たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    地球温暖化

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: のり弁当大盛り ★ 2014/08/24(日) 11:06:08.23 ID:???.net
    8月24日 4時06分

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140824/k10014031451000.html
    (NHK)

    地球温暖化に伴う海面上昇によって、島の水没が懸念されている南太平洋の島国のうち、
    ソロモン諸島のタロ島は800人の住民全員が移住する計画を進めることを決め、
    海面上昇への対策に悩むほかの国々から関心が集まっています。
    ソロモン諸島の首都ホニアラから北西に400キロほど離れたタロ島は、海抜が2メートルに
    満たない地点がほとんどで、地球温暖化による海面上昇がこのまま進めば津波などによって
    島が水没してしまうのではないかという懸念が強まっています。
    島の自治体では去年からことしにかけて島にいるおよそ800人の住民と議論を重ねた結果、
    安全を確保するためには住民全員が移住するしかないと判断し、このほど、隣のチョイスル島に
    移る計画が承認されました。

    続きはソース元でご覧ください


    タロ島 (Taro Island)
    ソロモン諸島にある、南北1キロ未満のサンゴ環礁の島でありその標高は2メートルに満たない。

    2014年8月には、島民全員(この時点では約千人)の移住計画が報じられた。

    地球温暖化による海面上昇に伴って洪水や高潮の懸念が高まり、地元当局がオーストラリア政府の支援のもと対策を検討した結果、長期的には対岸のチョイスル島に新しい州都を作って移住するしか集落を存続させる道はないという結論に達した。

    近年タロ島と同様の水没危機に瀕した島々は多いが、実際に全島民の移住を決めたのは太平洋ではタロ島が初めてとみられる。 

    Choiseulandneighbourhood
    wikipedia 

    【ソロモン諸島のタロ島 全住民が避難。海面上昇による島水没の危機のため】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/08/21(木) 21:50:25.44 ID:???.net
    世界中で1万種以上が確認されているアリのうち、いくつかの種類は、空気から二酸化炭素を取り出して、石灰を分泌する。

    その働きは、地球温暖化の歯止めにもなりうるようだ。

    アリたちは環境を変えている。そしておそらくその働きは、わたしたちの惑星の気候をも変えうる力を秘めている。

    これは、アリゾナ州立大学テンピ・キャンパスのロナルド・ドーンによる驚くべき発見だ(もっとも、特にその規模については検証が必要だ)。

    (中略)

    約25年前、ドーンは玄武岩の砂の風化作用について研究を始めた。研究のなかで、彼はアリゾナ州とテキサス州の さまざまな場所にこの砂を少しずつ散布した。

    そして、約5年周期でこれらのポイントを訪れ、化学物質や虫や 風雨にさらされることで、斜長石や橄欖石といった鉱物(玄武岩の構成成分だ)の風化にどのような影響が起きるかを観察した。

    ドーンは、アリの存在が、妨害要素がない場合に比べて300倍も鉱物の風化を速めることに気付いた。それだけではない。

    鉱物の風化にともなって、アリは自分たちの巣に炭酸カルシウム(石灰)を分泌していた。

    このプロセスにおいて、 二酸化炭素が空気中から取り出され、物質的に閉じ込められていた。

    つまり事実上、空気中からこの温室化ガスが「減る」ということだ。

    もっとも、この変化が起こるメカニズム(例えばどのようにカルシウムが砂から石灰へと移されるか)はまったく明らかではない。

    ドーンが「Live Science」に説明しているとおりだ。

    アリの二酸化炭素の接収量がどれくらいになるかもまだわからない。しかし、一定の量を満たす可能性は十分にある。

    自然学者エドワード・オズボーン・ウィルソンの推計による地球上のアリの総生物量(バイオマス)は人類と等しい。

    少なくとも8種類のアリが炭酸カルシウムを分泌することを考えると、彼らが集める二酸化炭素の量は、 アリたちが地球を征服することで、大変なものになるかもしれない。

    http://sankei.jp.msn.com/wired/news/140821/wir14082116110002-n1.htm

    【アリが地球を救う!? 温暖化の原因となるCO2を減らす働きを確認 】の続きを読む

    このページのトップヘ