1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
宇宙から見たベルリン分断の名残- NHK

記事によると
・ カナダ人の宇宙飛行士クリス・ハドフィールドさんは、去年4月、およそ320キロ上空の国際宇宙ステーションから、ベルリンの夜の街の様子を撮影

・写真では西ベルリンに当たる地区の街灯が白く見えるのに対して、当時の東ベルリンに当たる地区は黄色く見えるのがよく分かる。

・色が違って見えるのは、西ベルリンに当たる地区では、今でもガス灯が多く使われている一方で、東ベルリンに当たる地区では、主にナトリウム灯が使用されているため。

・当時、周囲を壁に囲まれた西ベルリンでは、東側に依存していた電力の供給が止められた場合に備えて、ガス灯が多く設置されたのに対し、東ベルリンでは、電力の供給に不安がなかったため、ナトリウム灯が設置された。

・ドイツ連邦統計局によると、去年の失業率は旧西ドイツの地域が6%なのに対し、旧東ドイツの地域では10%余りと大幅に高く、平均の給与所得でも東が西よりも25%程度下回っており、東西の分断が今の地域の格差につながっている。

詳細はソースで読んでね!
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141110/k10013080981000.html

1002: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp

1003: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします  ID:tabisoku.blog.jp
西ベルリン
 第二次世界大戦終戦後1949年から1990年まで、アメリカ・イギリス・フランスが占領したベルリン西部の地域。

周囲をドイツ民主共和国(旧東ドイツ)の領土(ソ連が占領し、後に東ドイツの首都となった東ベルリンも含む)に囲まれていた。

このことから、西側自由主義陣営からは「赤い海(共産主義諸国)に浮かぶ自由の島」と評された。
wikipedia 

~以下、このニュースに対する2chでの反応~ 【宇宙から見たベルリン分断の名残がはっきり分かる画像がこちら】の続きを読む