427px-Mars_atmosphere

1: 垂直落下式DDT(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 20:48:47.18 ID:WllkIxs70.net
人は火星で68日間の命、米研究

【10月15日 AFP】
火星への移住を計画している人に「待った」がかかるような研究報告書がこのたび発表された

米マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology、MIT)の研究者らが発表した報告書によると、現状では火星への移住後68日以内に「移住者らの死」が始まる可能性があるという。

報告書で研究者らは、火星のコロニーでは開始から約2か月後に酸素レベルに問題が発生するとしており、永住のためには新たな技術が必要と指摘している。

今回の研究では、2024年からの開始が予定されている、火星への移住計画を進める非営利企業「マーズ・ワン(Mars One)」のデータが用いられた。

最初の移住計画に参加するメンバー24人は、応募者20万人から選抜した約1000人の候補者のなかから選ばれる。

しかし、火星の諸条件と人類の技術では、少なくとも現時点での火星移住は難しいかもしれない。

移住に必要となる酸素、食糧、技術について解析した35ページの報告書には、 「開始から68日あたりで最初のグループから死者が出るだろう」と記されている。

以下ソース
http://www.afpbb.com/articles/-/3028927

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
マーズワン(英:Mars One)
2025年までに火星に人類初の永住地を作ることを目的にするオランダの民間非営利団体。

2013年4-8月に移住希望者を募集し、2013年12月30日、約20万人の移住希望者の中から日本人10人を含む1058人の候補者を選んだと発表した。

日本人10人には、59歳の男性会社社長や30代の女性医学博士などが含まれていると報じられている。

最終的に24人を選び、2025年には最初の4人が火星に住み始め、その後は、2年ごとに4人ずつ増やしていくことを予定している。

火星から地球に戻ることは現在の技術および資金的に不可能なので、移住者は技術の進歩に伴い地球帰還の手段を得られない限り、火星に永住することになる
wikipedia 

【【悲報】人は火星で68日間しか生きられないことが判明】の続きを読む