たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    世界史

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
    part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
    part3  各地で生まれる地方政権
    part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
    part5  オスマン帝国のはじまり
    part6  ヨーロッパの反撃
    part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
    part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
    part9  アジアを狙う欧州諸国
    part10 ナポレオンの東方遠征
    part11 エジプトのムハンマド・アリー
    part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機
    part13 中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり
    part15 アフガーニーの説くイスラーム復興
    part16 存在感を増す新興国たち

    第一次世界大戦のはじまり


    1024px-Sarajevo_Lateinerbrücke_1
    サラエボ事件が発生した「ラテン橋」
    photo credit 

    462: 2014/08/13(水)23:54:50 ID:AKHwF3e5a
    1914年6月28日、オーストリア帝国の皇太子フランツ・フェルディナンド夫妻が、セルビア人青年ガヴリロ・プリンツィプによって暗殺された。

    この「サラエボ事件」が未曾有の大戦争の発端になる。

    つまるところは、この事件もまた「ナショナリズム」という「疫病」のひとつの発作だった。

    前提として、前年まで続いていたバルカン戦争を通じてセルビア王国の領土が著しく拡大。

    それがオーストリア帝国支配下にあったボスニア・ヘルツェゴビナのセルビア民族を刺激したのだ。

    「我々の母国たるべきはセルビア。オーストリアは異邦の暴君ではないか」


    「第一次世界大戦の原因」というのは、後から振り返れば幾つも挙げることができる。しかし、根本的な理由はシンプルだ。


    ヨーロッパでは1871年に普仏戦争が終了して以来、40年以上にわたって大きな戦争は発生していなかった。

    しかし列強間の関係は緊張をはらみ、同盟と敵対が目まぐるしく切り替わり続けたゆえに、各国はいつ何時でも変事が発生すれば直ちに国内総動員をかけ、隣国へ侵攻できる準備を整えていた。


    各国は何も好んで大戦争を引き起こしたかったわけではない。

    ただ、当事者たちの希望に関わりなく、すでにいつでも戦争を始められるように整えられていた各種の機構や計画が、ほとんど自動的に次々と動き出してしまったのだ。


    サラエボ事件が発生すると、オーストリアはセルビア王国に宣戦布告した。

    するとスラブ民族の盟主を自認するロシアがセルビア側に立ってオーストリアに宣戦。

    オーストリアの友邦ドイツ帝国はオーストリア側で参戦。

    ドイツはロシアに加え、ロシアと同盟するフランスへ先制攻撃開始。

    攻撃されたフランスはドイツとオーストリアに宣戦。

    かねてドイツの興隆を警戒し、英露協商・英仏協商を締結していた英国もドイツとオーストリアに宣戦。

    そしてオスマントルコ帝国は、唯一頼りにすべき列強ドイツとともに立ち、失われたバルカン半島を再征服し、あわよくば永遠の宿敵ロシアに対して今一度の反撃を試みようとした。


    結果、列強の振り分けは以下の通りとなる。


    「連合国」:大英帝国、フランス共和国、ロシア帝国、イタリア王国

    「中央同盟国」:ドイツ帝国、オーストリア帝国、オスマントルコ帝国

    【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part17 【第一次世界大戦とオスマン帝国の滅亡】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 世界@名無史さん 2014/06/14(土) 05:54:32.95 0.net
    現在だと、医師は最も高度な教育を受けた、最も尊敬される職業ですが、 そのようになったのは、100年程度の歴史しかなく、 むしろ、呪術師たぐいと扱われていた方が長かったようです。

    このように、歴史的に悪評ある立場から肯定される職業になったもの、 また逆に肯定される立場から、敬遠される立場になった職業は何かないでしょうか。

    【歴史的に見て、評価が一転した職業は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
    part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
    part3  各地で生まれる地方政権
    part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
    part5  オスマン帝国のはじまり
    part6  ヨーロッパの反撃
    part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
    part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
    part9  アジアを狙う欧州諸国
    part10 ナポレオンの東方遠征
    part11 エジプトのムハンマド・アリー
    part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機
    part13 中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり
    part15 アフガーニーの説くイスラーム復興

    ドイツ帝国の野望


    Kaiser_Guglielmo_II
    ヴィルヘルム2世
    photo credit 

    407: 2014/08/10(日)02:01:30 ID:6bwQqc9HF
    19世紀の終わりが近づくころ、世界を支配する列強のなかにドイツ、イタリア、日本といった新勢力が台頭し始めた。

    とくに1871年に成立したドイツ帝国はオーストリアとフランスという二大強国を破り、19世紀末ヨーロッパの政局を自在にコントロールしてみせた。

    新興のドイツ帝国は海外植民地をほとんど持たず、帝国主義の戦場では後発だった。

    イスラーム世界では、この新興勢力が旧来の列強を押さえ、新しい時代を開いてくれるのではないかという期待が広まった。

    オスマン帝国からは多くの青年がドイツに留学して政治や軍事を学び、ドイツの軍人や政治家たちと人脈を築いた。

    ドイツもまた野心を育んでいる。

    1888年、29歳でこの新興国の帝位を継承したヴィルヘルム2世は辣腕の宰相ビスマルクを疎んじ、対外膨張論者を集めだした。

    「ドイツ、世界に冠たるドイツ!」


    ヴィルヘルム2世は1898年、イスタンブルに来訪。

    皇帝アブデュルハミト2世や陸相エンヴェル・パシャをはじめ、上下の人士に熱烈な歓迎を受けた。

    オスマン帝国と誼を通じたヴィルヘルム2世は遠大な東方計画を実現に移す。

    それは目の上の瘤、大英帝国が抑えるアジアの富を奪うべく、ベルリンからペルシアに至る鉄道を敷設することだった。

    このときベルリンからイスタンブルまでの鉄道路線はすでに完成していた。いわゆるオリエント鉄道である。

    ドイツはオスマン帝国の認可を受けて鉄路をさらに東へ延伸し、アナトリアの山間を越えてメソポタミアに抜け、イラクのバグダードを経てペルシア湾頭のバスラとクウェートまでを結ぶことを画策した。


    これによって英国が握るスエズ運河を経由することなく、直接東洋へのアクセスが可能となる。

    一朝事あらば大軍を直ちにオリエントへ展開することもできよう。

    アブデュルハミト2世はこの申し出を快諾した。

    もちろんアブデュルハミトにも思惑はある。鉄道が完成したら適当な口実を設けてすぐに国有化するつもりだった。

    加えてドイツ諜報部は中近東一帯に「カイザー・ヴィルヘルムはイスラームに改宗した」という奇妙な噂を流す。

    イスラーム世界にドイツへの好感を広めれば、いずれ大英帝国統治下のムスリムたちを一斉蜂起させられるのではないか。

    ヴィルヘルム2世の野望はとどまるところを知らない。

    【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part16 【存在感を増す新興国たち】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
    part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
    part3  各地で生まれる地方政権
    part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
    part5  オスマン帝国のはじまり
    part6  ヨーロッパの反撃
    part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
    part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
    part9  アジアを狙う欧州諸国
    part10 ナポレオンの東方遠征
    part11 エジプトのムハンマド・アリー
    part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機
    part13 中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり


    借金地獄に陥るイスラーム世界中央部


    364: 2014/08/06(水)22:57:25 ID:kwtYBggtr
    19世紀後半、中央アジアで熾烈なグレートゲームが展開されている頃。

    イスラーム世界中央部ではオスマン帝国・エジプト・ペルシアが揃って借金地獄に落ちつつあった。


    オスマン帝国がクリミア戦争とタンジマート改革の経費がかさんで外債を乱発したことは既に軽く触れたけど、

    マクロな経済のレベルで見れば、産業革命を達成した西洋諸国の生産力に太刀打ちできなかったことが経済危機の根本原因。

    これはオスマン帝国に限らない。


    近代まで周知のようにトルコやイランは華麗な絨毯をはじめ毛織物生産が盛んだったし、インドは世界一の木綿産地で、インド洋交易でもっとも盛んに取引されたのはインド産綿布だった。


    ところがそこに蒸気仕掛けの自動織機で大量生産されるイギリス産の布だの糸だのが、

    丁寧に梱包されて安値で流入してくれば、西南アジアの何百万もの人々は飯の食い上げに追い込まれる。

    各国で近代化政策が進められ、港が整備され、鉄道が敷設されれば、その傾向はますます強まる。

    イスラーム世界の大部分の人々にとって近代化は財布と胃袋を擦り減らすものだった。

    税収も減るけど一度始まった近代化政策は止めるわけにはいかないし、何より軍を整備しなければ列強にいつ滅ぼされるか分からない。この危機感。

    【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part15 【アフガーニーの説くイスラーム復興】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    640px-Asia_satellite_orthographic

    「アジア」という言葉は、元々は古代ギリシア、あるいはギリシアから文化的影響を受けた古代ローマから見て、東方を指す言葉であった。

    ギリシア人やローマ人の地理的な知見は地中海沿岸地域に限られており、地中海の北岸地域がヨーロッパ、南岸地域がアフリカ、地中海の一部であるエーゲ海で隔てられた地中海東岸地域がアジアとされたのである。

    その後、ヨーロッパ人の地理的な知見が広まるにつれて、ヨーロッパ、アジア、アフリカとされた地域の範囲が、拡大していった。

    アフリカについては、スエズ地峡という明確な地理的な境界が存在したため、スエズ地峡以南がアフリカ大陸という明確な地理的定義が確立した。

    その一方で、かつてエーゲ海が境界とされたアジアとヨーロッパについては、現在でいう東欧の地域が知られた事により、明確な境界線が存在しなくなった。

    そのため地理的には、ユーラシア大陸として、アジアとヨーロッパは一体として扱われた。


    それでもアジアとヨーロッパを別地域として扱う習慣は残ったが、地政学的・人種的に厳密に分けられた呼称としては確立しておらず、使う立場によってその範囲はしばしば異なっている。

    例えば、国際機関においても、IOC と FIFA ではアジアの範囲が異なっているように、厳密な定義として確立していない。


    wikipedia


    1: 世界@名無史さん 2012/10/20(土) 13:17:53.18 0
    ヨーロッパと中東をくっつけた地域とそれより東の地域で分けた方がまだましだろ

    【アジアってくくりデカすぎじゃね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
    part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
    part3  各地で生まれる地方政権
    part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
    part5  オスマン帝国のはじまり
    part6  ヨーロッパの反撃
    part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
    part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
    part9  アジアを狙う欧州諸国
    part10 ナポレオンの東方遠征
    part11 エジプトのムハンマド・アリー
    part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機
    part13 中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり

    東トルキスタンの混乱


    338: 2014/08/03(日)23:04:59 ID:GIzkFpnK8
    次にグレートゲームの盤面が大きく動くのは1860年代。

    この時期、内陸アジアで二つの大事件が発生した。

    一つはロシア帝国のトランスオクシアナ征服、そしてもう一つは清朝治下にあった東トルキスタンでの「回民蜂起」である。


    長らく東ユーラシアに君臨してきた大清帝国は、歴代中華帝国の完成態というべきものだった。

    偉大なる康熙帝、雍正帝、乾隆帝という稀代の名君たちのもと、この帝国は古来中華世界の宿敵であった
    北方の遊牧民をも同じ国家のもとに取り込み、

    中央アジア・東南アジア諸国をも緩やかに従属させ、多数の民族・宗教・言語を緩やかに統合し、繁栄を極めていた。


    だが、19世紀に入るとともに帝国は徐々に老衰症状を呈し始める。

    そして1840年、貿易をめぐる対立から南シナ海に四隻の英国艦隊が姿を現し、アヘン戦争が勃発。

    地大物博にして強大無比な大清は、この新しい夷狄にあっけなく敗れた。

    こうして大混乱が始まる。

    太平天国の乱が勃発し、捻軍が蜂起し、アロー戦争では列強の帝都進駐を許す。

    雲南の大理では回族の杜文秀が「スルタン・スレイマン」を称して独立国を築く。

    そして陝西省で勃発した中国系ムスリムと漢人との争いがたちまち東トルキスタンに拡大し、ウイグル人のムスリムもこれに呼応し、中央アジアのオアシス諸都市が次々に離反したのである。

    この東トルキスタンのムスリム反乱もまた、同時期のロシア南進とともにグレートゲームの重要ファクターとなる。

    【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part14 【ロシアの南進と東トルキスタンの混乱で激動するグレートゲーム】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2012/06/24(日)12:14:44 ID:PI3cC4sVK
    ペヒ2世とか神武天皇とか古代の伝説上の人物は抜きで。
    中世で著名な人間だとサーディー(1187-1292)
    これも諸説あるようですが、この人しか解りませんでした。

    近代では日本の首相経験者も含めて大勢いますが、
    注目すべきは台湾関係者です。

    長寿にまつわる話、お願いします。

    【百歳以上生きた世界史上の人物を挙げてけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 11:56:11.03 ID:gtJUvF0f0.net
    マリ王国のマンサ・ムーサ王
    その総資産はおよそ35兆円


    こんだけ金あったらなんでもできるやろうな

    マンサ・ムーサ
    マリ帝国の10代目の王(マンサ)。

    この王の時代からマンサ・スレイマン(Mansa Suleyman,在位:1341年 - 1360年)の時代までにマリ帝国は最盛期を誇った。現在の価値にして約4000億ドル(約35兆円)という人類史上最高の総資産を保有した

    1324年、メッカ巡礼途上で訪れたカイロでは莫大な黄金をばらまいたため、金相場が暴落し10年以上の間インフレーションが続いたといわれる
    Mansa_Musa
    wikipedia
    【世界史上最大のお金持ちwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ポル・ポト
    (1928年5月19日 - 1998年4月15日)
    カンボジアの政治家。

    PolPot


    ・クメール・ルージュ(ポル・ポト派)の政策
    クメール・ルージュは食糧増産を図る為、プノンペンなど大都市住民、資本家、技術者、知識人など知識階級から一切の財産・身分を剥奪し、農村に強制移住させ農業に従事させた。

    学校、病院および工場も閉鎖し、銀行業務どころか貨幣そのものを廃止し、宗教を禁止し、一切の私財を没収した。さらに一切の近代科学を否定した。

    クメール・ルージュはこれを「階級が消滅した完全な共産主義社会の建設」と称した。

    移住させられた人々は、「集団農場」で農業に従事させられる一方、知識人階級は「反乱を起こす可能性がある」とされ殺害された。

    戦争で国内が疲弊し海外からの食糧援助がすべて打ち切られた状態の中、クメール・ルージュはソ連やベトナムとも断交し、高度な専門知識、工業、貨幣制度をも否定した。

    そして原始共産制社会を理想とする極端な重農政策を強行したが、非現実・非科学的な政策はカンボジア全土に一層深刻な食糧危機をもたらした。

    ・大量虐殺


    この政策は、強制労働および飢饉を通じて、カンボジア人の大量死に至った。

    クメール・ルージュ政権は、更に旧政権関係者、富裕層、各種専門家および知識人への関係を持った者および親ベトナム派の党員、ベトナム系住民を殺戮した。

    アメリカ国務省、アムネスティ・インターナショナル、イェール大学・カンボジア人大量虐殺プロジェクトの3者は、それぞれ120万人、140万人および170万人と推計している。
    これらの機関は内戦時代の爆撃や戦闘による死者数については数字を出していない。  

    フィンランド政府の調査団は、ポルポト以前の死者(戦闘・爆撃による)を60万人、ポルポト以後の死者を100万人としている。

    カンボジアでは1962年を最後に国勢調査が行われておらず、内戦時代には大量の死者および国内難民が発生しており1975年までの正確な人口動態がつかめていないために、こうした諸推計にも大きく開きが出ている。
     wikipedia


    1: 世界@名無史さん 2011/01/26(水) 22:53:24 O
    原始共産制を目指してたというけど、なぜそんな極端な理想に走ったのか。
    そしてそのために自国民の3分の1を虐殺するとか。
    飛躍し過ぎてて良くわからないんですが。
    なぜこんな連中が権力を掌握できたのか。

    【カンボジアのポル・ポトはなぜ大虐殺を起こしたのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    part1   イスラム教の始まり〜正統カリフ時代
    part2  ウマイヤ朝〜アッバース朝
    part3  各地で生まれる地方政権
    part4  モンゴル帝国の侵攻とマムルーク朝
    part5  オスマン帝国のはじまり
    part6  ヨーロッパの反撃
    part7  北方で生まれる大国とオスマン帝国の衰退
    part8  ムガル帝国の衰退と東南アジアでのイスラム教
    part9  アジアを狙う欧州諸国
    part10 ナポレオンの東方遠征
    part11 エジプトのムハンマド・アリー
    part12 オスマン帝国の改革とイスラームの危機

    ロシアのペルシアへの侵攻


    315: 2014/08/03(日)00:58:23 ID:bhCxUjweB
    時系列がややこしくなるけど、北方の巨人ロシアの視点に立って19世紀の初頭まで戻ってみたい。

    18世紀の末、ロシアはオスマン帝国からクリミア半島とルーマニアを奪い、キュチュク・カイナルジ条約でオスマン領内の正教徒に対する保護権までも獲得した。

    その勢いのまま再度の戦端を開いたところでフランス革命が勃発。

    ロシアはオスマン帝国との対決を一時中断して西に備える。


    が。


    ロシアはもう一個の異教帝国、ペルシアに対してはオスマン帝国よりもはるかに舐めていた。


    >>130以来放置していたガージャール朝ペルシアにおいては、1797年に残虐非道な建国者
    アーガー・モハンマド・シャーが召使に刺殺されてみんなが胸を撫で下ろしたわけだが、

    そもそもごく少数の遊牧民ガージャール族がイラン全土を支配するという体制に無理があったわけで、アーガー・モハンマドが生きていようが死んでいようが、国制はやたらと抑圧的なままだった。

    【1がイスラーム世界の歴史についてダラダラ解説 part13 【中央アジアを巡る英露のクレートゲームのはじまり】】の続きを読む

    このページのトップヘ