たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    洞窟

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「ヴィエリチカ(Wieliczka)岩塩坑」はポーランド南部、古都クラクフの近郊にあります。
    世界最古の岩塩坑であり、坑道内の洪水の危険から商業採掘は1996年に中止され、現在は観光地となっています。

    1044年に創業、13世紀頃から本格的に稼働したもので、最盛期の14~16世紀には、この岩塩坑によって得られる収入がポーランド王国の財源の3分の1にを占めていました。

    このことから、岩塩は「白い金」と呼ばれていたそうです。

    1978年にユネスコの世界遺産に登録され、最初に登録された12件のうちのひとつです。

    5978257918_556c5a61b0_z
    photo credit
      【世界遺産第一号に登録されたポーランド「ヴィエリチカ岩塩坑」。坑道内に礼拝堂がある世界最古の岩塩鉱山!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    アメリカの芸術家 Ra Paulette さんは10年にわたり毎日ニューメキシコ州の砂漠の中へ歩いて通っています。
    その目的は、砂質の岩石でできた台地を掘り洞窟を作るためです。


    carved-cave-101


    Pauletteさんは、自然と人間の精神の関係性を考えながら洞窟を掘っているといいます。

    森を一人で歩くという行為は、単なる普段の散歩よりも、自分を振り返ったりすることができ、内面的な巡礼のような効果があると彼は考えています。そして、この巨大な彼の作品の目的も、「精神的な再発見や自己啓発」の場を作ることです。

    洞窟の中は、ユニークなデザインですが、単なるおもしろ建築というわけではなく、どこか神聖な雰囲気が漂っています。

    洞窟が完成したら、芸術のイベントや自己発見の場として提供するつもりだそうです。
     
     
    【アメリカの芸術家が10年間掘り続けている洞窟が神殿のように神々しい件】の続きを読む

    このページのトップヘ