世界三大料理

・伝統的な定義
伝統的には中華料理、フランス料理、トルコ料理を指す。

いずれも広大な領土の大帝国における宮廷料理として発展した背景があり、食通の王侯や皇帝が、領土内の各地方・各民族の料理法を糾合し、珍味の食材を蒐集し、また国富を背景に多くの料理人を召し抱えて腕を争わせた結果、多彩で豪華な料理文化が発達した共通の歴史を持つ。



・現代における論争
かつて19世紀後半から20世紀初頭にかけ、欧州ではトルコ料理がオリエントブームを背景に流行し、

コーヒーを飲む習慣などヨーロッパの食文化に与えた影響も大きかったが、

現在は世界的にトルコ料理よりイタリア料理などのほうが著名になってしまったため、何料理を現代の「大料理」とするかは活発な議論の対象である。


2011年7月にCNNが公表した「世界の料理の美食ランキング50」では、世界1位はタイ料理のマッサマンカレー、2位にイタリア料理のナポリ・ピザ、3位にメキシコ・チョコレートが選ばれた。

中華料理、フランス料理、トルコ料理はトップ3にランクインされておらず、特にトルコ料理は50大料理の圏外である。

世界的権威をもつミシュラン・ガイドにおいても、星を獲得し一流と評価されている店はフランス料理、日本料理、中華料理、イタリア料理、インド料理などが多く、トルコ料理はきわめて少なくなっている。

wikipedia 



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 07:23:56.60 ID:euMkdn+/0
意味合いはどうあれ、今本当の意味での三大料理は
中華・イタリア・インドだよな。特にインドはもっともっと評価されるべき

【世界三大料理はフランス・中華・トルコであるってさ】の続きを読む