    サウード王家は、クウェートの次には自国にフセインが手を伸ばすのではないかと恐れたのだ。

    実際、サウジアラビアはイラクと長い国境線を持つし、湾岸戦争の中でイラクは幾度はサウジアラビアにも攻撃を仕掛けている。

    だが、ワッハーブ主義を標榜するサウジアラビア国内の厳格なムスリムたちは、異教徒の軍勢が自国に駐留することを嫌悪した。

    そも、サウジアラビアはイスラーム世界の中枢、メッカとメディナの二聖都を擁する聖なる国家ではないか。

    それでなくても、中東戦争後半からやたらイスラエルの肩を持つアメリカの評判は悪い。


    アメリカ軍は湾岸戦争が終結した後も、イラクの監視とペルシア湾の安定化のためと称し、サウジに留まり続けた。

    その数、約3万4千。

    保守派ムスリムのなかでも特に過激な一派は、実力でアメリカ軍を追い出そうとし始めた。

    その中心になったのは、アフガニスタンでソ連と「聖戦」をやって来た若者たちである。

    彼らはソ連撤退直後、ジャララバードの戦いでアメリカが自分たちを見捨てた恨みも忘れていない。


    1983年頃、パキスタンのペシャワールでムスリム同胞団により、ソ連との戦いで戦死したムジャヒディンの遺族を支援する慈善団体が作られた。

    この団体があれよあれよという間に、新人ムジャヒディンに軍事訓練を施すキャンプに変貌し、やがて1988年にはアフガニスタンのみならず、世界各地に聖戦志願者を送り出す中継センターと化した。

    その名を「アルカーイダ」という。 

    【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part26 【グローバル・テロリズムと対テロ戦争】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
    part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
    part3  各地で生まれる地方政権
    part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
    part5  オスマン帝国のはじまり
    part6  ヨーロッパの反撃
    part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
    part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
    part9  アジアを狙う欧州諸国
    part10 ナポレオンの東方遠征
    part11 エジプトのムハンマド・アリー
    part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機
    part13 中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり
    part15 アフガーニーの説くイスラーム復興
    part16 存在感を増す新興国たち
    part17 第一次世界大戦とオスマン帝国の滅亡
    part18 イギリスの三枚舌外交
    part19 イランと石油の世紀
    part20 英領インド帝国の誕生〜インドの独立
    part21 イスラエルの独立宣言
    part22 第一次世界大戦後のエジプトと中東戦争
    part23 イラン革命とシーア派
    part24 イスラム革命後のアフガニスタンと諸国の思惑

    イラン・イラク戦争の終結


    690:  2014/09/07(日)22:41:17 ID:jJBkNqp3v
    イランとイラクの動向に話を戻してみる。

    ホメイニ率いるイラン・イスラーム共和国は、当初は東西冷戦のどちらの陣営にも与せず、イラン国内で「法学者の統治」を貫徹していくことだけを目指していたらしい。

    ホメイニによれば「アメリカ逝ってよし、ソ連も逝ってよし」とのこと。

    しかし、アメリカ大使館占拠事件やイラン・イラク戦争など、激動する政治状況のなかでイランはむしろ、積極的にイスラーム革命の理念を「輸出」していくことにした。


    ホメイニによれば、そもそもナショナリズムなんていうのは西欧の異教徒どもがイスラーム世界を分断するために捏ね上げたもので、ムスリムは国境なんぞにとらわれず、

    全イスラーム世界でイスラーム法が施行される理想の社会を実現すべきだというのである。

    要するに「万国のムスリムよ、団結せよ!」ということか。

    イラン政府は「革命委員会」なるものを組織して各国のイスラーム復興運動を煽り立てたり、諸外国の大使館を拠点にイスラーム革命の宣伝を行ったりした。


    その結果として、イラン革命から1年も経たないうちにサウジアラビアでアル・ハラム・モスク占拠事件が起こり、カディーフの町ではシーア派の大暴動が発生した。


    イラクでは第二次世界大戦以来、スンナ派に抑圧されてきたシーア派信徒がナジャフの最高位法学者バーキル・サドルのもとで「ダアワ党」として纏まりはじめていたが、

    ダアワ党とイランの結びつきを恐れたイラク大統領サダム・フセインは、バーキル・サドルを処刑し、ダアワ党を弾圧した。

    聖地ナジャフの最高位法学者が処刑されたことはイスラーム世界に激甚な衝撃を与えた。

    ダアワ党の残党はテヘランに逃れ、イラン政府に協力してイラク軍と戦うことになる。


    1981年にはペルシア湾岸の小国バーレーンでシーア派組織による政府転覆計画が発覚。

    1983年にはクウェートでダアワ党の煽動による爆破テロが頻発。

    さらに、レバノンでイスラエルの侵入に対抗して生まれたシーア派民兵組織、ヒズブラもイランの影響下に入る。


    そんな風にイランはスンナ派諸国に揺さぶりをかけるとともに、イスラーム革命を連鎖発生させようと頑張ったのだが、

    当然ながら周辺のスンナ派諸国、そして欧米諸国もイランを重大な脅威と見なして袋叩きにした。

      【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part25 【イラン・イラク戦争の終結と湾岸戦争】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
    part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
    part3  各地で生まれる地方政権
    part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
    part5  オスマン帝国のはじまり
    part6  ヨーロッパの反撃
    part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
    part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
    part9  アジアを狙う欧州諸国
    part10 ナポレオンの東方遠征
    part11 エジプトのムハンマド・アリー
    part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機
    part13 中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり
    part15 アフガーニーの説くイスラーム復興
    part16 存在感を増す新興国たち
    part17 第一次世界大戦とオスマン帝国の滅亡
    part18 イギリスの三枚舌外交
    part19 イランと石油の世紀
    part20 英領インド帝国の誕生〜インドの独立
    part21 イスラエルの独立宣言
    part22 第一次世界大戦後のエジプトと中東戦争

    ホメイニとイラン革命


    631: 2014/09/02(火)23:26:29 ID:NM7Gn0UA0
    第二次世界大戦の終結から1970年代まで、イスラーム世界中央部の歴史は、エジプトを盟主とするアラブ諸国とイスラエルとの抗争を軸に動いていたといえる。

    まあ、それ以外にも北アフリカから東南アジアまで広大な地域にムスリムたちは存在するのだけど。

    が、エジプトとイスラエルの講和によってこの構造が解体するのと同じ頃、東のかたイランで新たな炎が上がる。

    その前史として、イランの20世紀をもういちど振り返ってみる。

    【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part23 【イラン革命とシーア派】】の続きを読む

    このページのトップヘ