1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
パリで史上最大規模の「北斎展」 700点以上展示 

・パリ中心部のフランス国立グランパレ美術館で史上最大規模の「葛飾北斎展」が10月1日から開催

 ・作品数は北斎の全生涯にわたる700点以上

・同美術館は「これだけの規模の北斎展は少なくとも日本以外ではこれが最後になるだろう」としている

・19世紀半ばに日本から輸出された陶器の梱包で詰め物に使われていた「北斎漫画」を当時の画家フェリックス・ブラックモンが偶然見たことからジャポニスムの火付け役となり、やがてモネら印象派へとつながっていった。

ソース
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG2904R_Q4A930C1CR0000/ 

1002: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
葛飾 北斎
(宝暦10年9月23日(1760年10月31日)? - 嘉永2年4月18日(1849年5月10日))
江戸時代後期の浮世絵師。化政文化を代表する一人。

森羅万象を描き、生涯に3万点を超える作品を発表した。

若い時から意欲的であり、版画のほか、肉筆浮世絵にも傑出していた。

しかし、北斎の絵師としての地位は「富嶽三十六景」の発表により、不動のものとなっただけでなく、風景画にも新生面を開いた。

北斎の業績は、浮世絵の中でまさに巨大な高峰であったが、達者な描写力、速筆は『北斎漫画』の中にも見ることが可能である。

さらに、読本(よみほん)・挿絵芸術に新機軸を見出したことや、『北斎漫画』を始めとする絵本を多数発表したこと、毛筆による形態描出に敏腕を奮ったことなどは、絵画技術の普及や庶民教育にも益するところ大であった。

葛飾派の祖となり、後には、フィンセント・ファン・ゴッホなどの印象派画壇の芸術家を始め、工芸家や音楽家にも影響を与えている

シーボルト事件では摘発されそうになったが、川原慶賀が身代わりとなり、難を逃れている。

ありとあらゆるものを描き尽くそうとした北斎は、晩年、銅版画やガラス絵も研究、試みたようである。また、油絵に対しても関心が強かったが、長いその生涯においても、遂に果たせなかった。

1999年には、アメリカ合衆国の雑誌『ライフ』の企画「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で、日本人として唯一86位にランクインした。

門人の数は極めて多く、孫弟子も含めて200人に近いといわれる。 

640px-The_Great_Wave_off_Kanagawa
『冨嶽三十六景』「神奈川沖浪裏」

wikipedia 

【パリのグランパレ美術館で史上最大規模の「葛飾北斎展」 700点以上展示】の続きを読む