たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    世界遺産

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「ヴィエリチカ(Wieliczka)岩塩坑」はポーランド南部、古都クラクフの近郊にあります。
    世界最古の岩塩坑であり、坑道内の洪水の危険から商業採掘は1996年に中止され、現在は観光地となっています。

    1044年に創業、13世紀頃から本格的に稼働したもので、最盛期の14~16世紀には、この岩塩坑によって得られる収入がポーランド王国の財源の3分の1にを占めていました。

    このことから、岩塩は「白い金」と呼ばれていたそうです。

    1978年にユネスコの世界遺産に登録され、最初に登録された12件のうちのひとつです。

    5978257918_556c5a61b0_z
    photo credit
      【世界遺産第一号に登録されたポーランド「ヴィエリチカ岩塩坑」。坑道内に礼拝堂がある世界最古の岩塩鉱山!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/30(日)10:37:18 ID:fHq
    日程のほぼ全てが雨だった…

    【雨季のど真ん中にトルコ行ったら・・・ part1 【カッパドキア編】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)21:06:38 ID:WDKbWhZvU
    ふとそう思い付いて半年
    先週行ってきた
    だから写真をうpさせて貰うよ
    時間のある人は見てって下さいな

    基本方針として写真にタイトルをつけてカキコするんで、ダラダラ説明する事は考えていないんだ
    質問があれば都度答えるよ


    「出発前」
    no title

    屋久島
    鹿児島県の大隅半島南南西約60kmの海上に位置する島。

    鹿児島県の島としては奄美大島に次いで2番目、日本全国では9番目の面積である(北海道・本州・四国・九州を除く)。

    豊かで美しい自然が残されており、島の中央部の宮之浦岳を含む屋久杉自生林や西部林道付近など、島の面積の約21%にあたる107.47km²がユネスコの世界遺産に登録されている(世界遺産への登録は1993年、姫路城・法隆寺・白神山地とともに日本初)。
    wikipedia 

    【【画像】そうだ、屋久島行こう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ビールを地下パイプラインで輸送、ベルギー世界遺産の街
    記事によると
    ・ベルギーの中世の街並が残る古都ブリュージュで500年続く醸造所と近くの瓶詰め工場をつなげる「ビールのパイプライン」を建設することが決定。

    ・街の石畳の小道を走る運送トラックを減らすため。

    ・パイプラインは全長3キロにも及ぶ。

    ・ドゥハルブマーン醸造所でのビール製造は500年近くにわたり毎年10万人の観光客が訪れ、ブルージュの観光名所のひとつとなっている。
     
    詳細はソースで読んでね!
    http://www.afpbb.com/articles/-/3026915 

    【ベルギーでビールを輸送する「パイプライン」が作られる。世界遺産の街ブルージュ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    スペインの建築家 アントニ・ガウディの作品を紹介していくよ。

    アントニ・ガウディ
    スペイン、カタルーニャ出身の建築家。19世紀から20世紀にかけてのモデルニスモ(アール・ヌーヴォー)期のバルセロナを中心に活動した。

    Antoni_Gaudi_1878

    wikipedia

    【【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ■ 世界最古のピラミッドが修復し過ぎで倒壊の危機
    38

    記事によると
    ・エジプト最古のピラミッド「ジェセル王の階段ピラミッド」が政府が修復を委託した会社のせいで崩壊の危機に。

    ・修復する時、新たに建設する部分を全体の5%未満に留めるよう法律で定められているにも関わらず、その制限を超えてしまったのだ。

    ・余計な増築のせいでピラミッドが崩壊する恐れもあるという。

    ・ちなみに この会社、 何ひとつまともに事業をこなした実績もないズブの素人集団だった。
     
    詳細、画像はソースで見てね!
    http://www.gizmodo.jp/2014/09/post_15467.html 
    2: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ジェゼル王のピラミッド
    約4600年前の古代エジプト時代、第3王朝のジェセル王によってサッカラに建設されたピラミッドである。

    史上初のピラミッドとも言われ、その建設方式や宗教的理念は後代のエジプト社会に大きな影響を与えた。 
     
    1024px-Saqqara_BW_5
    wikipedia
    ▼以下、このニュースに対する2chの反応 【【悲報】最古のピラミッド、修復業者が気合いを入れて修復しすぎて崩壊の危機】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    フランスに行ったから写真uぷする part1 【パリ編】
    フランスに行ったから写真uぷする part2 【シャルトル / モンサンミッシェル編】

    126: 1@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 20:21:58.84 ID:hOIdGx/C0.net
    no title

    no title

    no title

    ベルサイユ宮殿! 

    ちょいと休憩 
    落ちてなかったら宮殿の内部と離宮のマリーアントワネットのトリアノンをアップします

    ヴェルサイユ宮殿
    1682年にフランス王ルイ14世(1638年 - 1715年、在位1643年 - 1715年)が建てたフランスの宮殿(建設当初は離宮)。

    パリの南西22キロに位置する、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営された。

    バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名である。
    wikipedia 

    【フランスに行ったから写真uぷする part3 【ヴェルサイユ宮殿 編】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    フランスに行ったから写真uぷする part1 【パリ編】

    76: 1@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 17:34:00.95 ID:RwUxQViF0.net
    no title

    シャルトル外観 
    no title

    シャルトル内部 
    no title

    マリアのステンドグラス 
    これはシャルトルブルーと言われる美しい色合い 
    今でも再現が難しいのだとか 
    no title

    被昇天の聖母 
    no title

    聖母の衣服(?)

    シャルトル
    パリのモンパルナス駅から在来線に乗って約1時間ほどのフランスの中部に位置する都市。

    市中央部にあるノートルダム大聖堂(シャルトル大聖堂)はゴシック建築の傑作として知られる。

    左右の塔は建設された時代の違いにより異なった建築様式になっている。

    ファサードのバラ窓や、キリストの家系図を表した側廊のステンドグラス「エッサイの根」は、「シャルトルの青」といわれる青みのあるステンドグラスで、13世紀のステンドグラスの極点として知られる。
    wikipedia

    【フランスに行ったから写真uぷする part2 【シャルトル / モンサンミッシェル編】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    640px-Apollo_11_bootprint

    1: 名無し遺産 2006/05/03(水) 18:01:14 ID:XqQav7y10
    トヨタの工場群
    大阪市

    【1000年後世界遺産になってそうなもの】の続きを読む

    このページのトップヘ