part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
part3  各地で生まれる地方政権
part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
part5  オスマン帝国のはじまり
part6  ヨーロッパの反撃
part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
part9  アジアを狙う欧州諸国
part10 ナポレオンの東方遠征
part11 エジプトのムハンマド・アリー
part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機
part13 中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり
part15 アフガーニーの説くイスラーム復興
part16 存在感を増す新興国たち
part17 第一次世界大戦とオスマン帝国の滅亡
part18 イギリスの三枚舌外交
part19 イランと石油の世紀
part20 英領インド帝国の誕生〜インドの独立
part21 イスラエルの独立宣言
part22 第一次世界大戦後のエジプトと中東戦争
part23 イラン革命とシーア派
part24 イスラム革命後のアフガニスタンと諸国の思惑
part25 イラン・イラク戦争の終結と湾岸戦争
part26 グローバル・テロリズムと対テロ戦争
part27 イスラエルとパレスチナの対立と分離壁

イスラーム世界とアメリカ


742:  2014/09/16(火)23:04:45 ID:WTmLNEJkR
1970年代の末に突然始まった「第二次イスラーム復興」は、過激なテロリズムだけを生み出したわけではない。

むしろ原理主義の跳梁は復興のひとつの側面でしかない。

かつて、近代化とともに社会は脱宗教化するのが当然と考えられていた。

実際、第二次世界大戦が終わってからしばらくのあいだは、おおむねどこの地域でも社会は世俗化の一途をたどり、イスラームは時代遅れの文化と見なされるようになっていった。

ところが何故か、20世紀後半になるとイスラームに限らず世界各国で諸宗教の復興が生じたのである。


近代化が進めば、どうしても貧富の差が広がり、都市と農村や世代間や職業間での価値観の断絶も生まれる。

まして中東アラブ諸国は総じて軍事独裁政権だったから、抑圧を感じる人々は膨大である。

彼らがイスラームを自分たちの拠り所とした、というのがまずある。


近代化の恩恵を受けた都市の中流層にしても、政治的に抑圧されていることには変わりない。

イスラームの価値観を見直した中流層は、宗教に立脚する福祉活動や教育活動を通じて貧困層に富を分かち与えた。

これが草の根のイスラーム復興を後押しした。

各地でモスクと礼拝者が増加し、スーフィー教団が再び活性化した。

また、交通革命によるメッカ巡礼の激増や、通信革命によるイスラーム世界の情報交流の活発化、ソ連の崩壊による中央アジア諸国の再イスラーム化、湾岸諸国の繁栄なども復興の背景として見逃せない。


豊富な油田を抱えるペルシア湾岸の小国群は、二度のオイルショックを通じて世界の石油相場の支配を確立した。

有り余る富を手にした湾岸諸国は、それをさらに増殖させるべく、金融分野に食指を動かした。

だが、重大な問題がある。イスラーム法では利子を取ることが禁止されているのだ。

地域によっては法網を潜って利子を導入しているところもあるが、湾岸諸国は一世代前までは砂漠の遊牧民だった。

なんだかんだいって伝統的な宗教法を軽視することは許されない。

西洋の銀行は金を貸して利子を取り立てることで儲けているが、利子を取らずにカネを増やす方法はないものか。

そこで彼らは頭をひねり、いろいろと技を考え出した。

たとえば、銀行がこれはと見込んだ有望な商人にカネを出資し、利益が出たら一部を配分してもらう。

株式会社のパクリっぽい。

あるいは、誰かが何かを買いたいときに、銀行が購入の仲立ちをして手数料を取る。

これは商社のパクリか。

さらに、銀行自体が貿易事業や慈善事業を運営して収益を得るなんてのもある。


こういういろいろな技を駆使して利子に頼らず利殖をするのを「イスラーム金融」というのだけど、こういう創意工夫はまさにイスラーム法の再解釈、「イジュティハード」そのものなのだ。

石油に加えて金融の大発展。
湾岸諸国の繁栄はとどまるところを知らない。

ことにアラブ首長国連邦のドバイは砂漠のなかに摩天楼を連ねた幻想的な国際経済都市として、世界に名を馳せている。

8520863620_889bfc69c9_z
ドバイ (phoo credit)

【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part28 【アメリカのイスラーム世界への影響】】の続きを読む