たびそく!

旅好きのためのまとめサイトです。 2chのスレのように 気楽にコメントをしてくれると嬉しいです!


    以下の記事はコメント欄をまとめています。ご協力よろしくお願い致します(2014.09.07)
    【画像】スペインのガウディ建築の写真をひたすら紹介して行く

    科学

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    MOK_hitokirenopizza500


    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ピザもパスタも3Dプリント、新興企業が来年発売へ - CNN

    記事によると
    ・スペインの新興企業がピザやパスタ、デザートなどの食品をプリントできる3Dプリンターを開発。

    ・食材を入れると、パスタやバーガーなどの食品がステンレススチールのカプセルから絞り出される。

    ・ただし3Dプリンターがやってくれるのは最も難しく手間がかかる工程のみ。

    ・ピザを作る場合、まず生地がプリントされ、続いてソースがプリントされる。ケーキの精巧なデコレーションや、チョコレートの装飾なども作り出せる。

    ・調理は自分でする必要があるが、今後の製品では調理もできるようにする予定だという。 

    詳細はソースで読んでね!
    http://www.cnn.co.jp/business/35056339.html 

    【ピザやパスタが作れる3Dプリンタが開発される・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ERY82_sorawooyogu20131222600


    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/10/27(月) 15:20:33.26 ID:???0.net
    南デンマーク大学の学者たちは、大気などから酸素を吸収し、保存できる合成繊維をつくった。

    これにより、呼吸器に問題を抱える人々たちは、重い医療機器への依存から解放されたり、 ダイバーたちは、水中で呼吸することが可能になるという。

    スポンジに似た繊維の主成分は、コバルト。

    この合成繊維は、アクアラングシリンダーの3倍の酸素を保管することができる。
    なお、酸素は大気および水から吸収できるという。

    10月26日 ロシアの声
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_26/279226141/

    【【ロマン】水中での呼吸が可能に!?酸素を吸着させる繊維が開発される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    OZP73_okusuridasimasyouka20140321500

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2014/10/25(土) 16:51:26.44 ID:???0.net
    ◆人間の寿命は延びるが、120歳が上限

    海外メディアによると、過去10年間で、世界の百歳以上の高齢者数は71%増加した。

    専門家は、継続的に寿命は延びるが、人間の寿命の上限は120歳だと指摘した。

    70歳のコリン・ブラックモアさんは「人間の寿命が120歳を超えることは珍しく、医学、科学技術が進歩しても、この上限を突破することは難しい」と指摘した。

    年老いた医学者と科学者からなるチーフによると、医学技術の進歩は人間の寿命の延長に対する効果が有限的で、高齢者の健康と生命品質の改善に対する効果が顕著だが、寿命の上限の突破することは難しい。

    コリンさんは英国の神経生物学者で、英国医学研究協議会の主席執行官を務めていた。

    新華ニュース 2014年10月25日 11時48分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9397237/ 

    【人間の寿命は延びても120歳が上限ということが判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    640px-Salmon_(breeding_color)

    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    サケが小さいのは飢えた古代人のせい?

    記事によると
    ・スペイン北部の洞窟で発掘された先史時代の魚料理から、タイセイヨウサケやブラウントラウトがこの2万年で大幅に小さくなっていることがわかった。両者を平均すると、最大2.2キロから約0.4キロまで変化している。

    ・石器時代の漁師たちは大きな魚ばかりを狙っていたのではないかと、研究チームは推測している。

    ・漁師たちが大きい魚を選んで捕まえた結果、小さい魚ばかりが生き残って繁殖し、その遺伝子が受け継がれ、サケやマスが小型化したと考えられる。 

    詳しくはソースで読んでね!
     http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141023004&expand

    【サケが小さいのは飢えた古代人のせい? この2万年で大幅に小さくなったことが判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    【ツッコミどころ満載】空気で雨粒を飛ばす「エアー傘」が話題沸騰中
    0121

    記事によると
    ・クラウドファンディング・サイトのKICK STARTERで、空気で雨を吹き飛ばすという画期的な傘「Air umbrella」が登場し話題に。

    ・中国のデザインチームが考案したこの傘は、いわゆる笠の部分が存在せず筒状の機械で頭上に空気を発っして雨を避けるというもの。

    ・長さは50cmで、重さは800gとのこと
    no title

    ・現段階では15分〜30分使用するために30分〜60分かけて充電が必要で、途中で充電が切れたら雨に濡れてしまうため持続時間と充電時間が課題
     
    ・来年の9月から生産が開始される予定で値段は200ドル(約2万円)前後になるだろうと言われている

     詳しくはソースで読んでね!
    http://irorio.jp/caori/20141020/171062/ 

    【空気で雨粒を飛ばす「エアー傘」が発明される・・・気になるお値段は??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    MIYAKO85_amanogawatentai20140725500


    1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ついに宇宙飛行士の “人工冬眠” が実現か / 火星への有人飛行に活用しようとNASA関連団体が前向きな姿勢
     
    52
    記事によると
    ・火星への有人飛行を実現するためSFの世界でおなじみの「人工冬眠」の技術を活用する話が本格的に浮上しているらしい。

    ・搭乗員たちを冬眠させることで、食料、酸素などの生命維持用品や、筋力低下を防ぐためのエクササイズ設備などのスペースを抑えることができ、ひいては大幅なコスト削減につながる

    ・NASAが助成するスペース・ワークス社の計画では、鼻から冷気を体内に注入し、6時間かけて体温を31.7度〜33.9度まで下げるというもの。

    ・外部から体温を下げる方法を取ってしまうと、体が凍えてしまい、組織の損傷につながる恐れもある。よって、内部から冷やしていくことが重要だという

    ・冬眠中は、胸に刺された点滴から栄養が補給され、排せつ物は体内に入れられた管から自動的に排出される

    ・覚醒時は、冷気を止め、約2〜8時間かけて自然と冬眠から目覚させる。しかし、緊急時など “解凍” を早める必要がある場合は、外部からも体温を上げる処置を同時に行われるという。
     
    詳細はソースで読んでね!
    http://rocketnews24.com/2014/10/10/496164/ 

    1002: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ちなみに・・・
    「人間の冬眠」と話題に上がった事件
     
    2006年10月7日に兵庫県神戸市の六甲山で男性がガケから落ちて骨折のため歩行不能となり、10月31日に仮死状態で発見されて救助される事件があった。

    当初は「焼き肉のたれで生き延びた」などと報道されていたが、実際は遭難から2日後の10月9日には意識を失い、発見されるまで23日間、食べ物だけでなく水すら飲んでいなかったことが分かった。

    発見時には体温が約22℃という極度の低体温症で、ほとんどの臓器が機能停止状態だったが、後遺症を残さずに回復した。

    「いわゆる冬眠に近い状態だったのではないか?」と医師が話している


    2012年2月17日、ロイター通信がスウェーデン北部の林道で、前年の12月19日から約2カ月間、食料なしで雪に埋もれた車の中にいたという男性(45)が通りかかった人に発見され、救出されたと伝えた。

    報道は男性が31度前後の低体温の冬眠状態になり、体力を消耗せず生存できたのではないかとの医師の見方を伝えている。 

    wikipedia
    以下、このニュースに対する2chの反応 【ついに宇宙飛行士の “人工冬眠” が実現か!? 火星への有人飛行のための技術として注目される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    44


    1: クロスヒールホールド(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 18:12:19.74 ID:K4Nmx/0p0.net BE:528692727-BRZ(11000) ポイント特典
    カナダの科学者、アイスバケット・チャレンジで氷水の代わりに液体窒素をかぶる
    http://it.slashdot.jp/story/14/09/08/0353225/

    https://www.youtube.com/watch?v=Oe6050S7odQ&feature=player_detailpage#t=58



    taraiok 曰く、
    筋萎縮性側索硬化症(ALS)の認知向上キャンペーン「アイスバケット・チャレンジ」が話題だ(過去記事)。

    これは、氷水をかぶる動画をYouTubeなどにアップし、次の「チャレンジャー」を指名するというものだが、 カナダの化学者Muhammad Qureshi氏が、氷水の代わりに液体窒素をかぶるというチャレンジに挑戦している(動画、Dice、slashdot)。

    液体窒素の温度は、氷水とは比べものにならないほど低い。

    そして、ターミネーター2終盤にもあるように、物体に液体窒素をかけると急速に凍結して脆くなる。

    さらに皮膚の上にかければ重い凍傷を引き起こす可能性がある。

    しかし、彼は無事だった。
    無事だった原因は「ライデンフロスト効果」にある。

    液体窒素の沸点は-196℃であるため、皮膚に張り付く前に液体窒素が気化し、皮膚と液体窒素の間に絶縁蒸気層ができたため、 液体窒素が直接肌に触れることはなかったのだという。

    このためQureshi氏は無事であったそうだ。

    【【動画】アイスバケット・チャレンジでカナダの科学者が液体窒素をかぶった結果wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ZOB93_kumonosunoamatubu500


    1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ■1・5倍切れにくいシルク クモ糸の遺伝子、カイコに組み込み 熱にも強く

    ・クモが糸を作る遺伝子をカイコに導入することで、天然シルクよりも1・5倍の切れにくさを持つ「クモ糸シルク」を作ることに成功したと、農業生物資源研究所が発表
     
    ・完成した生糸は鋼鉄の20倍とされるアメリカジョロウグモの糸と同程度の切れにくさを示した

    ・研究員によると「消防士が現場で着るインナーなどへの活用が考えられる」とのこと
     
    詳しくはソースで読んでね!
    http://sankei.jp.msn.com/science/news/140828/scn14082807440001-n1.htm 

    農業生物資源研究所によるプレスリリース
    http://www.nias.affrc.go.jp/press/2014/20140827/
    以下、このニュースに対する2chの反応 【クモ糸の遺伝子をカイコに導入した「クモ糸シルク」の作成に成功!通常のシルクの1.5倍の強度】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ELL75_yousyohondana20120620500


    1: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
    ■「本のない図書館」が新設の米大学に、電子書籍を利用

    記事によると
    ・米フロリダ州に新設された大学で書籍を1冊も所蔵しない電子図書館が設置された。

    ・学生はタブレットやノート型パソコンにより、13万5000冊以上の電子書籍にアクセスできる。

    ・館内ではプリンターによる印刷は推奨されず、通常の書籍は書店で購入するか、他の11の公立大学から取り寄せる。

    詳しくはソースで読んでね 
    http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0GQ08F20140826 
    ~以下2chの反応~ 【新設のアメリカの大学が「本のない図書館」を設置するwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/08/21(木) 21:50:25.44 ID:???.net
    世界中で1万種以上が確認されているアリのうち、いくつかの種類は、空気から二酸化炭素を取り出して、石灰を分泌する。

    その働きは、地球温暖化の歯止めにもなりうるようだ。

    アリたちは環境を変えている。そしておそらくその働きは、わたしたちの惑星の気候をも変えうる力を秘めている。

    これは、アリゾナ州立大学テンピ・キャンパスのロナルド・ドーンによる驚くべき発見だ(もっとも、特にその規模については検証が必要だ)。

    (中略)

    約25年前、ドーンは玄武岩の砂の風化作用について研究を始めた。研究のなかで、彼はアリゾナ州とテキサス州の さまざまな場所にこの砂を少しずつ散布した。

    そして、約5年周期でこれらのポイントを訪れ、化学物質や虫や 風雨にさらされることで、斜長石や橄欖石といった鉱物(玄武岩の構成成分だ)の風化にどのような影響が起きるかを観察した。

    ドーンは、アリの存在が、妨害要素がない場合に比べて300倍も鉱物の風化を速めることに気付いた。それだけではない。

    鉱物の風化にともなって、アリは自分たちの巣に炭酸カルシウム(石灰)を分泌していた。

    このプロセスにおいて、 二酸化炭素が空気中から取り出され、物質的に閉じ込められていた。

    つまり事実上、空気中からこの温室化ガスが「減る」ということだ。

    もっとも、この変化が起こるメカニズム(例えばどのようにカルシウムが砂から石灰へと移されるか)はまったく明らかではない。

    ドーンが「Live Science」に説明しているとおりだ。

    アリの二酸化炭素の接収量がどれくらいになるかもまだわからない。しかし、一定の量を満たす可能性は十分にある。

    自然学者エドワード・オズボーン・ウィルソンの推計による地球上のアリの総生物量(バイオマス)は人類と等しい。

    少なくとも8種類のアリが炭酸カルシウムを分泌することを考えると、彼らが集める二酸化炭素の量は、 アリたちが地球を征服することで、大変なものになるかもしれない。

    http://sankei.jp.msn.com/wired/news/140821/wir14082116110002-n1.htm

    【アリが地球を救う!? 温暖化の原因となるCO2を減らす働きを確認 】の続きを読む

    このページのトップヘ